MAVICホイール試乗レポート~

2021年1月6日

こんにちは! すずきJunです。

 

 

MAVICのホイールは2021年モデルより大幅なバージョンアップを行いました!

 

 

 

 

 

 

 

2021年モデルのホイール発表直後のブログでは、メカニックの裕介がインプレをアップしています

 

こちら ↓ ↓ ↓

 

http://www.nalsimafrend.jp/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/2704/

 

 

僕の方では先日ブログでご紹介したLOOK 795 BRADE RS 2021モデルの試乗車に

MAVIC COSMIC SLR 45 DISC をインストールしてバイクとホイールのダブルテストを行ってきましたよ。

 

試乗レポートはこちら ↓ ↓ ↓

 

軽くなった! LOOK 795 BRADE RS DISC 2021モデル 試乗してきました

 

 

=====

 

 

本来であれば僕自身がいつも使っているバイクのホイールのみを入替えてテストするのが一番性能差がわかりやすいのですが、僕はまだDISCのバイクを持っていないので今回はテストバイクでのライドとなりました。

 

 

 

 

今までのMAVICのカーボンホイールのイメージというと、剛性が全体的に高く踏み出しはスカッと抜けるような感じではないが、スピードがのってくるとそのスピードを維持するのが楽な感じのホイールでした。

 

 

今回乗ってまずおっ!と思ったのは踏み出しの軽さというかシャキッとしたところが加わったところ。

 

このシャキッと感に加えてID360のラチェットがすぐに噛んで力がダイレクトにホイールに伝わる感じも含め、すごく反応の良いホイールに変身しました。

 

 

 

 

ホイールの剛性は高いままなので、硬いといえば硬いんですけど、MAVICが苦手としていた踏めば分かる進みの良さがうまく出せているのでより幅広い層の方に使っていただけそうです。

 

 

ほんと795 BRADE RSとCOSMIC CARBON SLR45 の組み合わせは良かったですわ。

 

 

=====

 

 

で、後日リムの方も試してきました。

 

 

こちらリムバージョンに関しても本当はトップモデルのSLR40に乗りたかったんですが、試乗ホイールがまだ用意できていなかったので、セカンドグレードのCOSMIC CARBON SL40で試乗してきました。

 

 

 

 

バイクはLOOK 795ライトで走ってきました。元々使っているホイールはBORA ULTRAのナロータイプ(チューブラー)の一世代前の軽いエアロなレースホイールなので、この部分はしっかり考慮しました。

 

 

 

 

こちらSL40はMAVIC UST チューブレスの性能と相まってとても乗り心地の良いホイールに仕上がっていました。

 

 

踏み出しの抜けるような軽さはないものの、地面に吸い付くような安定感のある走りとスピードが乗った後のスピード維持が楽なので、ロングライドなどにも良さそうです。

 

 

全体的な剛性も程よく抑えられており、スピードの上げ下げがある走りより、一定ペースでの走行に向いているホイールと感じました。

 

 

=====

 

 

今年はカーボンホイールで15万円近辺のものの選択肢が増えていて、この価格帯はアルミのハイエンドでシャキッとした走りをだすか、セカンドグレードカーボンのスピードののりが良い走りをだすか悩ましいところですね。

 

 

その辺りは使う方の脚力、乗り方等によっても変わってくるので、ぜひ店頭でご相談下さい。

 

 

お客さんにあったホイールを見つけるお手伝いをさせていただきます!