2016年6月10日

Sram E-tap 動かせるよ~


話題のSram E-TAP組みあがりましたよ!

取り急ぎのパーツ達ですが動かせますよ!

IMG_0292.JPG

このジャイアントが目印!

ハブスタンドに固定しておくので触ってみたい方は声をかけてください!

IMG_0296.JPG

レバーの大きさも良いですし、指3本ブラケットに入りますので安定感めちゃあります!
慣れれば小指でも楽々変速出来ますよ!
リーチアジャストもMAXにすれば手の小さい方や、女性の方も下ハン持ってても楽々手届きます!
これはMAXに近づけてあります!

20秒あればペアリングも終わりめちゃ簡単取付!

追加スイッチのブリップはまだ到着していないのでもう少しお待ちを・・・

IMG_0295.JPG

動き自体は電動ですので3社ともほぼ同じ動きをしますね!
でもE-tapは他の2社と違いFメカのリンクを大きくとっていますので剛性感は上ですかね?
オートトリム機能も付いていますし、専用ドングルで今後色々いじれると思います。

電動式非対応フレームでも難なく取付出来て、見た目もスッキリするのがイイですね!

操作も最初は違和感ありますが、慣れればFメカと同時にRメカも動かせますよ!
押し間違いもしないので直感的操作が可能ですね!

試乗は出来ないですがハブスタンド上で是非触って下さい!!!


こみね

2016年2月 5日

立川店:手首で心拍測定!?

DSC06080.JPG

スマートウォッチにある手首での心拍測定機能が、スポーツタイプでも
採用され始めました。そんな最近発売された2つが店頭にあります。
(2/7現在、ガーミンは欠品中で、次回は3月の予定です)
スポーツタイプの特長は日常的にお手軽に心拍を記録できる点です。
比較すると...
              スマートウォッチ   スポーツタイプ
ライフログの記録管理       〇          ◎
スマホと連携しお知らせ表示 ◎          △
心拍計機能            △          〇

ざっとこんな違いかと思います、心拍機能としては色々と話を聞くと高い値
での測定が上手くできていない物もスマートウォッチではあるようです。


ガーミンの特徴はANT+なので同社のサイコンで心拍計として使えるます。
POLARは今後でM450等に対応予定で、比較的バッテリーや表示も大きく
カラーで見やすいです。またA360は私が実際に使用しておりますので店頭で
聞いてください。

日常的にスポーツを楽しみ体力管理もしたい、心拍計を巻く手間を感じる方
には最適です。

あらき

2014年9月13日

立川店自腹インプレ!BONT VAYPOR

DSC04078.JPG

DSC04080.JPG
ジャーン!!BONT VAYPORの新色ライムグリーン!!
DSC04082.JPG
ありとあらゆるシューズを買って試したことがある若生君。
シューズの微妙な使用感の違いなど是非ご相談ください!

岩島

2012年12月 3日

スタッフバイクコレクチオーネ ~シーズンを終えたレーシングバイク~

今回ご紹介するのは、立川店スタッフ兼レーシングチーム選手の二戸と2012Jプロツアーを走りぬいたTIME NXR INSTINCT。
1211251.JPG

フレーム:TIME NXR INSTINCT XXS
メインコンポ:SHIMANO ULTEGRA 6700
ホイール:SHIMANO WH-7900 C35 TU
タイヤ:HUTCHINSON CARBON COMP
ハンドル:3T ROTUNDO PRO
ステム:DIXNA
サドル:PROLOGO SCRATCH PRO
ペダル:SPEEDPLAY ZERO STAINLESS
ギア比:53×39 12-25

こだわりポイント
引きがとても軽く、制動力も抜群のMAVICブレーキキャリーパー。
男は丸ハン!

比較的しなやかなのに反発があり、レスポンスの良い走行感、それがTIMEの魅力だと思います。「いつかは乗ってみたい」と思っていたTIME、中でもINSTINCTはTIMEらしさを最も感じやすいフレームです。

振動吸収材が高い特殊素材ベクトランを織り込んだカーボンフレーム、剛性感高くしっかりとしたフロントフォーク、乗りやすく軽い走行感、レースからロングライドまで幅広く対応できるバイクです。

2013年度は絶版となってしまったINSTINCTですが、その走りはnxへと受け継がれています。(nxは剛性がUPしているので、TIMEらしさという意味ではFLUIDITYのほうが感じられるのではないでしょうか。)

もはや店頭在庫のみとなってしまったNXR INSTINCT、XSサイズのみですが在庫ございます。
TIMEらしさを象徴する希少フレーム、ご興味のある方はぜひご相談ください。

二戸

2012年9月 9日

ismのサドル

先日のTTチャンピオンシップでシングルフィニッシュ(8位)した超合金!
376590_405407652845658_1049838957_n.jpg
レースの様子はコチラ→http://www.cyclowired.jp/?q=node/90916

その超合金がタイムトライアルの為にセレクトしたのはismのサドル。
1209091.JPG

超合金(岩島)の一言
「このサドル、マエノリストには最適です!」

本来この特徴的なサドルは、サドルに座る時におきる疲れや身体への負担を軽減するために設計されています。
サドル前方の空いている部分に座ることで会陰部の圧迫を逃がします。

この設計が、タイムトライアルやドロップハンドルを握るような深い前傾ポジションをとる場合に有効です。
もちろん、通常のロードポジションでも常に前傾姿勢を維持している事に変わりはありません。
ismのサドルはロード用からTT/トライアスロンモデル、GEL入りタイプなど、ラインナップも豊富です。自分の乗り方に合ったモデルをお選びいただけます。

1209092.JPG

左:ロングライドや、トライアスロンに最適なADAMO Prologue
右:細くて長いロードレーサーモデルADAMO Podium

1209093.JPG

超合金が愛用するTTモデルADAMO Time Trial

二戸

2012年8月27日

スタッフバイクコレクチオーネ ~超合金的TTバイク~

なるしまフレンドレーシングチームのエース、超合金(岩島)のTTバイクが遂にヴェールを脱いだ!
1208271.JPG

BMCレーシングもタイムトライアルで使用しているタイムマシーンTM01

戦闘機のような攻撃的なフォルム、
空力を追求した一体型ブレーキと専用ステム、
数あるTTバイクの中でも、ひときわ異彩を放つスペシャルマシーンです。

1208273.JPG
そして超合金のコダワリ、最大限の前傾ポジションを可能にするismサドル。

なるしまフレンドは、このようなスペシャルバイクも作成いたします。
お気軽にご相談ください。


1週間後、9/2(日)に渡良瀬遊水地で開催されるJBCFタイムトライアルチャンピオンシップ、国内最強のTTスペシャリストは誰だ!
超合金の走りにも乞う御期待!

1208272.JPG

54Tギアを踏み倒せ!

【使用機材】
フレーム BMC TM01
メインコンポ SRAM
ホイール MAVIC COSMIC CARBON80 超合金スペシャル
サドル ism ADAMO Time Trial
ハンドル DEDA KRONOS DUE
ペダル PD-6700 Carbon

二戸

2011年2月27日

自腹インプレ ~LAS SUPREMEヘルメット編~

すばらしいヘルメットを発見しました!

あまりに素晴らしいので、さっそく購入させていただきました。

CIMGsup0553.JPG

それはコチラ。

はい!LASのVictory Supremeです。

さいきんのお気に入りです。


CIMGsup0554.JPG

実は、わたくしはヘルメット好きでして、他にも4種類ほどヘルメットを持っているのです。

モストロ...

ジェネシス...

ターディス...

というかんじで思い向くままに。


CIMGsup0557.JPG

こちらのヘルメットは見た目の高級感とカッコよさもさることながら

このパッドがスグレもので、汗で蒸れにくく、フィット感も極上です。

カラーはホワイトのほかにアンスラサイトとレッドで3色あり、サイズはSmall(53 - 59 )とLarge(57 - 62)の2サイズがございます。

従来モデルのVictoryからさらに強度を増して安全性を高めています。
ヘルメットとしての基本性能も申し分ありません。


CIMGsup0560.JPG

さらに、こんなキャリーケースが付いてきます。

ヘルメットを収納してお出かけルンルン。

ヘルメット好きで、革好きなワタクシにはたまらないケースです。

合皮ですが。


吉田

2011年2月22日

自腹インプレ ~BBB テックストップカーボンリム用シュー編~

BBB テックストップカーボンリム用シューを試しました。

前モデルから明らかに素材が変わって、イヤなかんじになっていたらどうしようかと心配していたのですが、まったくの杞憂に終わりました。

前モデルからお使いの方は違和感なくお使いいただけると思います。

CIMGbbb0499.JPG

ブレーキの効き味としては、レバーを握りこむほどに良く効いてくれる使いやすいシューだと思います。

独特な形状のせいか、キー!というようなイヤな音も鳴りにくくて、難しいセッティングも不要です。

進化したところを感じたのはブレーキをかけたときの制動音が少し静かになっているような...。


CIMGbbb0532.JPG


価格は圧倒的にお手頃ですので、適度に交換してベストコンディションを保っていただくのがオススメです。

CIMGbbb0533.JPG

さて、BBBのブレーキシューを試したくなったミヤケくん。

このカーボンシューを試したいがために人生初のカーボンホイールに飛び込もうとしているようです。

それは順番が逆?

ミヤケセレクトのカーボンリムをおたのしみに。


吉田

2011年1月28日

WH-7900 C35ホイールに試乗しました

代理店さんのご厚意で、シマノの新作WH-7900 C35ホイールに試乗する機会を得ました。

立川店ではシマノな店員小西、池田、岩島がインプレッション。

各々が通勤や休日に数日間装着して走行しました。

感想を聞いてみましょう。

CIMGc350335.JPG


CIMGc350354.JPG


CIMGc350356.JPG


ふだんはLightWeightで通勤の店長小西「簡単に言うと気に入った!リムの精度がすごく良いです。ブレーキをかけたときにそれを実感できます。回転性能も高く、脚を止めても止まりません。今までのシマノホイールの印象が変わりました!優れたバランス性能でカーボンチューブラーホイールの入門として、非常にオススメのモデルです。」

キシリウムみたいなアルミのカッチリホイールが大好きな池田「トランクションに感動しましたね。どんな漕ぎ方をしても路面を捉えます。タイヤも上質なものがついていた影響もあると思いますが跳ねない走行感はやみつきです。カーボンホイールもいいかも。」

2010年ツールド沖縄市民210km優勝の超合金岩島「緩斜面でかかりが良く、私のようなトルク系ライダーにも向いていると感じました。ハブの回転もよく、脚を止めても惰性で転がっていく感じが気持いいです。リムハイドのおかげか、特に中速域での走りが好印象でした。」

吉田

2011年1月18日

なるしまファッションチェック

やってきました「なるしまファッションチェック」。

なるしまフレンド立川店のスタッフの通勤ウェアーを抜き打ちチェック。
自転車大好き、ウェアー大好きなスタッフですから、その着こなし術はみなさまの参考にしていただけるかもしれません。

本日はミヤケ。
自転車歴3年のまだまだ経験は浅いところですが、そこは若さでカバー。
若さを生かした比較的薄着のコーディネートで出勤してくれました。

この日の最高気温は10℃、最低気温は0℃でしたが、ほとんど無風で日差しの下ではぽかぽかする一日でした。


CIMGfa0303.JPG

着こなしのテーマは〝いままででいちばん暖かな冬〟。

ん?どういうことでしょうか?

『といいますのも、ワタクシの自転車経験のなかで、この冬が一番ウェアーが充実しておりまして、冬用のアンダーやアソスのアウター、冬用のブーツなどとても暖かな冬を過ごさせていただいているというわけなのです』


CIMGfa0304.JPG

ミヤケくんの足元はSIDIの冬用ブーツのハイドロゴアを着用。

『もう手放せないと申しましょうか。靴ですので足放せないというほうがよろしいのでしょうか、とにかくお気に入りのシューズでございます』

そんなミヤケくんお気に入りのハイドロゴアは立川店にて絶賛発売中のオススメシューズ。
残りサイズは39、40、41、44のみとなりました。


CIMGfa0305.JPG

上着はアソスのハブジャケットで暖かでスマート。
首元にはミリタリーなストールが。
彼なりのオリジナルを楽しんでいるようです。

『ハブジャケットは冬ものにありがちなゴワゴワ感がありませんので、すごく快適なアウターです。ストールはアフガニスタンの方も使用されている非常に大きく、首だけではなく体にもかぶせて防風効果を狙っています』


CIMGfa0306.JPG

グローブはDefeetのウールグローブを着用。
薄手のグローブですが、これくらいの気温であれば平気なのだとか。

『ウールのグローブは見た目よりも保温性がよろしく、水分の発散が良くて蒸れることがありません。この冬にたいへん重宝しております。』


吉田

2011年1月10日

なるしまファッションチェック 

やってきました「なるしまファッションチェック」。

なるしまフレンド立川店のスタッフの通勤ウェアーを抜き打ちチェック。
自転車大好き、ウェアー大好きなスタッフですから、その着こなし術はみなさまの参考にしていただけるかもしれません。

本日も店長小西。
自転車歴21年の経験に裏打ちされた着こなしは必見です。

この日の最高気温は9℃、最低気温は0℃で日差しはあったものの、北風が強く寒い一日でした。

CIMGDE0274.JPG

テーマは〝アソスのカタログおじさん〟。

ジャケットはアソスのエアジャケットにタイツはアソスのエアブロックタイツを着用。

このコンビですでに5シーズンは着用しています。
エアジャケットは防風素材のなかでもしなやかで着心地が良く、程よく通気性があるので蒸れることがありません。
店長小西いわく、「やはり、いいものはイイ!」とのこと。


CIMGDE0275.JPG

ポイントは冬ものアンダーの下に夏ものアンダーを重ねているところ。

こうすることによって、汗が乾きやすく、空気の層ができて温かく感じられるのです。
超合金岩島も雑誌で紹介していたテクニックですね!


CIMGDE0276.JPG

グローブは多少ゴワついても厚手のものが小西の好み。

厚手のグローブはレバー操作を邪魔してしまうことがありますが、寒さで手がかじかんでしまうと操作どころではありません。安全のためにも温かいグローブがオススメです。
INTROのグローブもあたたかくてオススメですよ。


CIMGDE0277.JPG

シューズカバーはアソスを愛用。

一番のお気に入り。
ウィンドストッパーなのによく伸びて、シューズのカタチによく馴染みます。
おかげでダボつき感がなく、美しいシルエットになって気持ちがイイのです。


CIMGDE0278.JPG

シューズの下の靴下にはやはりアソスのウィンターソックス。

とにかくあたたかい!
厚手のソックスですが、そのせいでシューズがキツく感じてしまうということはありません。

東京も真冬の気候になってきました。
あたたかなウェアーとアクセサリーで楽しく安全に走りましょう。


吉田

2010年12月19日

なるしまファッションチェック

はじめました「なるしまファッションチェック」。

なるしまフレンド立川店のスタッフの通勤ウェアーを抜き打ちチェック。
自転車大好き、ウェアー大好きなスタッフですから、その着こなし術はみなさまの参考にしていただけるかもしれません。

トップバッターは店長小西。
自転車歴21年の経験に裏打ちされた着こなしは必見です。

この日の最高気温は11℃、最低気温は4℃でした。

CIMGfc0209.JPG

テーマは〝ちょいくずし〟。

ん?。どういうことでしょうか?

ジャージはASSOSの新作ハブジャケットに下半身はレーサーパンツとレッグウォーマーというセレクト。
メインをすべてASSOSにしているのですが、小物類は違うブランドのものを選んでいます。
その点が〝ちょいくずし〟ということなんだとか。

やはり新作のハブジャケットが気になりますが、いかがなのでしょうか?

ハブ最高!
薄くて外に出ると、ちょっと寒いかな~と思うけれど走りだすとあたたか。
よくある冬ものウェアーは厚みがありゴワゴワしていて空気抵抗を感じるのですが、ハブジャケットは薄くてフィット感が高いのでエアロ効果まで体感できてしまうほどのスピードウェアー。
最高です。

CIMGfc0210.JPG

DRYネックウォーマー。

とにかくあったかくて最高。
高価ですが、2層式で凝った造りをしています。


CIMGfc0211.JPG

アンダーは、CRAFTでキマリ。

高級アンダーの入り口的存在にしてド定番のCRAFT。
肌触りがよくてあたたかいのでオススメです。
この冬ものアンダーの下に夏もののアンダーも着用。
空気の層ができてさらにあたたかいのです。


CIMGfc0212.JPG

足元はDfeetのソックスシューズカバー。

もう真冬ですが、厚手のソックスを履けばこのソックスカバーでも平気という店長。
超合金は真夏のレースでも使用するこのソックスシューズカバー。
シューズのフィット感を高めます。
網目が細かく、他社製の類似品よりも丈夫にできています。

Defeetの厚手ウールソックスもオススメですよ。


吉田

2010年12月11日

池田超オススメ!ゴールドウィンのボトルケージ

ウェアーの試着を欠かさぬ男、イケチャンが今回惚れこんだのはボトルーケージ。

なんでも、抜き差ししやすいんだとか。
それでいて、保持力も抜群。
軽いうえに値段も手ごろ。

カタログ外の限定商品というのがもったいないくらい...。

CIMGgw0203.JPG


CIMGgw0204.JPG

使いやすくって、嬉しくなっちゃう!
そんなボトルケージ!!

限定商品ですので、お早めにお求めください。


吉田

2010年10月29日

自腹でチャレンジした男のインプレ

ロードレーサー歴20年以上のベテラン小西店長はクレメンの馴染。

だから、クレメンの歴史を受け継ぐチャレンジタイヤの誕生にとても喜んだはず。

そしたら、買ってましたよ。
クリテリウム。
買って試してましたよ。
自腹インプレ。

さっそく店長をつぶやきを聞いてみましょう。

CIMGcri9955.JPG


CIMGcri9956.JPG

「なんていうのかな~
今のね~
今の何だろう、最近の乗ってるタイヤに比べると違う。
なつかしいかんじ。
けっこう自分のなかでは気に入っちゃってて。
同じタイヤを繰り返し使わないタイプの自分がまた使いたくなった!

乗り心地が良くて、且つ、転がり抵抗が少ない。
といっても、しっかりグリップもしているし。

次は、あのころ買えなかったセタに挑戦しようかな。」

というわけでお気に入りのようです。

吉田

2010年8月21日

ミヤケの愛した自転車

今までたくさん走ってきました。
晴れの日はもちろん。
雨の日も風の日も変わることなく。
そんな自転車人生のなかで。
試したパーツは数知れず。
そのなかで決めた、決まったを繰り返して。
出来あがった定番というのが必ず存在します。
そんな定番の中から今回ご紹介させていただきますのは。

ミヤケの愛した〝3T ROTUNDO PRO〟


CIMGmiyake3.JPG


CIMGmiyake2.JPG


CIMGmiyake1.JPG


CIMGmiyake.JPG

3T ROTUNDO PROは生まれ変わった新生3Tが放つトラディショナルな形状の、いわゆる丸ハンドル。単に懐古主義的な形状ではなく、現代的なショートリーチで、ドロップ形状は浅すぎず深すぎずの絶妙な形状。
最近流行りの上側フラットには無いブラケットのハマり感は今となっては新鮮な握り心地。
オススメの逸品です。


~ミヤケインプレッション~
ブラケットとドロップの落差が少ないので持ち替えやすい。
ハンドル下部のどの位置を握っても、握りやすい。
やっぱり見た目がカッコいいのです。


吉田

2010年8月17日

超合金の愛した自転車

今までたくさん走ってきました。
晴れの日はもちろん。
雨の日も風の日も変わることなく。
そんな自転車人生のなかで。
試したパーツは数知れず。
そのなかで決めた、決まった。
お決まりというのが必ず存在します。
そんなお決まりの中から今回ご紹介させていただきますのは。


超合金の愛した〝CONTINENTAL COMPETITION 22

CIMG9707.JPG


CIMG9797.JPG


CIMG9709.JPG

CONTINENTALCOMPETITIONはドイツの熟練職人の手により製造されている高級チューブラータイヤ。
ブチルチューブによる空気抜けが少ない堅牢な乗り味とセンター出しの必要を感じないほどの精度の良さが特徴です。


~超合金インプレッション~

路面に吸い付くようなグリップ感はコーナリングはもちろんのこと、加速時のかかりの良さにも活かされます。すでに2年間、レース専用タイヤとして愛用中です。太さと耐久性のバランスから22cのサイズを使っています。

吉田

2010年6月11日

超合金も電気ビリビリ

シマノの7970Di2。
登場してしばらく経ちましたが、最近またジワジワと導入されている方が目立ちます。
なるしまフレンドのエース〝超合金〟岩島もその一人。


CIMGビリビリ.JPG

ついに装着。
あ~。
うれしそうだね~。

小指でも変速できてしまう軽いレバータッチは確実にメリット。
変速ショックも感じない実にスムースな変速です。

CIMG9554.JPG

立川店の中心から電動が最高と叫ぶ。
電気ビリビリー!

つづく


吉田

2010年6月 4日

自腹インプレ ~SW7970編~

シマノの電動メカ7970Di2用のサテライト変速スイッチ〝SW7970〟が入荷しました。

レバー以外の場所で変速ができるというこの便利スイッチ。
この拡張性もシマノの電動メカ7970Di2のメリットのひとつです。

電動マンである店長小西が自腹インプレを敢行するべく愛車に取り付けをしました。


CIMG9523.JPG取り付けて、はや一か月。
ロングランも経過し。
ハンドル、ステムまでも変化した店長。


CIMG9525.JPGのサムネール画像ハンドルのアップバー部分を持っても変速ができます。
このスイッチのタッチがいいかんじらしく...。


CIMGsuitti.JPGブラケットを持っていても...。


CIMG9525.JPGこちらに持ち替えて変速したくなるそうです。
ってホントかよ!?

と思いましたが。
確かに、ブラケットの変速部分を人差し指や中指で横方向に押すよりも、このサテライトスイッチを親指で押す感覚のほうが自然というか、押しやすいのです。


CIMG0215.JPG固定にはタイラップを使用するのですが、ジャマなアタマのでっぱりをスッキリ収納。
細かい気配り。
さすが日本の製品です。


まさに自転車版〝神の手〟!!

このサテライトスイッチでゴ~ル。

電動で組まれた方には必須パーツです。
超オススメ!!


CIMG電動.JPG

指をくわえて見ているだけでいいのか!?
超合金!!?

つづく


吉田

2010年5月11日

自腹インプレ ~SW7970編~

シマノの電動メカ7970Di2用のサテライト変速スイッチ〝SW7970〟が入荷しました。

レバー以外の場所で変速ができるというこの便利スイッチ。
この拡張性もシマノの電動メカ7970Di2のメリットのひとつです。

電動マンである店長小西が自腹インプレを敢行するべく愛車に取り付けをしています。

機能がひろがる。
夢がひろがる。
僕らは自転車に乗ってどこまでも。


CIMG0172.JPG


CIMG0171.JPG


さて、この便利スイッチ。
実際のところどうなのでしょう?

つづく


吉田

2010年3月22日

カスタムジョーボーンたのしいな

先日、カスタムオーダーを開始したオークリーのジョーボーン。

立川店ではミヤケくんがオーダーしてくれました。

※オークリーのカスタムは原宿店でのみ承っております。

CIMG9882.JPG


CIMG9883.JPG

ミヤケくんジョーボーン仕様

■Frame color : Team Navy Blue
■Jaw : Polished White
■Thru Bolt : Pearl
■Lens 1 : Positive Red Irudium Polarrized
■Lens 2 : Clear
■Icons : Gold
■Ear Socks : White


ノドの調子を崩して声質が若干ハスキーになってしまったミヤケくん。
マスクを外すことができない一日でした。

それでも新しいサングラスが届いてウキウキのミヤケくんでした。

※オークリーのカスタムは原宿店でのみ承っております。

吉田