2019年6月27日

高性能オイルを使ってみませんか?

昨今、高性能おいオイルがたくさん出てますが、沢山ありすぎて選ぶのに困ってしまいますよね

立川店ではコストも含めて厳選したオイルを扱ってます

CIMG3071 (2).JPG

化研産業「ナスカルブ」
CIMG3075.JPG
超極圧性能を持ってるこのオイル。メーカーが言っている通り、抵抗の具合を試す道具では明らかに抵抗感が少ない。
さらに一度油膜が出来ると、パーツクリーナーで拭き取っても効果が持続!!(°д°)
難しく言うと
「金属の接触摩擦によって発生する電気イオンにより浸透性特殊分子層を形成し、すばらしい極圧性となめらかな潤滑性を与えます。」
とのことです

タクリーノ「MAHOU」
CIMG3080.JPG
こちらもエステル系の添加剤入りの高性能オイルです。オイルの粘性は中粘度でマメに差すのが面倒な方にはお勧め!
メーカーに人曰く「秘密の添加剤入りですよ」とのことで、魔法のようなに軽くなるそうです

スキート「ドライルブ」
CIMG3078.JPG
ワックス系のドライルブ。
海外の第三者機関がチェーンオイルの抵抗を図った結果2位!と好成績を収めた製品
コストは今回の紹介してるオイルの中で一番安い!
ワックス系のオイルでは一押しなので、廉価なワックス系オイルから一段上を感じてみませんか?

ヴェリティー「ブルーノ」
CIMG3077.JPG
広告などで良く見る「サスペンデッド系オイル」として知られてるサラサラオイル。色も速くなりそうなブルーで使ってみたくなります。
実際、同社の他のオイルと比べるととても浸透性が高いです。また、別容器に入れることで使いやすくなってます。


どのオイルも少しずつ個性が違うので、好みに合わせて使用できます。ご自身の使用スタイルに合わせて使ってみてください(^_^)

佐藤
CIMG7451.JPG

同じカテゴリーの最新記事