2019年3月25日

超軽量チューブで走りが変わる!!

年明け前に注文していた物が色々入荷し、テストライドを楽しんでいます。
こんにちは小西です。

その中でも注目の商品を紹介します!

tubolito!

IMG_20190322_231706.jpg

ヨーロッパ製の超軽量チューブです!

IMG_20190322_231547.jpg

バルブ長は42mmと60mmの二種類。42mmカタログ値39g、実測41g。
更にDiskブレーキ用は、リム部が熱くならない為23gと最強の軽さ!!

IMG_20190322_201243.jpg

交換前に入れてた軽量チューブ実測68g。2本で54g軽量化しました。
軽量でもパンクに弱ければ意味ありませんが、一般的なブチルチューブの2倍の貫通性能です。

実際の走行感はやはりホイール外周部が軽量化されたことで、踏み出し、巡行からの加速、
乗り心地すべて良くなりました!
空気も抜けにくい!
軽量チューブからの乗り換えでこれだけ良くなるんだったら、ノーマルチューブ(約100g)からの乗り換えは驚愕レベルで劇的に走り変わりますよ!!

※ワンポイントアドバイス
表面がツルツルなので、タイヤの中でチューブがニュルニュル動いている感覚があります。
リムテープを必要としないシャマル、キシリウム等のホイールで、バルブ口根元にリムテープを貼って口元保護するチューンが有りますが、リムテープの段差で擦れてパンクする可能性があるのでやめたほうが良いです。(ラテックスチューブもね)
リムバルブ口穴をヤスリで面取りしましょう。

Vittoria CORSA GRAPHENE2,0+tubolitoiko=最強!!

IMG_20190324_203904.jpg

先日入荷したばかりのGRAPHENE2.0を組み合わせてみました!
ビットリアも第2世代になり製品ごとの長所を伸ばすようなコンパウンド配合になったそうですが実際はどうでしょう?

むちゃくちゃ良いぞ!!感動レベルでした!

コルサ独自のトレッドパターンは走行時に「サー」と独特の走行音がしてしっかり路面を捕らえている安心感があります。
音がすると転がり抵抗が多いのではと疑いたくなりますが、走行抵抗が少ないのに安心感があります。
コーナーリング時は「サーからザーへ」音が変わりいかにもしっかりグリップしているなと安心してコーナーを攻めれます。
走行音てヤル気にさせますね!
走行音楽しめるタイヤってそんなに無いので、音聞いても楽しめますヨ!!


グラフェン2.0 耐パンク、転がり抵抗少ない、グリップ良い、ロングライフ
tubolito 今使用しているホイールの運動性能底上げ

最高の組み合わせですよ!!

コルサ グラフェン2.0についてはシクロワイヤード様より
https://www.cyclowired.jp/news/node/289524

IMG_1703.JPG

小西

同じカテゴリーの最新記事