2016年11月 2日

まだ完組ホイールそのまま使ってるの?


色々と完組ホイールが入荷してきましたよ!
17年モデルの生きの良い奴です!

まずは高性能ホイールの定番


DSCN0024.JPG

カンパ シャマル C17 2-wayが入荷!

ナローリムからワイドリムに進化して帰ってきました!
2mm拡張されたリムは25Cタイヤに最適化されていますよ!
逆に23mm幅のタイヤを使いたい場合使用不可なので
そういった人はナロータイプのリムのホイールを買うしかありません。
でも続々と廃盤になっているのでそういう方は早めに
旧型を買った方がいいでしょう・・・
でもお店にももう旧型は少ししかありません・・・

高性能ホイールの代名詞ですが
アルミスポーク採用なので流行りの空力は良くないです。
空力が良いのはやはりステンレススポークに限ります。
なので高速域は実はそんなに得意ではないです。
でも普通のホイールより転がるので
特に問題はないですね!
あくまで空力の話です。カンパのカタログにも空力の話は一切載ってないんですよね!
昔からずっと気になっていました!

キシリウムに比べると転がり良くて乗り易い、万能ホイールでしょうか?
個人的には好きなホイールです。

お次はMAVICから
個人的に店員を困らせるホイール

DSCN0030.JPG

キシリウムプロSL


DSCN0032.JPG

1本だけスポークが黄色いです。
お洒落さん、流石おフランス製。
見た目にも拘ります。


DSCN0026.JPG

こちらはキシリウムプロエグザリットSL!


DSCN0029.JPG

ギザギザも初期の頃みたいに進行方向なくなったんですよね。
ブレーキすると独特の音がして個人的にはカッコイイです・・・

今だとPEO処理された似たようなリムが出てきましたけど、やはりアルミリムはMAVICの方が1歩先を行っていると思います。
エグザリットも先駆け的な存在でしたね~


なんで困らせるかと言うと種類が有りすぎるのと名前が紛らわしい!
店員的には非常にめんどくさいのです・・・

覚えるしかないのか・・・ぐぬぬ・・・

カンパシャマルと比べてリム重量は軽いので出足の軽さや
登坂性能はキシリウムの方が上かなと思います。
ベアリングも17モデルだけかもしれませんが
この2ホイールは交換しなくても回転
良いかな~と思いました!色々中身変わってそう・・・

ここからが本題!(長い!)

これは箱から開けた状態の何もしてないホイールなのですが

DSCN0020.JPG

ピンボケしてますが・・・
見にくいけどセンターゲージに隙間があってセンターがずれてますね・・・

DSCN0021.JPG

これが正常!

これは別にMAVICだからズレてるとかいうわけではありません。
カンパだろうがシマノだろうが大体ズレてます。

酷い物だと2~3mm位ズレている物もありますね!
僕からしたら日常なので特段驚く事もないです。
非日常が日常みたいなもんです。

振れ取り、センター出し、スポークの捩れ、テンション・・・色々と見ないといけません・・・


DSCN0019.JPG
これにマル秘作業をして・・・

DSCN0018.JPG

ここにも・・・

振れ取りをして・・・

タイヤを付けてようやく店頭に飾れます!

結構手間なんですよね!でもこの一手間が後々効いてくる作業なんですよ!
特にマル秘工程は必須です!軽量チューブを使う人にとっては!
知ってる人からすればマル秘でも何でもないんですが・・・

一応こんな事もやってるよ!という紹介でした!

なのでどこで買っても同じ物が、やる人がやると全く違う物になる
って所にロマンがありますね!

箱からポン出しの物で真の性能が出てる物は意外と少ないって事!

本物を知らなければ偽物を使っていても
満足しますからね!

あなたの使っているホイール本当に本物ですか???

こみね


同じカテゴリーの最新記事