2011年2月27日

自腹インプレ ~LAS SUPREMEヘルメット編~

すばらしいヘルメットを発見しました!

あまりに素晴らしいので、さっそく購入させていただきました。

CIMGsup0553.JPG

それはコチラ。

はい!LASのVictory Supremeです。

さいきんのお気に入りです。


CIMGsup0554.JPG

実は、わたくしはヘルメット好きでして、他にも4種類ほどヘルメットを持っているのです。

モストロ...

ジェネシス...

ターディス...

というかんじで思い向くままに。


CIMGsup0557.JPG

こちらのヘルメットは見た目の高級感とカッコよさもさることながら

このパッドがスグレもので、汗で蒸れにくく、フィット感も極上です。

カラーはホワイトのほかにアンスラサイトとレッドで3色あり、サイズはSmall(53 - 59 )とLarge(57 - 62)の2サイズがございます。

従来モデルのVictoryからさらに強度を増して安全性を高めています。
ヘルメットとしての基本性能も申し分ありません。


CIMGsup0560.JPG

さらに、こんなキャリーケースが付いてきます。

ヘルメットを収納してお出かけルンルン。

ヘルメット好きで、革好きなワタクシにはたまらないケースです。

合皮ですが。


吉田

2011年2月25日

PENNAROLAはいかが?

本日は急に暖かかったですね。

みなさまはいかがお過ごしでしたでしょうか?

CIMGpen0544.JPG

暑い一日にクールな新入荷商品のご紹介です。

PENNAROLAACRUXでございます。

CIMGpen0542.JPG

CIMGpen0541.JPG

オートクレーブ製法で製作された珍しいイタリアンメイドのカーボンフレーム。

カーボン:ケブラー:チタンを7:2:1の割合で構成する<CKTテクノロジー>を採用し、構造も凝った造りになっています。

適度なしなり感はバネとして走りに活かされます。


CIMGpen0539.JPG


CIMGpen0534.JPG


CIMGpen0535.JPG

この渋いデザインも個性的。

ミヤケオススメの一本です。


吉田

2011年2月22日

自腹インプレ ~BBB テックストップカーボンリム用シュー編~

BBB テックストップカーボンリム用シューを試しました。

前モデルから明らかに素材が変わって、イヤなかんじになっていたらどうしようかと心配していたのですが、まったくの杞憂に終わりました。

前モデルからお使いの方は違和感なくお使いいただけると思います。

CIMGbbb0499.JPG

ブレーキの効き味としては、レバーを握りこむほどに良く効いてくれる使いやすいシューだと思います。

独特な形状のせいか、キー!というようなイヤな音も鳴りにくくて、難しいセッティングも不要です。

進化したところを感じたのはブレーキをかけたときの制動音が少し静かになっているような...。


CIMGbbb0532.JPG


価格は圧倒的にお手頃ですので、適度に交換してベストコンディションを保っていただくのがオススメです。

CIMGbbb0533.JPG

さて、BBBのブレーキシューを試したくなったミヤケくん。

このカーボンシューを試したいがために人生初のカーボンホイールに飛び込もうとしているようです。

それは順番が逆?

ミヤケセレクトのカーボンリムをおたのしみに。


吉田

2011年2月21日

カスタマーズバイク紹介

TIME RXRS ULTEAM Di2入荷しました!

といっても、コチラはお客様のご注文品。

受注可能になってすぐにオーダーをいただきましたので、とてもお待たせしてしまいました。

それにしてもスゴイフレームです。
あまりのすごさにミヤケくんがいれてくれたコーヒーも一気飲みです。

CIMGdi0480.JPG


2011年になり、電動コンポ専用のフレームを用意するメーカーも少なくないわけですが、やはりそこはTIME。他社とは違った仕様を用意してくれました。

あまりに感動してしまいましたので、コチラでご紹介させていただきたいと思います。

CIMGdi0462.JPG

RXRSでBBの規格がBB30になったわけですが、こちらの電動専用フレームはジャイアントなどと同じプレスフィットタイプの規格が採用されています。
見た目的に既存のBB30にプレスフィット規格のワンを入れ込んだような形状です。

シマノのDi2を使用する場合、クランクやとくにチェーンリングはシマノ純正であることで性能が保証されます。そのためBB30のままだと、シマノの純正クランクを使う場合に、シマノがアダプターを用意していないので、性能が保証されたパーツで組み付けが完了しないための配慮ではないかと考えられます。

CIMGdi0461.JPG

さらに、電動専用フレームには専用のバッテリーホルダーが設置されています。

TIMEのオリジナル小物で、しっかりとTIMEのロゴまで入っています。

この横向きのバッテリーホルダーは組み付けるとクランクのチェーンリングにすっぽりと隠れて、右から自転車を見たときにバッテリーが見えなくなります。
シルエット的にとてもスッキリするうえに、ボトルケージなどと位置を争うこともありません。

さらにメカニック的には、メンテナンススタンドに置いてもバッテリーがジャマにならないという点もありました。

CIMGdi0473.JPG

さらにさらに、Rメカ用のケーブルはチェーンステーに内蔵さえるのですが、良く見るとコレは普通のRXRSとは違う形状をしているような...。
電動専用のフレームのためにTIMEはわざわざ違う形状の専用パイプを用意してきたようです。

電動専用フレームといっても、ただ穴の位置やアウターストッパーの位置を変えただけのものが多いなか、TIMEのこの生真面目さはなんでしょうか?

ラグ構造のフレームだからこそできることなのかもしれません。

ここまでやるなら、Fメカのケーブルも内蔵にすればいいのにと思うのですが、生真面目なTIMEのことですから、何か理由があって敢えて致さなかったということなのでしょう。

CIMGdi0476.JPG

Rメカ用のケーブルはリアエンド部分の穴を通ります。

ペロリと。

CIMGdi0529.JPG

じゃじゃじゃ~ん。
完成です。
使用コンポはもちろんシマノの電動Di2
ホイールはボーラ2で隙のない仕上がりになりました。

今にも飛んでいきそうな戦闘機のオーラ。

最高の自転車にお客様もウキウキでした。


※掲載ご了解済み

吉田

2011年2月15日

FULCRUM RACING LIGHT Clincherが特価だ!!

雪やコンコン。
あられやコンコン。

立川店にも雪が積もりましたよ。

CIMGyuki0495.JPG

ところで、

FULCRUM RACING LIGHT Clincherの特価品が入荷してきました。

08モデルの特価です。

現行モデルとの違いを挙げると、

ベアリングがCULT仕様ではないノーマル、
ハブがカーボン・アルミのハイブリットではなくアルミ、
リアハブの右側のフランジが小さい、
ハブのカアーリングやリムのデカールの違い、

などなど、

変更点を挙げればそこそこ多くなってしまいましたが、リムはほとんど変更なしですので走行感に大差はないものと思われます。

CIMGyu0511.JPG

さて、気になるお値段は、2?8,000円。

当時の定価538,000円の半額以下のお値段をご提案。

すぐにCULTベアリングのKITを組み込んでも現行品のお値段よりもまだまだお買い得になります。


CIMGyu0514.JPG

ロープロファイルのカーボンリムは漕ぎ出しが軽く、横風の影響も受けにくく、変なクセなく乗りこなしやすいホイールです。

ニップルがリムの内側にはいっているので、見た目以上の空力の良さも特徴です。


CIMGyu0517.JPG

フルクラムが誇るカーボンクリンチャーリム。

非常に信頼性の高いリムです。

チューブラーよりも走行時の荷物が少なく済むのがクリンチャーの気安さですね。

CIMGyu0518.JPG

セール品はシマノ用になります。

シマノのブレーキシューホルダーに対応する専用のブレーキシューが付属します。

カンパ用を希望される方はご相談ください。

CIMGyu0519.JPG

生地が2重になっているちょこっと高級仕様のホイールバッグが付いてくるのも特徴です。


吉田

トーテムポールは新しくなる

トーテムポールみたいなブレーキシュー。

なるしまフレンド立川店で絶賛オススメ中だったBBBのブレーキシューです。

とくにカーボンリム用のブレーキシューは効きも程良く、音鳴りも少なく、ウェットコンディションでの効きも悪くないうえに、競合他社製品よりも絶対的に安いというオススメのブレーキシューでした。

しかし、ある日を境に店頭よりその姿を消してしまいして、どうしたことかと思っていたらモデルチェンジして新たに誕生。

そして、本日入荷しました。

CIMGbbb0499.JPG


CIMGbbb0505.JPG


色は変わり、素材も変わったように見受けられますが、独特のトーテムポール形状は相変わらず。

お値段も、アルミリム用が1,050円。
アルミ・カーボンリム兼用が1,470円ですのでお値打ちな価格設定も相変わらずです。

CIMGbbb0503.JPG

気を付けていただきたいのはカラーです。

アルミリム用はブルー

アルミ・カーボンリム用はブラックになります。

一見、間違えやすい仕様ですが、アルミ・カーボンリム用はブレーキシューの側面に〝CARBON RIM〟という文字が入っています。

以前まではコルク混じりの茶色が特徴だったのでした。
モデルチェンジ後の性能が気になります。

この点はさっそくインプレしますのでご期待ください。


CIMGbbb0504.JPG

アルミリム用のシューはハイパフォーマンス仕様です。

同社従来品よりも、30%制動力を向上させたモデルです。

単純にブレーキの制動力を上げたいという方はもちろん、握力が低くて、ブレーキが効かなくて怖いという方にオススメです。

CIMGbbb0509.JPG

コチラのブレーキシューはシマノ、カンパのどちらのタイプのシューホルダーにも合うというのも特徴です。

ここで新型のカンパニョーロ2011モデルのシューホルダーに合うか試してみました。

無加工で装着できてしまいましたが、シューホルダーのバネのおさまりが微妙ですので気にされる方はオススメしません。


※カーボンリムにはメーカーが指定するカーボンシューがあり、それ以外のカーボンシューを使用すると保証の対象外になってしまう場合がございます。

吉田

2011年2月13日

コンシェルジュミヤケにおまかせ

なるしまフレンド立川店。
東京都立川市にある自転車店。
そのなかに名物店員がひとり。

彼の名は。

コンシェルジュミヤケ。

自転車の総合案内人。

今日もお客様にオススメ商品のご案内を続けるのであった。

CIMGmi0443.JPG

ミヤケ「いらっしゃいませ。なるしまフレンド立川店へようこそ。」


CIMGmi0446.JPG

ミヤケ「花粉症対策はすでにお済みでしょうか?なるしまフレンド立川店ではサイクル用マスク類も陳列させていただいております。これからの季節にどうぞお役立てくださいませ。」


CIMGmi0489.JPG

ミヤケ「お客様!今、リマールの軽量ヘルメットが非常にお求め安くなっております。Pro104ULは180gの超軽量でさらに通気性もバツグン!カラーは4色ございます。定価は16,800円ですが、超特価で驚きのお値段になっております。その驚きをお客様と店頭で共有できたらと思います。この機会をお見逃しないようにお願いいたします。」


CIMGmi0447.JPG

ミヤケ「そういえばお客様。定番商品で人気のバッグブランドシーコンのサドルバッグが入荷しています。イタリアの老舗バッグブランドはワンタッチで取り外しができるタイプが人気です。」


CIMGmi0449.JPG

ミヤケ「とくにコチラのエランと申しますモデルは非常に小型で、搭載できる荷物はもちろん少なくなってしまうのですが、必要最低限の装備でじゅうぶん、自転車の美しいシルエットを損ないたくないというお客様にオススメでございます。」

CIMGmi0441.JPG

ミヤケ「お客様!フレームもお忘れなく。つい最近入荷しましたオススメのフレームがございまして、ぜひともご紹介のお時間を頂戴できないでしょうか?」

CIMGmi0442.JPG

ミヤケ「こちらの〝KOM〟はいかがでしょう?KING OF MOUNTAINの名のとおり上り坂を王者のごとくスイスイ走れるハイパフォーマンスフレームでございます。ヒルクライムレースなどに向けた使用にオススメさせていただいております。当店の在庫サイズはSサイズでございます。」


CIMGmi0452.JPG


ミヤケ「冬物ウェアーの20%オフセールを開催中でございます。また寒さがぶり返してきました。ウェアーのご用意に不足はございませんか?気が早いですが来季用に一着いかがでしょうか?」


CIMGmi0454.JPG


ミヤケ「ご来店ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。」


吉田

2011年2月 8日

自転車パーツに思いをはせる

VittoriaCXタイヤにスキンサイドが追加されました。

非常に濃い仕上がりでアメ色というよりはカラメル色なタイヤサイド。

クラシックな雰囲気満点ですが、最近のレーシングフレームにアクセントとしてお使いいただくのもオススメです。

320TPIのケーシングはしなやかで耐パンク性能も高く、レーシングタイヤとしてハイグレードな仕上がりです。


CIMGparis0433.JPG


ミヤケくんはタイヤに思いをはせます。

その思いは海を越えて遠く。

イタリア半島までまっすぐ。

CIMGparis0435.JPG

ああ、あれはいつだったか。

ソレントの港町。

ジロも通過した走ったあのコース。

丘を越えてアップダウンをこなす。

このタイヤだったらどう走っただろう?


Zefalのボトルケージの色が揃いました!

フレンチブランドのZefalから販売されたこのボトルケージはカラフルさのなかにもほのかに漂う質実剛健さ。

おしゃれで使いやすく、しかもお値段もお手頃というオススメボトルケージです。


CIMGparis0436.JPG

ミヤケくんはボトルケージに思いをはせます。

その思いは海を越えて。

フランスまでなら一直線。


CIMGparis0438.JPG

今思えばなつかしい。

通りのカフェに寄ったら彼女に会いに行こう。

カラフルなボトルケージを付けた自転車に乗って。

待ち合わせ場所はいつもの噴水の前。

ソフィー元気にしているかい?



吉田

2011年2月 7日

自転車のスタンド

ある日の昼下がり。

休憩中のベンチにひなたぼっこをする男が一人。

大好物のコークを飲み干してたら。

遠くを見つめてこうつぶやいた。

CIMGst0404.JPG

ミヤケ「そういえば、いいスタンドないな~」


CIMGst0405.JPG

吉田「なかなか無いよね~イイスタンド」

ミヤケ「かなかな無いですよね~ナイスなスタンド」


CIMGst0430.JPG

ミヤケ「もっとも一般的なクイックリリースをはさむタイプのハブスタンドはクイックリリースの形状で合わないものもあります!」

吉田「対策品も出てきたけれど、クイックリリースがおさまる部分の隙間が大きくなって、良かったはずの安定感が悪くなっているよね。相性さえ合えば安定感は抜群だし、ホイールも回せるいいスタンドなのだけど」


吉田「リアステーをひっかけるスタンドは、クイックリリースの形状を選ばないけれど、さいきんのパイプ形状が太かったり、曲がっていたりする自転車には合わないよね」

ミヤケ「フレームは大丈夫でも、ホイールのスポークにスタンドが当たってしまう場合があります。チェーンオイルを注したりする場合の作業性はいいのですが安定感には欠きますね」


CIMGst0406.JPG

吉田「なかなか無いよね~いいスタンド」

ミヤケ「無いですよね~ベストマッチングなスタンド」


CIMGst0408.JPG

吉田「あ、こんなところにスタンドが!」

三宅「バイクハンドですね」


CIMGst0411.JPG

ミヤケ「これはピッタリではないですかぁ!クイックを選ばないし、フレームにスタンドが触れてない!」

吉田「ホイールは回せないけれど、ホイールを回さない作業には使えるな~。バーテープ巻いたり、ブレーキシューの位置調整したり」


CIMGst0431.JPG

ミヤケ「実は立川店でも自転車展示用スタンドとして活躍しているのです。安定感も問題なしです」


CIMGst0428.JPG

吉田「バイクハンドは作業場でも大活躍!超合金もうれしそう!」


CIMGst0432.JPG

ミヤケ「バイクハンドはホワイト、シルバー、レッド、マットブラックの4色展開で絶賛発売中でございます」

吉田

カスタマーズバイク紹介

このたび納車のときを迎えましたのは〝COLNAGO C59〟

フレームに施された塗装のごとく稲妻のようなインパクトで入荷し。
店頭に展示されていたのもつかの間。
稲妻のように一瞬にして、お客様のもとへ旅立ちました。

パーツはCampagnolo Super Record 。
クランクもチタン仕様でまったく隙のない仕上がり。

CIMG590414.JPG

さて、納車前の最終チェック。

超合金の額に汗が光ります。

緊張の汗です。


CIMG590419.JPG

スーパーレコードのチタンシャフトクランクがうなりを上げて回転します。

猛烈な勢い。

変速性能もバツグンです。


CIMG590420.JPG

このたびはお客様のご厚意により、店員全員で試乗をさせていただきました。

COLNAGOが世に訴えた最新最高の表現を体感させていただいたわけです。


CIMG590421.JPG

「ロードインフォメーションが的確で、自分がいったいどういう状況で走っているのかがつかみ易く、人車一体感が高く硬い硬いと言われていますが、決して疲れてしまう、弾き飛ばされてしまうような硬さではないと感じました。」
と、選手時代はビチタン店長小西も唸る性能です。

「どっしりとした安定感があり、スピードがぐんぐん伸びるようなイメージ。パワーをかけたぶんだけ推進力になるような楽しさがありました。」
と、超合金岩島も最高評価をつけました。


CIMG590423.JPG

C59ウレシイな。

持っただけでもこの笑顔。

乗ったら、もう最高。

自転車好きなら最高の笑顔。


CIMG590425.JPG

「最高です。雑誌などに書いてあるように硬すぎることはありませんでした。しなやかなチューブレスタイヤとの組み合わせは間違いありませんでした」
と、お客様もご満悦でした。


※掲載ご了解済み

吉田

2011年2月 6日

超合金のガラスの鎧

ガラスの鎧はじめました!

それは自転車用のガラスコーティング。

たいせつな自転車に長く乗りたい。
美しい塗装をできるだけそのままに残したい。

という方にオススメのコーティングです。

現在の塗装の艶を出し、美しく進化させます。
塗装の劣化も防ぎ、汚れにくくフレームを守ってくれます。

それがガラスの鎧なのです。

CIMGga0360.JPG

鋭意施工中の超合金。

フレームをツヤツヤにするべく格闘しております。


CIMGga0391.JPG数時間の硬化時間を経て仕上がったフレームは...。


CIMGga0385.JPG実に深みのある輝き!

ツヤツヤの仕上がりです。


CIMGga0383.JPG

施工料金は¥5,250-です。

オーバーホールのついでに施工するもヨシ。
フレームの組み付け前に施工するもヨシ。
お気に入りのフレームを持ち込んで作業するもヨシ。

作業はパーツを外したフレームの状態のときのみとさせていただきます。
お預かり期間は1週間から2週間のお時間になります。

※艶消しマット塗装のフレームにガラスの鎧を施工しますと艶ありのグロスフレームになってしまいますのでご注意ください。


吉田

バイオボトル登場

自転車に乗る際に欠かせないアイテムであるボトル。

GOLDWINから土に還るバイオボトルが登場しました。

万が一、落としてしまい拾い忘れてしまったときにも環境に負荷をかけることなくボトルは土に還ります。

プロツアーチームも使用するTacx製ですので、使用感もグッド。

CIMGbi0401.JPG


CIMGbi0402.JPG

ミドリのクチが個性的。

ボトルのカラーはホワイトとブラックがあります。


吉田