2014年9月21日

【番外編】北海道支部合宿交流ライド(2014年9月)

なるしまフレンド北海道支部との交流ライドに行ってきました。今回は2日間のレポートの第二弾です。このライドに行ったのは6月後半。参加した2日間は晴ベースで湿気も少なくとても走りやすい気候でした。

本日のスタートは木古内から。津軽海峡沿岸を快走し、城岱高原牧場スカイラインをヒルクライム。大沼湖畔を巡って木古内まで戻ってくる約120kmのコースです。

201410-00.jpg

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"【番外編】北海道支部合宿交流ライド(2014年9月)" の続きを読む

2014年8月24日

【番外編】北海道支部合宿交流ライド(2014年8月)

なるしまフレンド北海道支部との交流ライドに行ってきました。梅雨のない北海道ですが、このライドに行った6月後半はしばらく天候不順が続いたようです。ちょうど参加した2日間は晴ベースで湿気も少なくとても走りやすい気候でした。今回は2日間のレポートの第一弾です。

201409_1.jpg

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"【番外編】北海道支部合宿交流ライド(2014年8月)" の続きを読む

2013年9月20日

軽井沢と妙義山の景色と横川の釜めしを楽しむ欲張りライド(2013年9月)

残暑も落ち着き始め、美味しい食べ物とサイクリングが楽しめる季節になりました。そこで今回は、軽井沢のランチとグランドキャニオンを思わせる絶景の妙義山を楽しみ、最後に横川の釜めしで締めくくる約70kmのグルメライドを紹介します。

201309-00.jpg

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"軽井沢と妙義山の景色と横川の釜めしを楽しむ欲張りライド(2013年9月)" の続きを読む

2013年6月20日

さらに湖を2つ追加!神奈川5湖と激坂の旅(2013年6月)

201306_00.jpg今回は前回紹介した神奈川の3つの湖を巡るコースにさらに2つの湖を追加して、神奈川5湖と激坂を巡る旅。JR高尾駅をスタート/ゴールにした約75kmのコースです。城山湖、宮ヶ瀬湖、津久井湖、奥相模湖、相模湖の順で回りますが、間にいくつか激坂を盛り込みました。少しややこしいコースなので地図持参がオススメです。距離こそ短いものの中身は濃いのでお楽しみを。

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"さらに湖を2つ追加!神奈川5湖と激坂の旅(2013年6月)" の続きを読む

2013年3月20日

宮ヶ瀬湖、津久井湖、相模湖 Anchor RIS9で巡る神奈川湖散歩(2013年3月)

今回は神奈川の3つの湖、宮ヶ瀬湖、津久井湖、相模湖を巡る散策に出かけます。途中ちょっとマニアックな道も通る、全長約80kmのミドルコースです。四季折々の景色を眺めながらのゆったりツーリングにいかがでしょうか?

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"宮ヶ瀬湖、津久井湖、相模湖 Anchor RIS9で巡る神奈川湖散歩(2013年3月)" の続きを読む

2012年11月20日

S-WORKS VENGEで走る本厚木発着 中級コース!(2012年11月)

201212-00.jpg本厚木にあるザ・スペシャライズド・ラウンジを拠点としたコースの紹介です。今回使用したS-WORKS VENGEは、そのエアロフォルムから平地巡航型のフレームだと思われています。では本格的な山岳ではないものの、きつい登りのある今回のようなコースでの走りはどうでしょうか。その実力を確かめます。

厚木というのはサイクリストにとってはなかなかいいスポットです。有名なヤビツ峠、宮ヶ瀬方面にも簡単にアプローチできるだけでなく、湘南方面も近いため、いったん海に出てから東は鎌倉、三浦半島方面へ、西は小田原、箱根方面へと、いろいろなルートが取れます。普段なるしまフレンドでは立川や神宮をスタートして、厚木を中継点とするのですが、今回はその中継点をスタート、ゴールとしたコースを組んでみました。

国道129号線で海まで出て、そこから大磯を経由して湘南平へ。湘南平で景色を楽しんだら大山を目指しつつ日向薬師を越え、宮の里方面を回って本厚木に戻るという中級者向け約65kmのコースです。

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"S-WORKS VENGEで走る本厚木発着 中級コース!(2012年11月)" の続きを読む

2012年10月20日

景色はまるで古代遺跡!? 三浦半島鷹取山サイクリング(2012年10月)

201211_1.jpg今回は輪行で磯子駅からスタートする休日のお気に入り散歩サイクリングコースを紹介します。目的地は、神奈川県横須賀市と逗子市の境にある石切場跡地の鷹取山。まるで古代遺跡のような眺めが見所です。

■ルートマップ

今回は輪行で磯子駅からスタートする休日のお気に入り散歩サイクリングコースを紹介します。目的地は、神奈川県横須賀市と逗子市の境にある石切場跡地の鷹取山。まるで古代遺跡のような眺めが見所です。

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"景色はまるで古代遺跡!? 三浦半島鷹取山サイクリング(2012年10月)" の続きを読む

2012年9月20日

人気スポットを自転車で! 東京Wタワー巡り&下町散策(2012年9月)

201210-00.jpgなるしまフレンド神宮店をスタートして、東京タワーを回って東京スカイツリーまで行くWタワー巡り兼下町散策ツーリングです。

なるしまフレンド神宮店→乃木神社→東京タワー→増上寺→日の出埠頭→月島もんじゃ通り→清澄庭園→芭蕉記念館→回向院→吉良邸跡→東京スカイツリーの順で回りましょう。

■ルートマップ

より大きな地図で見る

"人気スポットを自転車で! 東京Wタワー巡り&下町散策(2012年9月)" の続きを読む

2012年5月20日

初夏の荒川を走るご褒美満載のサイクリング(2012年5月)

201206_01.jpg今回は秋ヶ瀬公園をスタート/ゴールに荒川サイクリングロードを往復する約120kmの初心者向けツーリングコースです。目的地は深谷市の川本工業団地近くにある武村さぬきうどん。時間があれば隠れ家的イタリアンレストランのアドマーニのテラス席でカフェ、さらに榎本牧場でアイスクリームを楽しめる優雅なサイクリングです。都内から車でアクセスして秋ヶ瀬公園の無料駐車場を利用することができます。脚力に自信のある方は都内やもっと下流から自走して往復200kmオーバーのロングライドも可能なコースです。

■ルートマップ

より大きな地図で見る

"初夏の荒川を走るご褒美満載のサイクリング(2012年5月)" の続きを読む

2012年4月20日

南房総の春を満喫!(2012年4月)

201205_01.jpg今回は、都心からアクアラインを使って車で気軽にアクセスして、南房総の春を満喫できる初級者向けのサイクルングコースを紹介します。館山をスタートしたら、房総半島を反時計回りに鴨川まで海岸沿いを走り、鴨川からは穏やかな田園風景を抜けて館山に戻ってきます。ダイナミックな景色と新鮮な海の幸を味わえる初心者向けのグルメコースです。

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"南房総の春を満喫!(2012年4月) " の続きを読む

2012年3月20日

檜原村のさらに奥 標高約700mの数馬へ!(2012年3月)

今回も前回に引き続き檜原村へ向かいますが、標高はさらに上がります。檜原村役場先を左折して奥多摩周遊道路の入り口になる標高約700mの数馬で折り返す、立川から往復90kmの初級者向きのコースです。

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"檜原村のさらに奥 標高約700mの数馬へ!(2012年3月)" の続きを読む

2012年2月20日

冬場でも山の深さを体験できる 日当たりがよい初級者向けショートコース(2012年3月)

201203-01.jpg冬は日も短いのであまり遠くには行けませんが、今回は比較的日当たりがよくマイペースで山の深さを体験でき、明るいうちに帰ってこられる、初級者向きのショートコースを紹介します。なるしまフレンド立川店から多摩川サイクリングロード経由で武蔵五日市駅前、檜原村役場前を通り、奥多摩周遊道路につながる風張林道の入口となる藤倉で折り返します。

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"冬場でも山の深さを体験できる 日当たりがよい初級者向けショートコース(2012年3月)" の続きを読む

2011年11月20日

秩父の紅葉を楽しむゆったりサイクリング(2011年12月)

201112_01.jpg今回は、西武秩父駅をスタートする秩父湖方面のサイクリングコースを紹介します。スタートしたら140号線を西に向かい、ゴールは雁坂トンネル手前の休憩所「彩甲斐街道 出会いの丘」です。解りやすいため道に迷う心配も少なく、のんびりと紅葉が楽しめるコースになります。

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図でループ橋ルート / 秩父湖ルートを見る

"秩父の紅葉を楽しむゆったりサイクリング(2011年12月)" の続きを読む

2011年9月20日

幻の2016年東京オリンピックのコースを走る(2011年10月)

201110-01.jpgもしも2016年に東京でオリンピックが開催されていたら... 予定されていたロードレースのコースを世界トップクラスの選手がどう走るかを考えながら回ってみましょう。

計画は、皇居をスタートして甲州街道を約25km走ってから、連光寺坂を中心とした周回コースに入るというものでした。今回はこの約15kmの周回コース部分を走ります。稲城大橋を渡ったら鶴川街道から向陽台を越え、川崎街道を左折して連光寺坂を越えます。関戸橋から多摩川を渡り、多摩川通りを下流方面へ。郷土の森公園を抜けて府中街道に入って元の稲城大橋まで戻ります。

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"幻の2016年東京オリンピックのコースを走る(2011年10月)" の続きを読む

2011年8月20日

1964年東京オリンピックのコースを走る(2011年9月)

20110901.jpg1964年に行われた東京オリンピックでは、八王子に設定された周回コースで個人ロードレースが開催されました。今回は、メルクスをはじめ当時の世界一流の選手達が走ったこのコースを、当時を想像しながら走ってみましょう。

ちなみに東京オリンピックでは、イタリアのマリオ・ツァニンが優勝。出場選手の中には、プロ転向前のエディ・メルクスも出場していました。メルクスは当時19歳の若さでしたが、1位と同タイムの12位に入っています。日本からは、大宮政志、山尾裕、赤松敏郎、辻昌憲の4選手が出場しています。日本人選手の最上位は大宮政志で、こちらもトップと同タイムの36位でした。

なお、当時と違ってコースの大部分が幹線道路になり交通量も増加していますので、早朝など車通りが少ない時間帯に走ることをおすすめします。

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"1964年東京オリンピックのコースを走る(2011年9月)" の続きを読む

2011年2月20日

南房総で春を感じる! 房総半島縦断ツーリング(2011年3月)

201103_01.jpg房総半島でサイクリングというと"ひたすら海沿い"というイメージの方も多いのではないでしょうか。そこで今回はあえて房総の内陸部を紹介しつつ、南房総の"春"を皆さんにお届けします。

スタートはJR蘇我駅。うぐいすライン、安房グリーンライン使って房総半島の内陸を縦断し、房総フラワーラインで先端をグルッと廻り込んで館山駅にゴールする約160kmのコース。途中、さまざまな名所・旧跡、絶景ポイントにも立ち寄るほか、亀屋(小湊)の「鯛せんべい」や船よし(安房小湊)の「二階建て海鮮丼」など房総の美味も楽しんでしまいます。野島崎灯台、州ノ崎灯台と房総半島の先端を回って、館山の立ち寄り温泉「南房総城山温泉 里見の湯」へ。冷えた体を温めたら、最後はJR館山駅から輪行です。

■ルートマップ

より大きな地図で見る/ 高低図付きの地図で見る

"南房総で春を感じる! 房総半島縦断ツーリング(2011年3月)" の続きを読む

2011年1月20日

日本一ちいさな飯田牧場目指して境川サイクリング(2011年2月)

20110200.jpg牧場というと広大な牧草地とたくさんの牛や羊たちといったイメージですが、神奈川県藤沢市の飯田牧場は"日本一ちいさな牧場"とのこと。Webサイトを見てみると確かに小さいのですが、名物のジェラート「飯田牧場アイス」はとても美味しそう。

20110201.jpg今回は、この飯田牧場アイスを目的に走るサイクリングコースの紹介です。スタートは多摩川にかかる丸子橋。目的地の飯田牧場は境川沿いなので中原街道を使って境川を目指します。ゴールはそのまま境川沿いを相模湾まで下った江の島です。

■ルートマップ

より大きな地図で見る/ 高低図付きの地図で見る

"日本一ちいさな飯田牧場目指して境川サイクリング(2011年2月)" の続きを読む

2010年9月20日

北アルプスの眺望を満喫! 安曇野アートライン快適クルーズ!!(2010年10月)

P037.jpg「日本の屋根」と呼ばれ数々の名峰が連なる北アルプス。今回はその北アルプスの雄大な眺望を満喫しながら「安曇野アートライン」をベースに白馬山麓から信州安曇野まで走る、カップルにもおすすめの快適なクルージングコースを紹介します。コースがのんびりし過ぎていて物足りない方のために、折り返しではあるもののスパイス程度のプチクライムポイントも一応コースに織り交ぜています。なお、今回は白馬村にある宿をベースにしたコースレイアウトです。

コースの概略は、白馬駅をスタートして仁科三湖(青木湖・中綱湖・木崎湖)へ向かい最初のヒルクライムポイント扇沢へ向かいます。折り返したら安曇野アートラインを使って2つめのヒルクライムポイント観音峠へ。そこでも折り返して安曇野アートラインへ戻り、穂高温泉郷を経由してゴールの穂高駅となります。安曇野アートラインは全体的には緩やかな下り基調の快速・快適なクルージンングコースですが、アクセントとなる2つの折り返しポイントまでの登坂が程良い負荷になるはずです。

P070.jpgもちろん、信州といえば絶品の「そば」、素朴な「おやき」などの食の数々。そして忘れてはならない無数の名湯・秘湯の温泉。そんなポイントが今回紹介したコース上や周辺にはたくさんあります。リラックスした気分で、その時のノリで立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

■ルートマップ

大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"北アルプスの眺望を満喫! 安曇野アートライン快適クルーズ!!(2010年10月)" の続きを読む

2010年8月20日

真夏の箱根駅伝?新幹線を使って東京-箱根を日帰りで!(2010年9月)

201009_01.jpgお正月の風物詩といえば箱根駅伝。国道1号線を走る箱根駅伝ですが、今回は国道246号線で箱根を目指す夏の箱根駅伝オリジナルコースです。前回に引き続き輪行袋を持って走り、美味しい物を食べましょう。お腹がいっぱいになったら、復路は新幹線輪行で楽して帰ります!

■ルートマップ

大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"真夏の箱根駅伝?新幹線を使って東京-箱根を日帰りで!(2010年9月)" の続きを読む

2010年7月20日

ダウンヒルが最高! 甲斐大泉近辺の絶景を日帰りで楽しもう(2010年8月)

201008_06.jpg今回はまず中央本線で小淵沢まで行き、そこから高尾まで走る140kmの輪行ツーリングコース。急がず焦らず下り基調のコースをマイペースで走りましょう。甲斐大泉の高原大橋近くにある中村農場で親子丼を食べたら、清里ライン、20号を使って東京を目指します。

韮崎から20号に入り、笹子トンネルへ。甲府バイパスのオーバーパス部は下の側道を走りましょう。笹子トンネルではフロント&リヤライトをしっかり点灯! あとは上野原までは下り基調。おなじみの大垂水峠を越えればゴールの高尾です!

■ルートマップ

大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"ダウンヒルが最高! 甲斐大泉近辺の絶景を日帰りで楽しもう(2010年8月)" の続きを読む

2010年1月20日

新春!心も新たに 御嶽山初詣トレーニング(2010/02)

2010_02_01.jpg今回は、サイクリングとトレーニングを兼ねたコースの紹介です。スタートはなるしまフレンド立川店。多摩川サイクリングロードで羽村堰まで走り、奥多摩街道、吉野街道を使って御嶽山の山頂がゴールです。のんびりとした風景が楽しめますが、御嶽山ケーブルカーの滝本駅から頂上まではかなり急な登りです。登りきったらのんびりと風景を楽しみ、神社にも足を運んで、ランチをして帰る。充実した一日となりますよ。

■ルートマップ

大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"新春!心も新たに 御嶽山初詣トレーニング(2010/02)" の続きを読む

2009年12月19日

仲間と気軽に江ノ島へ ゴールは逗子の「ゆうき食堂」 ボリュームたっぷり海鮮ランチ!(2010/01)

ad201001_01.jpg今回は、誰でも気軽に走りに行ける、おいしいものを楽しむサイクリングがテーマ。強度はあまり求めず、仲間とサイクリングを楽しむのにもってこいのコースを紹介します。

八王子をスタートして江ノ島方面へ向かいます。海の近くに行くのだから、ランチはやっぱり海鮮もの。ボリュームたっぷりのランチを、ここまで来た自分へのご褒美にどうぞ!

八王子E-Dをスタートしてまずは相模川を目指します。昭和橋から相模川沿いを走り、厚木の先で小田原厚木道路へ。61号線で平塚に出てると目の前には相模湾。134号線で江ノ島を経由して、ゴールは逗子の「ゆうき食堂」。八王子からゴールまでは片道約60kmです。

■ルートマップ

大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"仲間と気軽に江ノ島へ ゴールは逗子の「ゆうき食堂」 ボリュームたっぷり海鮮ランチ!(2010/01)" の続きを読む

2009年11月20日

荒サイを使ってサイクリング! 目的地にはおいしいパンが待っている(2009/12)

IMGP1498.jpg今回は、都心から自転車に乗っておいしい食べ物を食べに行きます。往路はサイクリング気分で荒川サイクリングロードを使い、帰りは最短で戻ってくるルートです。物見山周辺は週回練習もできる埼玉の自転車メッカでもあります。また帰りには和菓子でカロリー補給も可能です。

コースは池袋をスタート/ゴールに、東京から埼玉までを反時計回りでぐるりと一周。まずは山手通りを使って荒川サイクリングロードを目指します。サイクリングロードに入ってしまえば、川越までほとんど止まることなくサイクリングを楽しめます。

川越の先でサイクリングロードを離れ、県道を使って物見山へ。目指すシロクマパンは、物見山を通り過ぎた先にあります。おいしいパンでエネルギーを補給したら今度は川越を目指します。菓子屋横丁、蔵造りの町並み、時の鐘周辺で和のスイーツを堪能。ゴールの池袋までは国道254号を使ってまっすぐ帰ってきます。

■ルートマップ

大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"荒サイを使ってサイクリング! 目的地にはおいしいパンが待っている(2009/12)" の続きを読む

2009年8月20日

夏を快適に楽しもう! 絶景! 本栖湖畔サイクリング(2009/09)

P7150365.jpg今回のコースは、自転車に乗りたいけれど街中は暑くて...という方におすすめ! 都内から車で2時間の本栖湖の駐車場をスタートして、本栖湖、富士ケ嶺を周回する快適サイクリングコースです。いつもより少し早起きして行くドライブ&サイクリング。輪行であれば河口湖駅をスタートにするのが良いでしょう。

ルートは、本栖湖畔駐車場→本栖湖周回→R300→R139→ひばりが丘信号→R71→富士ケ嶺→展望駐車場→本栖湖畔駐車場になります。

■ルートマップ

大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"夏を快適に楽しもう! 絶景! 本栖湖畔サイクリング(2009/09)" の続きを読む

2009年6月20日

水の都"東京"を走る サイクリングロードをやさしくクルージング(2009/07)

ad20090701.jpg今回は東京を流れる河川を結んだ平坦コース。サイクリングロードを多用することで、信号のないスムースなクルージングが楽しめます。お昼過ぎになるとサイクリングロードも人が多くなるので、早朝に家を出て午前中に走りきってしまうのがオススメです。

■ルートマップ

大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"水の都"東京"を走る サイクリングロードをやさしくクルージング(2009/07)" の続きを読む

2009年1月20日

初心者から上級者まで! サイクリングロードなら車を気にせずLSD!!(2009/02)

200902_01.jpg今回はロードレーサー初心者、女性が車を気にせず走れるサイクリングロードを使ったルートを紹介します。サイクリングロードは信号がないので、上級者もLSD(ロングスローディスタンス)に最適です。今回のルートは、江戸川、利根川、利根運河沿いを走るサイクリングロードを繋ぎます。おいしいランチが食べられるお店にも寄りましょう。

今回は、江戸川上葛飾橋をスタートして、上流向かって左岸を進みますが、江戸川沿いであればアプローチしやすい所からスタートすればOKです。江戸川沿いに商店などがあまりないため、ドリンクと補給食を用意してスタートしましょう。

■ルートマップ

大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"初心者から上級者まで! サイクリングロードなら車を気にせずLSD!!(2009/02)" の続きを読む

2008年10月20日

スムーズケーブル&万能ルブで準備万端 冬がくる前に山を上ろう!(2008/11)

200811_02.jpgそろそろ紅葉の季節、寒くなる前にもう一度山に行ってみたいが遠すぎるのは...という方にオススメのコースです。距離は短いですがカテゴリー超級をこえた坂もあります。話のネタに一度は行ってみるといいかも。あまりの斜度に後ろに転べますよ。その代わり登りきった子の権現頂上からの眺めはサイコーです。

JR青梅線 青梅駅からスタートして戻ってくる約55km。駅付近にはコインパークもあるので車や輪行でもいいでしょう。青梅駅をスタートしたら小僧木街道を使って飯能方面へ向かい、そこから子の権現、天目指峠を越えます。帰りは成木海道を使って東青梅駅でゴールです。

■ルートマップ

大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"スムーズケーブル&万能ルブで準備万端 冬がくる前に山を上ろう!(2008/11)" の続きを読む

2008年8月20日

コンフォートな軽量サドルで 走りも軽く納涼ツーリング(2008/09)

200809_11.jpg今月は暑い時期をいかに楽しく乗り切ることをテーマにした納涼サイクリングです。行き先は奥多摩の日原鍾乳洞。今回のルートは、青梅駅をスタートして吉野街道を一路奥多摩方面へ。古里駅で青梅街道と合流し、奥多摩駅の先から日原街道へ入り日原鍾乳洞に向かいます。

なお鍾乳洞内ではレーサーシューズ厳禁です! とても滑りやすいだけでなくクリートで洞内を傷つける事にもなります。必ずグリップの良いサンダルを持参して履き替えましょう。また洞内は大変寒いので防寒着も忘れずに。鍾乳洞から出ると気温差にびっくりしますよ。

■ルートマップ

大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

"コンフォートな軽量サドルで 走りも軽く納涼ツーリング(2008/09)" の続きを読む