2013年3月20日

宮ヶ瀬湖、津久井湖、相模湖 Anchor RIS9で巡る神奈川湖散歩(2013年3月)

今回は神奈川の3つの湖、宮ヶ瀬湖、津久井湖、相模湖を巡る散策に出かけます。途中ちょっとマニアックな道も通る、全長約80kmのミドルコースです。四季折々の景色を眺めながらのゆったりツーリングにいかがでしょうか?

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

出発は京王線の南大沢駅。自走なら多摩川サイクリングロード、尾根幹線を使えばアクセスしやすく、輪行でも京王線を使って新宿から40分弱です。

南大沢駅から最初に目指すのは宮ヶ瀬湖です。南大沢駅の側を通る多摩ニュータウン通りから、町田街道、国道16号を経由して国道413号で郊外に向かいます。16号から413号へのアクセスは少し分かりづらいので、事前に地図を確認しておきましょう。また413号までは市街地ですので、安全走行に気をつけてください。

201303-01.jpgしばらく国道413号を走り、久保沢信号の二股を左方向へ。突き当たったT字路を右に下っていくと第一関門(?)となる小倉橋の登場です。この先の県道510号はアップダウンが続きますが、徐々に走りやすい郊外道路になっていきます。しばらくアップダウンをこなして串川橋T字路を右折。緩い勾配を登りながら関の信号分岐を左方向へ。ここから宮ヶ瀬湖まで緩い登り基調が続きます。

201303-02.jpg道なりに上りきったT字路を左に曲がるとすぐにお休み処「ふれあいの館」があります。コースはここを右に曲がって虹の大橋へ向かいます。橋を通過した先にも食事処や御土産屋が立ち並ぶビジターセンターがあり、どちらからでも宮ヶ瀬湖の素晴らしい眺望が楽しめます。

宮ヶ瀬湖は、ダム建設によってできた人造湖で、湖底には山間の集落が沈んでいます。今から15年以上前の私が20歳くらいの頃までは、いまでは湖底となっている山道を練習コースにしていました。山間の道が通行止めになり、長い時間をかけて水位が上がっていくのを眺めていたことを思い出します。

宮ヶ瀬湖からは有名なヤビツ峠へ向かえますが、今回はこの入口を通過して湖を横断するやまびこ大橋を渡ります。渡りきったT字路を左折すると一旦下り基調になります。トンネルが多いので気を付けて。テールランプの点灯も忘れずに。下りきると半原小学校交差点があるので、ここ左折して国道412号に入ります。

201303-03.jpg201303-04.jpg少し勾配のある登りを超えたあたりに「丹沢あんぱん」の看板があります。ここのあんぱんは一つひとつ手で包んで焼き上げるのだそうです。ぜひお試しを。今回は補給食としてレースでもお世話になっているハニースティンガーを用意したのでスキップしました。

ここからさらに412号を進むと、先程通過した串川橋T字路まで戻ってきます。次に向かうのは津久井湖。T字路を越えて長竹三叉路信号を右折。ここから湖までは約4kmです。アップダウンのある裏道を通るので、ここも地図を要チェック。裏道を抜けて国道413号に出るとそこはもう津久井湖です。

201303-06.jpg201303-05.jpg太井交差点を曲がって三井大橋を渡ります。少し走ると県道515号に入るのですが、細くて分かりづらいので見落とさないように。少し登って津久井湖の素晴らしい眺望が見えたら間違っています。眺望を楽しんでから戻りましょう。個人的にはこの県道515号が今回一番楽しいコースです。木が鬱蒼と茂る細い山道をうねうね登って下ります。ただし対向車には十分に気を付けて。

201303-07.jpg515号を進み、尾崎咢堂記念館の前を右折すると国道412号に出ます。ここから最後に向かう相模湖までは約5km。しばらく登り基調で相模湖ピクニックランドを通過。そこから下りきればもう相模湖です。相模湖はカヌーやボート、釣りのメッカです。どれも趣味性の高い競技なのでなんとなく共感を覚えます。休日になると道幅に比べて交通量が多くなるので、気を付けて走行してください。

201303-08.jpgこの相模湖で湖巡りは終わりですが、帰路に待ち受けているのは西東京の玄関口とも言える大垂水峠。約4.5km先の峠を越えれば、あとは高尾山をかすめて市街地へ抜けることができます。マイペースで頑張りましょう。高尾駅前を通過したら町田街道を左折。その先は北野街道を使って道なりに野猿峠を越えるとスタート地点の南大沢駅へ戻ってきます。

■今回のオススメ機材
今回はShimano DuraAce(9000)で組んだAnchor RIS9。オススメ機材もJプロツアーチームにも供給されるAnchor RIS9です。レーシングバイクというとしっかりしていて機敏なイメージですが、このRIS9は非常にマイルドで乗りやすい素直なフレームです。しかしマイルドといってもやはりレーシングバイク。適度な剛性バランスで、踏めば踏んだだけ、回せば回しただけ推進力に変わる乗り味はとても気持ち良いものです。私のフレームサイズは460ですが、実測970g。パーツ次第では6.8kgを軽く切ってしまいますね。

立川店 二戸

同じツーリングタイプの記事一覧