2012年8月20日

なるしまフレンドの裏メニュー!?誰でも楽しめるお散歩遠足ラン(2012年8月)

201209-10.jpgなるしまフレンドのクラブランには、トレーニングばかりでなく緩い走りの"裏メニュー"があります。見どころ豊富と言うか、野次馬的になんでも見て回るお散歩遠足ランです。ペダルとシューズはSPDタイプの歩きやすいものを選び、フロントバックか大きめのサドルバックを装備すればベストでしょう。息抜きポタリングコースをお試しください。

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

201209-02.jpg201209-01.jpg多摩川サイクリングロードの終点は羽村堰だと思っている人も多いのですが、本当の終点は阿蘇神社です。最初の目的地はここ。羽村堰から玉川上水を渡り奥多摩街道に出てすぐ根元を左折。最後は未舗装の参道になるサイクリングロードを進みます。春はチューリップ畑がとっても綺麗な処です。やがて未舗装の参道になりますが乗ったまま終点の阿蘇神社に行きます。この神社は都内で一番古いといわれる天然記念物シイの木があります。

201209-03.jpgトイレと水分補給をしたら奥多摩街道に出て小作下信号が見えたら左折。次は満地峠を超えて大悲願寺へ向かいます。ここの峠のトンネルは遊歩道になった旧道を通ってください。つい最近まで使っていたトンネルを小奇麗にリホームしてとっても涼しいです。

201209-04.jpg道なりに直進してあきる野市の油平信号左折し五日市街道に入ります。山田の信号が出て来ましたら左折して伊達政宗ゆかりの大悲願寺へ向かいます。鷹狩りに来た正宗はこの寺の萩の美しさが忘れられず、仙台に帰ってから所望したといいます。彫り物や建造物も風情があり時間がたつのも忘れます。五日市駅から南の方角の高台にある高徳寺も、秋の紅葉は見逃ません。こちらも時間があったら覗いてください。

201209-06.jpg201209-05.jpg武蔵五日市駅前を右折して、お次は米国大統領を招いたと云う中曽根元総理の「日の出山荘」です。蚊が沢山お出迎えしてくれるので早々に退散して梅が谷峠に向かいましょう。梅ケ谷峠を越えると吉川英二記念館があります。純和式の庭園がおしゃれです。青梅マラソンの発祥の元祖「義賊裏宿七兵衛」の旧居跡を観ながら青梅の街中に入ります。赤塚不二夫会館にも寄ってみましょう。意外なところでは小泉八雲の『怪談』で有名な雪女縁の地として、調布橋の袂に最近モニュメントができました。

201209-07.jpg次は青梅で一番趣があり、青梅七不思議の1つでもある天寧寺へ。青梅線踏切を渡ってすぐ左折し青梅カントリーの入り口すぐ横です。お腹がすいてきたら、知る人ぞ知る隠れレストラン家庭料理のカフェルビコンへ。一般家庭の玄間を入って食堂で食事をします。ボリュームあるランチでコーヒー付き1000円はお得です。日曜は定休日なのでご注意を。

201209-09.jpg次がラストの塩船観音です。春はつつじ、梅雨時はアジサイが楽しめるのでゆっくり寛いでください。夏の涼しさを堪能したら、多摩サイを使って立川店まで戻ります。約60~70kmのちょっとした息抜きのポタリングコースです。ぜひ試しください。

同じツーリングタイプの記事一覧