2012年7月20日

4つの峠をクリアする!登り中心の中級コース(2012年7月)

201208-01.jpg距離は60kmと短いながらも秩父の4つの峠を越えるコースを紹介します。峠メインの中級者向けコースですが、距離が短めなのでそろそろ登りのあるコースにチャレンジしたいと考えている人にもおすすめです。

スタートはJR青梅駅。青梅駅を出発したら最初の小沢峠へ。5〜9%の勾配が続く峠を越えたら、交差点を左折して次は山伏峠へ。距離は約5kmで勾配は4〜10%。後半の勾配がきついので、軽いギアで登りはじめましょう。峠を越えて少し進んだら正丸峠の入口で右折。距離は約2km、勾配も緩いのでラクに登れます。下りきって299号線を左折して正丸駅へ向かい、駅から1kmほどの395号線を右折して天目指峠へ。山伏峠に似ていますが天目指峠の方が若干勾配が急です。峠を越えて53号線を左折。あとは来た道をJR青梅駅まで戻ります。

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

出発地点はJR中央線の青梅駅出発です。出発前に簡単な補給食をおなかに入れておくといいでしょう。また、怪我予防、体の代謝UPの効果がありますので、軽いストレッチとして脹脛を伸ばしておくといいと思います。

201208-02.jpgさて、青梅駅を出発したら小曽木街道方面へ走り、黒沢二丁目の交差点を右へ曲がり成木街道方面へ。すぐに5〜7%の吹上トンネルがあります。トンネルを抜けて下ると道が2つに分かれているので左へ曲がり193号線方面へ。3kmほど進んだところを右へ入る道があるので、そこを右へ曲がります。吹上トンネルからこのT字路までは3〜7%くらいの軽い登りが続きます。右へ曲がるとトンネルがありそこを抜けるとまたT字路があるので今度は左へ。その先が5〜9%くらいの勾配が続く小沢峠です。下りは傾斜のキツくS字カーブがいくつかあるので、ブレーキロックしないように前後ブレーキをバランスよく使いスピードコントロールしながら安全に下ってください。

201208-03.jpg小沢峠を下って交差点を53号線左へ曲がるとしばらく平坦な道が続きます。名栗の街中を抜けて3km少々走ったところから山伏峠への登りが始まります。今回の峠の中では距離がもっとも長く約5km。勾配は4〜10%くらいです。この峠の特徴は前半の峠はダラダラな勾配で、後半になってくると勾配がきつくなることでづ。S字コーナー部分の勾配がきつくなっているため、コーナーを抜けるまで踏み続けないと失速してしまいす。こういった峠では、自分の脚にあった軽めのギアで登るのが頂上まで楽しみながら登れるコツです。

201208-04.jpg山伏峠からの下りの途中には、右方向に正丸峠の入口があるので右へ曲がります。正丸峠頂上までは山伏峠方面から登ると2kmくらいしかなく、勾配も緩いので比較的ラクに登れるでしょう。その後はしばらく下りとなり、下りきったところの299号線を左へ曲がると正丸駅があります。駅から1kmくらい走った所にある395号線を南川方面へ右折します。

曲がると神社がいくつかありますが、そのなかの1つである八坂神社あたりから天目指峠の登りが始まりです。3〜4kmほどの登りです。勾配としては山伏峠に似ていますが、天目指峠の方が若干勾配が急な気がします。山伏峠同様S字コーナー部分の勾配が多少きついのが特徴です。天目指峠を下ると53号線にぶつかります。この道を左へ曲がると来たとき通った道に出ますので、後は来た道を帰るとゴールのJR青梅駅に到着です。

■今回のおすすめ機材
今回はSram Redで組んだCervelo R3を使いました。ホイールはShimanoのWH-7900 C24 CLです。

■Honey Stinger GEL
201208-05.jpg自転車乗りには欠かせない補給食。飲みやすくておいしいと話題のHoney Stinger GELです。味は、ゴールド、ストロベリー、ジンセン、チョコレート、バナナの5種類! 保存料や合成香料など使用せず天然のはちみつを100%使用なため体にも優しい! サプリメント自体が37gと軽いのに120kcalと高カロリーです。ブドウ糖などの糖は体内で分解されてから吸収されるのに対して、Honey Stingerは単糖類を採用しているため胃や腸に負担をかけることなく即効性が高いのが特長です。とくにおすすめのフレーバーは覚醒効果があるカフェインが入っているストロベリーとジンセンです。試したことのない人はぜひ一度お試しください!!

神宮店 井上

同じツーリングタイプの記事一覧