2011年9月20日

幻の2016年東京オリンピックのコースを走る(2011年10月)

201110-01.jpgもしも2016年に東京でオリンピックが開催されていたら... 予定されていたロードレースのコースを世界トップクラスの選手がどう走るかを考えながら回ってみましょう。

計画は、皇居をスタートして甲州街道を約25km走ってから、連光寺坂を中心とした周回コースに入るというものでした。今回はこの約15kmの周回コース部分を走ります。稲城大橋を渡ったら鶴川街道から向陽台を越え、川崎街道を左折して連光寺坂を越えます。関戸橋から多摩川を渡り、多摩川通りを下流方面へ。郷土の森公園を抜けて府中街道に入って元の稲城大橋まで戻ります。

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

201110-02.jpgコースそのもののスタートは皇居です。甲州街道を八王子方面に走るルートですので、半蔵門から麹町、四谷を抜けて甲州街道に入ることになったでしょう。スタートから25km弱走り、中央自動車道調布ICの先にある車返団地北交差点を左折して白糸台通りを南下。甲州街道を外れて周回コースへ向かいます。

201110-03-2.jpg多摩川に突き当たったら稲城大橋を渡り周回コースに入ります。車道は車も多く高速の合流もあり危険なので、稲城大橋入口交差点で歩道に上がります。トンネルを抜けるレースではキレイに舗装されている車道を走るので、集団のスピードがかなり上がるしょう。

201110-04.jpg稲城大橋を渡り、南武線、川崎街道を越え、稲城大橋下新田交差点で右折して鶴川街道へ入ります。ガードレールがあり歩道に逃げられないので、車に十分注意してください。Y字路の稲城市役所西交差点を右折して、向陽台に向かいます。

201110-05.jpg竪谷戸大橋交差点を右折して少し登ったら城山公園交差点を右折。川崎街道まで下り南多摩駅の手前から川崎街道に入ります。ここは最初の丘になるので、集団からは様子見のアタックがかかるではないでしょうか。

201110-06-2.jpgここから連光寺まで2kmほどの登りです。コース一番の登りですが勾配は緩く、そのぶんスピードも上がるでしょう。アタックもかかり、世界トップクラスの選手たちであれば、40km/h以上のスピードで駆け上がっていくはずです。連光寺坂上交差点がKOMです。そのまま直進して下りますが、見通しの良い下りなので集団は80km/h以上のスピードになるでしょう。

201110-07.jpg201110-08.jpg新大栗橋交差点で鎌倉街道にぶつかったら右折。関戸橋で多摩川を渡ります。車のスピードが速いので歩道に上がり、徐行で抜けましょう。多摩川を渡ったら関戸橋北交差点を2段階右折で多摩川通りへ。道幅の割りに交通量が多いので気を付けてください。

201110-09.jpgそのまま道沿いにしばらく直進し、郷土の森に向かいます。左直角コーナーを抜けたら、郷土の森入口交差点を右折、その後すぐに総合体育館前交差点を左折。さらに郷土の森公園入口交差点を左折します。ここから是政までは曲がりくねった見通しの利かないコースになるので、集団は細く伸びアタックもかかるでしょう。

201110-10-1.jpg201110-10-2.jpg300mほど走って矢崎町三丁目交差点を右折。南武線の下をくぐって中央自動車道にぶつかったらまた右折。是政交番を左折したら、そのまま道沿いに進みます。ここから約2kmほどは直線なのでスピードも乗りやすいはずです。小柳立体交差をくぐるとすぐに稲城大橋入り口交差点に戻ってきます。

これで1周約15kmです。連光寺坂を越える周回コースとはいえ、世界のトップ選手たちにとっては比較的平坦基調なので、スプリンターに有利な展開になったのではないでしょうか。

■今回のおすすめ機材
201110-11.jpg今回はシマノのDuraAce 7900で組んだSCOTTのAddictを使いました。

■OWLEYE/ヘッドライト ハイブリッド3W
足元も照らせるほど超強力な照射で暗い道も安心。ソーラー充電とUSB充電を備えているので、昼間走るとしばらくUSB充電せずに使えます。防水性もそれなりに高く、耐久性もあります。

201110-12.jpg

■TIME/ICLIC CARBON
クリートが左右の振りのほかに横方向に平行移動するのが特長で、膝に痛みが出やすい方にもおすすめ。小さい力でクリートをはめられるので女性にもおすすめです。

立川店 岩島

同じツーリングタイプの記事一覧