2011年6月21日

4つの峠を制覇! 小田原の峠めぐりPart2(2011年7月)

201107-00.JPG今回も新宿から電車で約90分の小田原駅を基点とする峠めぐりツーリングコースの第二弾です。足柄峠、三国峠、籠坂峠、長尾峠の4つの峠を越える、前回よりも少しレベルが高めのコースになっています。メインとなるのは国道246号線側からアプローチする明神峠と三国峠越え。関東屈指の激坂峠を、貴方は足を着かずに越えられるでしょうか。

■ルートマップ

より大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

前回同様小田原駅西口がスタートです。駅前広々で輪行で来ても気兼ねなく作業ができます。西口エスカレーターの降り口には大型コインロッカーがあるので、輪行荷物はここに預けましょう。駅前ロータリーを出たら右方向へ、小田急線、東海道線をくぐり、その先の竹の花交差点を左折、まずは足柄峠の入口にあたる大雄山駅に向かいます。

201107-01.JPG国道255号線を道なりに走り、飯泉入口交差点を左折。そのまま伊豆箱根鉄道大雄山線と平行して国道74号線を北上します。7km程北上すれば大雄山駅に到着です。国道74号線は道幅が若干狭いので、追い越し車両に気をつけて譲り合いの誠心で走りましょう。飯沢交差点を右折し、すぐに竜福寺交差点を左折。ここからいよいよ今回最初の足柄峠に向けて上り始めます。

201107-02.JPG頂上までは約11km。最初は比較的緩やかな勾配を直線的に上っていきます。中盤の地蔵堂までは前回下ってきた道を上っていきますが、その先は勾配10%を越える区間もありますので、ペースを考えて走りましょう。頂上が近くなってきたら後ろを振り返ってみてください、湘南や西湘地区を一望できる絶景スポットです。さらに頂上では、「まさかりかついだ金太郎さん」の看板が出迎えてくれます。

201107-05.JPG頂上からは小山町まで一気に下ります。急な峠道ですのでコーナーと対向車に気をつけましょう。晴れていれば途中で富士山を堪能できます。下り始めて程なく分岐があります。ここは右の小山町方向へ向かいます。左に行きますと足柄駅のほうに下りてしまい少し遠回りになりますので気をつけて。

下りきって東名高速をくぐったら、その先のT字路を右へ。1km程先の踏切を越えて川を渡ると国道394号線の小山町役場前交差点があります。ここを右折するとすぐに小さな橋があるので渡った先を左折。川沿いを上ってゆく国道147号線に入ります。

橋の少し先にはコンビニがありますので、上る前に補給しておくのも良いでしょう。さて、ここからが今回のメイン三国峠への上りです。1km上ると信号のない大きめの交差点がありますので御殿場方面へ左折します。

201107-04.JPGさらに国道147号線を進むこと4.5km。右に入る細道が三国峠の入口です。少し分かりづらいですが、三国峠の小さな看板と山中湖の標識があります。入り口から頂上までは約7km、平均勾配10%以上。さらに途中4km地点の明神峠までは平均勾配12%です。心して上りましょう。メーターが正しければ、20%以上の斜度も数箇所あります。かなりきついですが上りきったときの達成感はひとしお。そして頂上の先には絶景が待っています。

201107-06.JPG三国峠頂上から山中湖までは約4km。下りパートは3km程であっという間です。山中湖畔はとても走りやすく気持ちの良い道路です。湖畔に出て右折するとすぐにコンビニがありますし、湖畔にはほうとう屋やレストランが多いのでここらで休憩を... 次は湖畔を走って国道138号線の籠坂峠へ向かいます。右回りでも左回りでも構いません。

籠坂峠から御殿場までは国道138号線をひたすら下ります。途中であの激坂ヒルクライムコース富士あざみラインの入口を通過しますので上りたい方はご自由にどうぞ。私は遠慮します。

201107-08.JPG国道138号線は土日祝日には御殿場に近づくにつれて渋滞することが多いので走行には気をつけてください。さらに御殿場市内を通過する際は、有名なアウトレット渋滞も予想されます。また、市役所北信号の先のオーバーパスは自転車通行不可ですので、側道からアンダーパスを使いましょう。

201107-10.JPG御殿場からは長尾峠に向かいます、引き続き国道138号線を箱根方面に向かい、2km程上った深沢東信号を左折し峠道に入ります。長尾峠までの上り区間は9kmで平均勾配4.5%といったところ。三国峠に比べればとても走りやすい峠なので、緑を堪能する余裕もあるはずです。頂上はトンネルになっていて、トンネルの先は箱根芦ノ湖を望むことができます。

201107-12.JPGさあ、ここから小田原まではひたすら下ります。20km以上の気持ちの良いダウンヒル。箱根駅伝で有名な大平台のコーナーを通過して、深緑の中を颯爽と下りましょう。でも、箱根湯本付近は休日渋滞しますので気をつけてくださいね。さて、国道1号線をひたすら下り元町信号を右折すればいよいよ終点小田原駅です。

2回に渡る峠めぐりコースのレポートいかがでしたでしょうか。たくさんの峠のなかから特に厳選した峠を紹介しましたが、私自身「峠好き」ですので、色々な峠にチャレンジしたい方は、お店でお気軽に声をかけてください!

■今回のおすすめ機材
今回使用したバイクはスラムライバルで組んだTime RX Instinctです。

■BONT/ヴァイパー
このシューズはヤバイです。薄さと軽さもさることながら、足裏からサイドまで覆うカーボンソールは熱成型が可能で足にぴったり合わせることができます。まるで超軽量なスキーブーツを履いているような剛性感とフィット感。他に類を見ないシューズです。ロード界に出現してわずか2〜3年で数々のビッグタイトルを獲得し、その性能は実証済みです。

■心拍計&サイコン/Polar CS600CAD&Garmin EDGE500
絶対的な信頼性の心拍計といえばポラール。独自の通信方式W.I.N.Dにより通信速度が飛躍し、オプションのパワーキットも感度が良くなったCS600CAD。一方最新鋭のGPS搭載サイコンといえばガーミン。汎用性の高い通信方式ANT+を採用し、数あるパワーメーターともリンクするEDGE500。どちらが良いのか?難しい問題です。しかし、サイクリングに、ツーリングに、トレーニングに、あると嬉しいのはどちらも共通しています。

立川店 二戸

同じツーリングタイプの記事一覧