2009年8月20日

夏を快適に楽しもう! 絶景! 本栖湖畔サイクリング(2009/09)

P7150365.jpg今回のコースは、自転車に乗りたいけれど街中は暑くて...という方におすすめ! 都内から車で2時間の本栖湖の駐車場をスタートして、本栖湖、富士ケ嶺を周回する快適サイクリングコースです。いつもより少し早起きして行くドライブ&サイクリング。輪行であれば河口湖駅をスタートにするのが良いでしょう。

ルートは、本栖湖畔駐車場→本栖湖周回→R300→R139→ひばりが丘信号→R71→富士ケ嶺→展望駐車場→本栖湖畔駐車場になります。

■ルートマップ

大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

P7150269.jpg都内から2時間のドライブ。国道139を本栖湖方面へ曲がってすぐ左側に見えてくる本栖湖畔駐車場。ここが今回のスタート地点になります。愛車を組み立て、さて出発!! の前に、ドライブの疲れを癒しに湖畔散歩でもどうでしょう?気持も落ち着き、より一層気持ちの良いサイクリングになるはずですよ。

P7150294.jpg心と体の準備が整ったら、いざ出発! まずは本栖湖を周回、身延方面へ。左回りに約12km。完全に平坦路なので足慣らしに最適です。前半はきれいに舗装された県道で、雲のない晴れた日には澄んだブルーの水の色と相まって、南国の海岸を走っているような気分が味わえます。

湖を1/3ほど走ると道が二股に別れるので、本栖湖の表記のとおり左へ曲がります。このポイントは、本栖湖と富士山がきれいに見え、千円札の絵柄にもなっている事で有名だそうです。

CA3C0147.jpg湖畔の道に入ると今までの雰囲気とは一転。道幅も細くなり緑も生い茂ってきます。木漏れ日が気持ち良い木のトンネルの中を抜ける時に湖を見ると、湖面が背景となって手前にある木々が影絵のように見ることができます。ぜひこの風景を見てもらいたいですね。

湖畔の周回を終えるとスタートした駐車場に戻ってきます。そのまま駐車場は通過して富士ケ嶺へ向かうため、富士吉田方面へ(T字路を300号へ右折、【本栖信号】を139号へ左折)。このまましばらく道なりに走ることになります。

139号は富士市へつながる国道のため、交通量はかなり多めです。それに加えて進行方向側の路肩だけがとても狭く歩道もありません。車道を走るのが不安なら、反対車線側にある歩道を走る方がいいでしょう。ただし、あくまで歩行者優先での通行はゆっくりと。

P7150343.jpg次に曲がるポイントまでの間に、富岳風穴、鳴沢氷穴などの観光ポイントがあります。ただし、洞窟内は通年約0℃です。寒くて凍えちゃいます。靴も必須なので今回のサイクリングで立ち寄るには不向きなポイントですね... どうしても行きたい方は靴&防寒着は持参でどうぞ。

P7150386.jpg氷穴の入口看板を通過すると、すぐに【ひばりが丘】信号が見えてきます。この信号を右折して富士ケ嶺方面へ向かいます。ここから先は約5kmの穏やかな上り坂。樹海の中とは思えない明るい木々の中を、中腹にある展望広場目指して上って行きます。勾配が適度に緩くなるところが何度かあるので、リズムに乗って気持ち良く走れる道でしょう。坂を上りきるとあたりが開け、上った距離以上の景色が広がります。

広場を後にするとまたすぐに絶景。松並木の先に富士山を眺めながらのゆるいダウンヒル。最高の気分です。後半はもう上りも無いので、クールダウンするつもりでゆっくりと下って行きましょう。

CA3C0158.jpg次に曲がるポイントは、下り始めて最初の信号です。ここを右折して本栖湖方面へ。のどかな牧草地帯を約2km進むと、139号に戻るので右折して富士吉田方面へ向かいます。もう後は本栖交差点まで一直線、駐車場へ戻りもう一台の愛車の元へ。帰りのドライブもお気をつけて。いつもより少し早起きして行く、ドライブ&サイクリング。気持ち良いですから、ぜひどうぞ!

■今回のおすすめ機材
今回使用したロードバイクは、Campagnolo Recordで組んだ東京・町田にあるビルダーケルビムのクロモリです。ホイールはMAVICリムを使った手組みを選びました。

■Hutchinson Fusion 2 Ultra
CA3C0152.jpgショック吸収性良好、それなのに軽快な走行感を持つタイヤ。サイドからトレッドまでのカラーラインで見た目のインパクトも強烈です。カラータイヤですがコーナーでのグリップも良好。コーナリング中は、走行感の軽さからは想像つかない位の安定感です。カラーはレッド、グレーの2色展開です。

■Graphite Design Acceralate ST(Offset 45mm)
CA3C0154.jpgストレートタイプのフロントフォークですが、クイック感は感じずとても扱いやすい性格です。"硬い"というより"しっかりしている"という表現の方が近いかもしれません。フォークエンドのチューブ形状が円形なので、エアロ形状のものよりも横剛性に優れているように感じます。

フロントフォークはフレームの印象を大きく変えることができるパーツです。フロント周りに頼りなさを感じている方へおすすめです。ストレート、ベントタイプ共に43、45,48オフセットの設定があります。

清水

同じツーリングタイプの記事一覧