2009年5月20日

時間のない大人のための 夏でも涼しい短時間集中コース!!(2009/06)

0906_00.jpg今回は、「時間のない大人のための夏でも涼しい短時間集中コース」をテーマに、普段あまり紹介されないようなルートを使って、短時間に集中して練習できるコースを紹介します!

多摩サイから浅川サイクリングロードを通って大垂水峠、牧馬峠を越えます。帰りは橋本、小山内裏公園、鶴川街道を通って、多摩サイまで戻ってきます。

■ルートマップ

大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

0906_03.jpg多摩川をスタートしたら、一路大垂水峠を目指します。まずは待ち合わせに使われることが多い関戸橋の次の橋、府中四谷橋を渡って浅川サイクリングロードに入ります。サイクリングロードとはいえ、自転車専用道ではありません。歩行者など同じ道を利用する人に気遣いながら走りましょう。土日には大勢の人がサイクリングロードを利用するので、甲州街道や日野バイパスなどを使って大垂水峠に向かった方がいいかもしれません。

サイクリングロードを利用する際は、綾南公園近くまで行き、町田街道入口の交差点から甲州街道へ。高尾山口駅前を抜けておなじみの大垂水峠を越えます。下ったら千木良小交差点の手前で左に逸れて裏道に入りましょう。

0906_01.jpg相模川に掛かる橋を越えたら右へ。相模湖ピクニックランドをグルっと回り込みます。涼しげな日陰をつくってくれる林が峠を越えた火照る身体を冷やしてくれるでしょう。相模湖ピクニックランド前の信号を右折。ここからは静かな森のなかを走るゆるい登り勾配の道です。森を抜けると今回のメインの峠である牧馬峠へのヒルクライムです。

0906_02.jpg10%を超える勾配と険しいボコボコの舗装路が攻略難しくする峠ですが、軽いギアを選択して、クルクルと回転走法でクリアしましょう。下りは道幅は比較的広いのですが、逆バンクがついたきつめのコーナーなどもあるので気をつけて下りましょう。下りきって道志みちに出たら左折です。さらにすぐ先を右に曲がります。小さな丘を越えたら鳥屋交差点を左へ。橋本方面へ向かいましょう。

0906_04.jpgまっすぐ進んでも橋本に向かうことができますが、長竹三差路の信号を左へ向かいましょう。津久井湖方面に向かう道ですが、こちらの道の方が自転車と車の速度差が少ないのでより安全に走れます。津久井湖の城山公園脇から城山ダムを越えて橋本駅へ。町田街道に出たら右折です。多摩ニュータウン入り口を左折、坂を登って多摩境駅前交差点を右折。さらにすぐを左に入り、高台の緑豊かな小山内裏公園を抜けます。ゆっくり走行しましょう。

0906_05.jpg公園を出ると尾根幹線と合流しますが、そのまま多摩サイへは向かわず、すぐにアンダーパスへ入り交差道路を右へ。すぐの交差点を左に向かい、裏道を走ります。田園が残る緑豊かな景色が広がりますが、意外や交通量が多いので気をつけて! その後は短い坂をいくつか越え、鶴川街道を使って多摩川まで走ります。

■今回のおすすめ機材
0906_06.jpg今回使用したロードバイクは、Campagnoloの11速モデルで組んだLook 595、ホイールはMAVICリムを使った手組みです。
おすすめしたいのは、2009年でフルモデルチェンジしたCampagnoloの11速モデル。11枚あるリアカセットで用意されているのは、どれもクロスレシオになります。
峠越えでキツいときのもう1枚、平坦で脚を廻しているときにあったらいいなのもう1枚があるのが、11速のメリットです。新形状になったエルゴパワーの握り心地も最高。一歩先の快適な走りをぜひ体験してください。

吉田

同じツーリングタイプの記事一覧