2008年12月20日

歩けるビンディングで ロードバイクが変わる!(2009/01)

200901_01.jpg今回のツーリングコース今回は東京の中心部を回る約50kmのポタリングコース。なるしまフレンド原宿店をスタート/ゴールにして、レインボーブリッジ、築地、お台場、浅草、上野、秋葉原といった観光ポイントを巡る、自転車ならではのルートを紹介します。

紹介するパーツは、寄り道を楽しめる、歩きやすいMTB用ビンディングペダルとシューズです。ロードバイクの軽快さを味わいつつ、東京散策が楽しめるようになります。なお、一方通行や歩道を走る時は「歩行者優先」を忘れずに。気持ちにも余裕を持ってのんびりと楽しみましょう。

■ルートマップ

大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

200901_02.jpgなるしまフレンド原宿店をスタートしたら、まず代々木公園を目指します。公園の中を抜ける並木道を走ってNHKの脇をまわります。一方通行を抜けたら、高級住宅地といわれる松涛を通過し山手通りにアクセスします。代官山方面に向かい西郷山公園に到着します。ひらけた景色を見ながらちょっと一休みしましょう。

一旦新山手通りの方へ下り、目黒川にぶつかったら左へ。ここからしばらくは川沿い下流に向かってを進みます。中目黒駅まではいろんなショップが軒を連ねていますので、ウインドショッピングを楽しみながら行きましょう。

200901_03.jpg図書館や屋内屋外プールを備えた目黒区民センターや目黒雅叙園を通り、大崎駅まで来たら、再び山手通りに合流します。天王洲まで来たらその先はもう東京湾です。テレビドラマの撮影でよく使われるため、なんとなく見たことがある風景でしょう。

200901_04.jpgここを右に羽田方面で大井埠頭があります。日曜には自転車人がたくさん集まる場所です。左に行くとレインボーブリッジがあります。竹芝桟橋、汐留、浜離宮庭園方面へ、できるだけ川沿いの道を安全に気をつけて進みましょう。歩道を走ることになるのでスピードを控えて!

200901_05.jpg築地まで行ったら晴海通りに入ってお台場へ。風は強いですが眺めは最高です。海浜公園などを散策して一休みしたら、来た道を戻るように再び晴海へ向かいます。

200901_06.jpg築地まで戻る手前、リトンスクエアを右に曲がり朝潮大橋を渡って月島へ。中央大橋を渡って、新川、箱崎方面へ至ります。今度は隅田川沿いを北上して、浅草寺まで行きましょう。仲見世を観光したなら今度は上野へと向かいます。余裕があれば不忍池や湯島天神などみてみてはいかがでしょう。

200901_07.jpg中央通りを南に向かうと今度は秋葉原に至ります。中央・総武線の高架下をくぐると神田川です。神田明神、御茶ノ水、後楽園へと進みましょう。飯田橋、神楽坂、市ヶ谷まで来ると外堀が広がってまいす。大学のキャンパスもあり緑豊かなことに驚くかもしれません。意外と東京には緑が多いのです。

今回の川沿いのコースは都心の自然をつなぐコースともいえます。たまの息抜きにはなかなかの道なので、郊外の山や峠を目指すだけでなく身近なルートに目を向けてみても良いかとおもいます。

200901_08.jpg話がそれましたが、外堀沿いを進んで四谷見附を抜け、迎賓館前から赤坂御苑、神宮外苑と抜けていくとゴールのなるしまフレンド原宿店に到着です。約50kmの行程ですが、寄り道などしていると時間がいくらあっても足りないくらいのコースです。

また、今回紹介できなかった皇居周辺も、一周約5kmと短いですが、起伏があり自然も豊かなコースです。ぜひ走ってみてください。

■今回のおすすめ機材
200901_09.jpg今回は、都心の交通事情と観光目的を考えて、MTB用のビンディングシステムの紹介です。より快適な走りを提供してくれるロードバイク用ビンディングですが、着脱のしやすさや歩きやすさでは、やはりMTB用が上です。目的に合わせてペダルとシューズを変えると、ロードバイクのフィールドが広がりますよ。

■SIDI DRAGON2
ポタリングでは歩けるMTBタイプのシューズが重宝します。DRAGON2はイタリアの老舗SIDI製。スポーツタイプにもかかわらず歩きやすさを実現。着脱のしやすさと絶妙なホールド力による反応のよさは、街中での安全性も向上させます。

■TIME ATAC
MTBタイプは着脱しやすく初めてのビンディングにも最適です。TIME社のロードバイク用ペダルは、体への負担軽減をコンセプトにしていますが、MTB用のATACシリーズにもその特徴が生かされ、バランスの良いペダルに仕上がっています。

原宿店 池田

同じツーリングタイプの記事一覧