2008年9月20日

快適なパンツとお湯にならないボトルで 奥多摩ヒルクライム(2008/10)

200810_05.jpg奥多摩の入口というと武蔵五日市駅と青梅駅ですが、今月のコースはこの2駅を繋ぐルートです。武蔵五日市駅をスタートして檜原街道を走り奥多摩の激坂代表格の鋸山へ。鋸山を越えてたら一度奥多摩駅まで下ってから奥多摩湖まで上ってちょっと休憩。あとは青梅街道を青梅駅まで一気に下ります。距離は約60kmと短めではありますが、勾配のきつい鋸山を越えますので、上級者向けのコース設定と言えるでしょう。

■ルートマップ

大きな地図で見る / 高低図付きの地図で見る

武蔵五日市駅は都心からのアクセスも良いので、少し遠方の方でもJR中央線で輪行で行けば、そこからすぐサイクリングを楽しむことができます。ゴールに設定している青梅駅からも距離はそれほどありませんので、車で武蔵五日市駅まで来て、駅そばのパーキング(1日¥500)に止めても良いでしょう。

200810_02.jpg 200810_01.jpgスタート地点から檜原街道は秋川渓谷沿いを走るので景色も良く気分よく走れます。市街を抜けるとしばらくは渓谷沿いをアップダウンを繰り返しながら進みます。9kmほど進むと檜原村役場に到着。この先のT字の交差点で右折します。少し走ると左手に檜原とうふのお店「ちとせ屋」があります。ここには豆乳ソフトクリームがあるのでエネルギー補給もいいかも!

さて、さらに3kmほど進むと神戸の看板が出てくるのでそこで右折。いよいよ鋸山に向けて上っていきます。マス釣り場やバーべキューの施設を横目に進み、神戸の岩まで来ると真っ暗なトンネルが出現! ここは危険ですので無理せず歩いて通ってください。トンネルを抜けるとすぐに勾配がきつくなります。滑り止めの凸凹があり走りにくいですがくじけずに... トンネルから登りはじめて峠までは5.5kmほどで到着です。

200810_03.jpgここは標高980m。ここまで登ってくれば達成感もなかなかです。やっと奥多摩駅への下りに入りますが、この道は車の通行がほとんどないため路面が荒れてます。ジャリ、崩れた岩、枝、落ち葉、側溝などがあり危険ですので、無理せずゆっくり下ってください。無事に下りきると青梅街道に出ます。補給が必要な人は右折して1kmほど下るとコンビニがあります。補給の必要がない人は左折して奥多摩湖に進みましょう。

200810_04.jpgトンネルをくぐり抜けつつ約5km上って行くと小河内ダムが見えてきます。このダム湖が奥多摩湖です。景色も奇麗ですからちょっと散策するのもGOODです。時間と脚に余裕があればダム沿いに進んで、奥多摩湖の一番奥の蕎麦屋さん「陣屋」でランチなどもいいでしょう。

200810_07.jpgしっかり休憩した後は青梅まで下りっぱなし! とはいえ帰り道には奥多摩駅、御岳山などがありますので、のんびり寄り道しながら下っても楽しいです。青梅街道が走りやすいですが、古里駅から吉野街道に入ってもいいでしょう。多摩川を挟んで反対側を走れますし、吉野街道沿いには吉川栄治記念館(三国志演義を書いた人)などもあります。

約37kmを下ったら青梅駅でゴール。お疲れ様でした〜! 多摩川に出て多摩サイを下って帰るもよし、輪行して変えるもよし。時間と脚と相談して決めてください。武蔵五日市駅まで車できた人は、秋川街道を走れば約8kmで武蔵五日市駅まで出ることができます。

■今回のおすすめ機材
今回はPOLARの保冷ボトルとDE MARCHIのパンツContour Plusを使ってみました。なお、使用バイクはLook 585+カンパニョーロ・レコード、ホイールはMAVIC KYSRIUM ESです。

POLARの保冷ボトルのインプレッションはこちら、DE MARCHIのパンツContour Plusのインプレッションはこちらをどうぞ。

■次号予告
次回も原宿店の佐藤が担当します。飯能方面のツーリングプランを一緒に紹介する予定です。お楽しみに。

原宿店 佐藤

同じツーリングタイプの記事一覧