2008年5月20日

"たれない"ホイールなら登りで景色が楽しめる (2008/06-1)

200806_12.jpg八王子と山梨を結ぶルートには大垂水峠と和田峠という超有名な峠があります。今回はこの2つの峠を通って八王子をスタート/ゴールにする100km位のトレーニングコースを、鈴木(原宿店店長)が紹介します。全体としては大垂水峠を越えて甲州街道の裏道をつなぎ合わせて和見まで行き、野田尻経由で最後に和田峠を越えて帰るルートです。Part.1では、往路(青いルート)を紹介します。なお、相模湖駅を越えてから野田尻まではきちんと補給できるところがありませんので、補給食はあらかじめ用意しておきましょう。

■ルートマップ

大きな地図で見る

■まず大垂水を越えて
まずは大垂水峠を越えて山梨方面へ国道20号で向かいますが、相模湖駅の先からは20号を外れて、走りやすい裏道を使います。

200806_01.jpg大垂水峠の上りはじめは京王線高尾山口駅を越えたところからです。昔から数々のバトルが繰り広げられている峠で、東京の有名選手なら何百回と登っているでしょう。有名選手の自己ベストタイムを聞いてみたいところですが、現在工事中の圏央道が開通すると下の道も変わるので過去のタイムが変わってしまいますね... 大垂水峠の距離は約5.3km。上り始めは緩やかで峠に向かって徐々に勾配を増していきます。激坂ではないので速い選手であれば20km/hを切らないスピードで登っていきます。もっともぼくはそれをはるかに下回るスピードでしか登れません(トホホ

■上野原は走りやすい裏道で
200806_03.jpg峠を越えたらそのまま下って相模湖駅を通過。中央道をくぐると右側にラーメン屋さんがあります。この先を右に入ると、そこからが旧甲州街道です。すぐに登りになりますが、相模湖も見渡せる気持のいい道です。坂ならこの先沢山あるのでここは景色でも眺めながら軽く行きましょう。

200806_04.jpgアップダウンをこなして急坂を下り、先の小学校を過ぎるとほとんどT字路となる所があります。ここを右へ曲がってまた裏道へ。「こんな道を?」と思うような道ですが、これが陣馬街道への抜け道です。案内板がなくわかりにくいですが、甲州街道に出てしまったら行き過ぎです。

道なりに進み、突き当たりに黄色い建物が現れたら、そこが和田峠と上野原の分岐点です。和田峠は帰りに通るので、ここでは左折して上野原カントリー方面へ。棡原の案内板が出てきたら今度は右折です。ここで登場する坂は9%、10%、10%オーバーになる三段坂。元気な人はギヤをかけて一気に行きましょう! ただし3番目はぼこぼこで少し長いのでタレないようにペースを考えて。

200806_05.jpg三段坂をクリアしてアップダウンをこなすと棡原に出ます。ここは多くの峠への分岐点で、どの道を選んでも奥多摩、鶴峠、松姫峠、柳沢峠などしびれるほどいい峠へと続いています。でも今回はグッと我慢して最初の予定通り上野原方面へ。

最初上ってその後は下りになります。下りきって橋を渡ったところを右折。ここも分かりにくい上、坂が好きな人はついまっすぐ行きたくなりますが間違えないように。続いて広い道(国道30号)に出たらまた右折です。そのまま走りやすい道を進むと和見への看板が出てきます。

■和見の登りは景色を楽しみながら
200806_07.jpgここからが今回のおすすめポイント和見への登りです。ここはかなりイイですよ。何と言っても坂も景色も変化に富んでいるところがグ~です。最初は道幅も広くそこそこの勾配で始まり、和見の村のあたりからは、道こそ悪くなるものの景色は一変して山村といった雰囲気に。最後は林道風になって頂上に到着です。この変化は単純な上りを淡々と走るよりよっぽど楽しいはずです。

200806_08.jpg頂上までは約7kmで標高差約600m、残念なのは向こう側が砂利道になっているため、来た道を折り返さなければならないこと。今回そのまま少し走ってみると、途中から舗装になったのでこれはと思ったのですが、その先はまた砂利。タイヤが軽量のアルトレモだったので無理せずそこで折り返しました。次回は丈夫なタイヤを履いて再チャレンジ予定。

Part.1はここまでです。いかがでしたか? 上野原から和田峠を目指す復路はPart.2で紹介します。お楽しみに。

■今回のおすすめ機材
今回紹介したルートは坂が多く変化に富んだコースですが、今年気に入っているホイール&タイヤ、マビック R-SYSとシュワルベ アルトレモが合っているようなので、こいつでチャレンジしてみました。なお、使用バイクは、ルック KG585+カンパ レコードです。

Part.1ではまずホイールの紹介です。マビックの新世代ホイールR-SYSのインプレッションはこちらをどうぞ

原宿店店長 鈴木

同じツーリングタイプの記事一覧