2015年6月 7日

ツールド熊野 第1ステージ赤木川清流 リザルト

プロローグを終え各賞リーダーが決まり新宮駅から赤木川清流コースまでの20km弱のパレード走行の後リアルスタートとなるステージです。
このコースはアップ&ダウンとクリテリウムの様なコーナーの立ち上がりがあるコースで熊野の鬼門の第1ステージとして知られています。
今年は途中リーダーがパンクするトラブルでメイン集団が復帰待ちでペースを落とした事などあって比較的完走率の高いステージになりました。

木村、櫻井は先頭集団で、渡辺は最終周回のペースアップで1分ほど遅れゴール。
小畑は最終回の折り返し地点で前輪がパンク、ニュートラルサポートのMAVICカーからホイールを直ぐにもらえず4分弱の遅れでゴールへ。
山藤はレース前半の落車に巻き込まれストップ、追走しましたが集団復帰が叶わず残念ながらDNFとなりました。


■第1ステージ赤木川清流 114.1km(16.3km×7)115名出走/100完走
 1位 ニール・ヴァンデルプローグ アヴァンティレーシングチーム
 2位 綾部 勇成         愛三工業レーシングチーム
 3位 ティノ・ソメル       RTSサンティックレーシングチーム

 46位 木村 裕己
 56位 櫻井 一輝
 81位 渡邊 聡
 87位 小畑 郁
 DNF  山藤 祐輔

第1ステージ スタート前.jpg

第1ステージ スタート前2.jpg

第1ステージ スタート前3.jpg

« ツールド熊野プロローグ リザルト | TOP | 2015全日本自転車競技選手権 »