2010年11月18日

ツールドおきなわ2010 市民210kmレポート 岩島

ツールドおきなわ2010
日時:11月14日
場所:沖縄本島北部地域
距離:市民210km
使用機材
フレーム:TIME NXR INSTINCT
ホイール:Campagnolo BORA ONE
タイヤ:CONTINENTAL COMPETITION、F:7bar,R7.5bar,シーラント30cc
コンポ:シマノ Di2
ギア比:54-39×11-25
ヘルメット:LAS VICTORY
補給:HoneyStinger、Carboshotz

210kmに延長されたコースは想像よりも厳しく、ここをどうこなすかが勝負の分かれ道になる。レース前日、そう考えながら私はあらかじめビデオに撮っておいた新コースの延長部分を何度も見返していた。試走する時間が無い為、暗くなる前に車でコースの下見をする際にコースをビデオに撮った。ライバル達からアドバンテージを得るには、準備をしすぎるに越したことは無い。
コースも頭に叩き込み、自転車の整備も、体調も万全だ。

先月宇都宮で行われたジャパンカップオープンレースで負け、悔しい思いをしてから3週間、この日のために毎日のように練習してきた。今回は負けたくない。

当日、目が覚めると昨日の嵐のような天気とは打って変わって穏やかな天候。
ペンションでおいしい朝食をいただき、車で15分ほど走り会場入りする。
補給はジェルの入ったミニボトル2本にゼリー2つ、他にBCAAの錠剤をポケットに詰める。
忘れ物を車まで取りに行っていたら既に整列が終わっていた。
そのまま400名の参加者の最後尾でスタートした。

スタート後、普久川ダムの登りまでの70kmは平坦基調なので、落車に巻き込まれないよう神経を尖らせながら集団の中ほどで省エネ走法。

登り口が近づき、向かい風で集団の速度が緩んだのを見計らって一気に先頭に出る。そのまま登りに突入する。前半はO-vestの西谷選手の一本牽き、後半はMaxSpeed'97の森本選手が牽き頂上を迎える。かなり速いペースに感じたが、なんとかついていけた。
周りを見回すと人数はかなり絞られていて20名ほどの集団が出来上がっていた。

下りもペースが落ちることはなくローテーションもキレイに回る。皆足のある選手が揃っていて気持ちの良いスピードで海岸沿いを進む。願っても無い展開だ。そのまま後続が合流することもなく、二回目の普久川ダムの登りに入る。

二回目の登りも一回目と同じくらいのペースで進む。ただ一回目に比べてやけに楽に感じた。勝負はまだ先になると思っていたので、ペースを合わせて無理せずに登る。頂上付近でチームCBの高橋選手が山岳賞狙いで一人抜け出し、そのまま次の安波の登り返しまで逃げ続ける。この局面で足がかなり残っている様子、警戒しなければ。

図らずも、この時点で勝負をする相手が絞られた。西谷選手、森本選手、高橋選手、高岡選手(イナーメ・アイランド信濃山形)、白石選手(シマノドリンキング)、そしてチームメイトの小畑選手。

珍しく相手の足の残り具合をみる余裕がある。高岡選手、高橋選手がちょっとした登りで、ふるい落としのペースアップをかけてくる。すかさず真っ先に反応し、「絶対に逃がさない」という気持ちでぴたりとマークする。私が勝負に出ようと思っているのはまだ先だ。

慶佐次を越え延長区間の新コースに入る。コースもしっかり覚えていて、ほぼ予想通りのメンバーでこの局面を迎えたので自分でも驚くぐらい落ち着いている。坂をいくつか越えて最後の勝負どころ、羽地ダムの登りに差し掛かる。

ここまで皆ほぼ均等に先頭交代をしてきて最後の力勝負に出る。先頭で登りに入り、ここで仕掛けてくるであろう森本選手、高岡選手のアタックを警戒していたが、一向に気配が無い。中腹でチラッと後ろを確認したが姿が無い!?
予想外の展開だ。
ここまでレースをガンガンリードしてきた西谷選手も少し後ろでペダリングが苦しそうだ。

ここで引き離さない手は無い。ここにきてはじめて左の腸腰筋あたりがピクッと攣りそうになったが、別の部分の筋肉を総動員してちょっとだけペースアップ。結果、高橋選手、小畑さん、私の3人になった。ダム周りのアップダウンをこなし平坦まで下ってきたときには後ろが視認できないくらい離れていた。
ついに勝負が3人に絞られた!

高橋選手の力は未知数だが、パワー系の小畑さんと私は平坦とスプリントに少し自信がある。だが私は、レース前からアタックポイントを決めていた。残り5km地点にある「ジャスコの坂」だ。ここは2004年にチャンピオンクラスで優勝した香港のワンカンポ選手がアタックを決めた場所で、その鋭いアタックに憧れていた。

「アタックします。後ろをお願いします」と小畑さんに耳打ちし、ローテーション短めに最後の坂を待つ。もしつかまってもなるしまフレンドチームの勝利は間違いないだろう。

坂が見えてきた。足が残って無いときは高く感じたが、今見ると案外低い。3人はかなりいいスピードで坂を登りはじめる。なかなかスピードが落ちない、タイミングを見計らっているうちに頂上に差し掛かりそうだ。そのときにほんの少しスピードが緩んだ。
「今だ!」
全力を使い最初で最後のアタックを敢行する。
後ろを振り返る余裕は無い。
だが後ろは小畑さんがいるので安心だ。
ただただもてる限りの力を搾り出しペダルに伝える。
距離を重ねるごとに48km/hから徐々に速度が低下していく。
「後続10秒」
途中バイクからタイム差を伝えられる。
すごく苦しいが最後までペダルを踏み続ける。
ゴールが見えてきた。後ろを見て勝利を確信した。

そして、はじめてガッツポーズでゴール。

最後は全力を出し尽くして清々しい気持ちで優勝できた。
ゴール後、仲間の皆から祝福の言葉をもらって、徐々にこの夢のようなツールドおきなわ優勝の実感が沸いてきた。
5年前に運よく3位入賞してから、年々優勝したいという気持ちが強くなっていた。
強豪レーサー達が切磋琢磨して、近年非常にレベルが高くなってきている市民210km。
そのレースで最高の結果を出せて感無量の一言。

来年もまたこの素晴らしいコースで、素晴らしいライバル達と闘い、優勝できるよう精進していきたいと思います。

岩島啓太

2010年11月14日

ツール・ド・おきなわ市民210km岩島優勝! 【画像追加!】

表彰台.JPG

本日開催されておりますツール・ド・おきなわ市民210kmで、なるしまフレンドレーシングチーム岩島啓太が優勝しました!

残り5km最後の上りから独走逃切り優勝。
オメデトウ!

2位争いは小畑が先頭でなるしま1-2位フィニッシュでした。

シニア50Kmの部ではクラブ員今井サンが3位入賞!!
部門は違えどワンツースリーショットが撮れました!
ワンツースリー.JPG

応援していただいた皆様、ありがとうございました。

2010年11月 2日

11/3の水曜練

明日の水曜練はAM8:00立川店出発。

途中で沖縄に向けた乗込み組と、バーベキュー参加組みに分かれます。