2009年6月29日

2009 全日本実業団富士山ヒルクライムロードレース 結果

6月28日に行なわれました富士山ヒルクライムの結果を報告します

DSC02160.JPGみどりさん.JPG

TR三位入賞小野口選手、FR二位入賞橋本選手、おめでとうございます!

■TR 11.4km
1位:長沼 隆行(UTSUNOMIYA BLITZEN)  44:03
2位:森本 誠(ベルダ)  +00:30
3位:小野口 健太(なるしまフレンドRT八王子)  +00:56
4位:秋山 尚徳(Team DARK BLUE)  +01:14
5位:武末 真和(オッティモ・ホル元)  +01:19
6位:鵜沢 裕也(セオレーシング-TR)  +02:00

■FR 11.4km
1位:金子 広美(‐)  57:17
2位:橋本 みどり(なるしまフレンド)  +3:23
3位:平野 まどか(クラブシルベスト)  +12:31

4位:有馬 朋美(なるしまフレンド)

第12回全日本選手権ロード 結果

6月27~28日に広島で行なわれました第12回全日本選手権ロードの結果を報告します

■Elite Men 196.8km
1位:西谷 泰治(愛三工業)  5:22:42
2位:宮澤 崇史(アミーカチップス)  +00:01
3位:野寺 秀徳(シマノレーシング)  +00:01
4位:新城 幸也(Bbox Bouygues Telecom)  +00:01
5位:鈴木 真理(シマノレーシング)  +00:01
6位:土井 雪広(シマノレーシング)  +00:03

DNF:岩島 啓太(なるしまフレンドRT八王子)
DNF:小畑 郁(なるしまフレンドRT八王子)
DNF:二戸 康寛(なるしまフレンドRT八王子)

強豪ひしめく激戦の中、ゴール勝負を制した西谷選手おめでとうございます!

■Elite Women 86.1km
1位:西 加南子(FOCUS)  2:35:14
2位:森本 朱美(スミタラバネロ)  +00:00
3位:片山 梨絵(スペシャライズド)  +00:00
4位:豊岡 英子(パナソニックレディース)  00:02
5位:森田 正美(ブリヂストンアンカー)  +00:07
6位:荻島 美香(ARAI-MURACA)  +00:12

DNF:戸井 麻里子(なるしまフレンド)
DNF:菊池 香(なるしまフレンド)

■U23 Men 159.9km
1位:平井 栄一(ブリヂストンエスポワール)  4:24:07
2位:中山 卓士(UTSUNOMIYA BLITZEN )  +00:01
3位:竹之内 悠(marco polo cycling team)  +00:01
4位:涌本 正樹(マトリックス)  +00:01
5位:福田 高志(大阪経済大学)  +00:02
6位:金子 友也(ブリヂストンエスポワール)  +00:08

■U19 Men 123.0km
1位:黒枝 士揮(日出暘谷高校)  3:15:59
2位:山本 元気(奈良北高校)  +00:01
3位:笠原 恭輔(小松原高校)  +00:12
4位:中井 俊亮(榛生昇陽高校)  +00:23
5位:大平 勝汰(奈良北高校)  +00:57
6位:寺崎 武郎(福井商業高校)  +03:20

34位:片山 風人(なるしまフレンドRT八王子)
DNF:北川 明人(なるしまフレンド)
DNF:上沼 悟(なるしまフレンド)

■Junior Women 86.1km
1位:福本 千佳(Ready Go Japan)  2:44:20
2位:上野 みなみ(八戸工業高校)  +01:08
3位:岩田 知夏(北桑田高校)  +03:46

2009年6月22日

2009 全日本実業団西日本サイクルロードレース 結果

6月21日に行なわれました西日本実業団の結果を報告します

■TR 172.2km
1位:畑中 勇介(シマノレーシング)  4:33:48
2位:鈴木 真理(シマノレーシング)  +00:02
3位:西谷 泰治(愛三工業レーシングチーム)  +00:10
4位:真鍋 和幸(チームニッポ-コルナゴ)  +00:42
5位:普久原 奨(チームブリヂストン・アンカー)  +01:04
6位:野寺 秀徳(シマノレーシング)  +02:32

DNF:岩島 啓太(なるしまフレンドRT八王子)
DNF:二戸 康寛(なるしまフレンドRT八王子)
DNF:木村 将行(なるしまフレンドRT八王子)
DNF:小畑 郁(なるしまフレンドRT八王子)

■BR-1 61.5km
1位:門田 基志(焼鳥山鳥・R)  1:37:14
2位:才田 直人(エルドラード)  +00:00
3位:近江 忠仁(TEAM☆ルパン・ttm)  +00:09

■ER 36.9km
1位:石堂 大悟(チームサイクルプラス)  59:44
2位:苗村 徹(クラブシルベスト)  +00:14
3位:墨原 秀年(チームスクアドラ)  +00:14

DNF:判藤 広一郎(なるしまフレンド)

■FR 36.9km
1位:CHISAKO(宇都宮ブリッツェンFR)  1:04:14
2位:片山 梨絵  +00:00
3位:森田 正美(チームブリヂストン・アンカーFR)  +00:00

2009年6月15日

2009 全日本実業団個人タイムトライアル選手権大会(栂池) 結果

6月14日に行なわれた実業団栂池ヒルクライムの結果をお知らせします

■1st
1位:狩野 智也(シマノレーシング) 48:22.8
2位:鎌田 圭介(パールイズミ・スミタ・ラバネロ) 50:16.9
3位:鵜沢 祐也(セオレーシング-TR) 50:19.9
4位:長沼 隆行(宇都宮ブリッツェン) 50:34.4
5位:才田 直人(エルドラード) 50:40.4
6位:野寺 秀則(シマノレーシング) 50:45.9

10位:小野口 健太(なるしまフレンドRT八王子) 51:47.1
27位:小畑 郁(なるしまフレンドRT八王子) 53:32.2
34位:江本 泰輔(なるしまフレンドRT八王子) 54:28.6
42位:若生 正剛(なるしまフレンド) 55:10.8
45位:岩島 啓太(なるしまフレンドRT八王子) 55:21.9
63位:戸井 康之(なるしまフレンドRT八王子) 56:14.4

■2nd
1位:長沼 隆行(宇都宮ブリッツェン) 34:54.9
2位:鵜沢 祐也(セオレーシング-TR) 35:25.1
3位:狩野 智也(シマノレーシング) 35:26.4
4位:才田 直人(エルドラード) 35:55.9
5位:鎌田 圭介(パールイズミ・スミタ・ラバネロ) 36:10.6
6位:野寺 秀則(シマノレーシング) 36:47.0

10位:小野口 健太(なるしまフレンドRT八王子) 36:58.1
27位:江本 泰輔(なるしまフレンドRT八王子) 38:59.3
29位:岩島 啓太(なるしまフレンドRT八王子) 39:02.4
34位:小畑 郁(なるしまフレンドRT八王子) 39:18.7
39位:若生 正剛(なるしまフレンド) 39:29.4
64位:戸井 康之(なるしまフレンドRT八王子) 41:01.6

■総合
1位:狩野 智也(シマノレーシング) 1:23:49.2
2位:長沼 隆行(ブリヂストンアンカー) 1:25:29.3
3位:鵜沢 祐也(セオレーシング-TR) 1:25:45.0
4位:鎌田 圭介(パールイズミ・スミタ・ラバネロ) 1:26:27.5
5位:才田 直人(エルドラード) 1:26:36.3
6位:野寺 秀則(シマノレーシング) 1:27:32.9

10位:小野口 健太(なるしまフレンドRT八王子) 1:28:45.2
28位:小畑 郁(なるしまフレンドRT八王子) 1:32:50.9
30位:江本 泰輔(なるしまフレンドRT八王子) 1:33:27.9
38位:岩島 啓太(なるしまフレンドRT八王子) 1:34:24.3
41位:若生 正剛(なるしまフレンドRT八王子) 1:34:40.2
64位:戸井 康之(なるしまフレンドRT八王子) 1:37:16.0

2009年6月 1日

2009ツールド熊野 参戦レポート

なるしまフレンドRT八王子 番長木村将行のツールド熊野参戦レポート。

■初日プロローグ
天候は大荒れで、強風と雨。
コースは750mのTT。
コーナーを曲がって、民家の路地みたいなところを周ってUターンをする。
コーナーにはグレーチングがあり、転倒すると民家に激突する可能性もある。
タイムを出すというより、無難なタイムで転倒無しで終えたい。
スタート台からスタートすると、ウォーミングUpが不十分なので、うまく脚が回らない。
コーナーはかなり遅いスピードで周り、ゴールへの直線に入る。
建物の間から突風が吹いて、車体が持っていかれる。
平均的タイムでゴール。
コケなくて良かったというのが、正直な完走。
明日も、この天候なら厳しそうだ。

■第1ステージ 赤木川清流コース
天候は雨、風は昨日より少し弱くなっている感じ。
新宮駅前をスタートし、パレード18kmの後、周回コース16kmを8周する148.4キロ。
パレードで今回追加された、細い激坂も走る。普通に登ると後輪が滑る。
その後の下りも細く、滑りやすい。今日の天候ではかなり危険だ。
スタート前に選手からコース変更の抗議があるが、却下のようだ。

このコースは平坦基調の高速コースで大量落車が予想される。
巻き込まれないように、出来るだけ前にいたいのだけど、それは皆も同じ。
コース的には、それほど苦手ではないが、天候の悪さで位置取りがとても難しい。
ちょっとでも気を抜くと後ろに追いやられる。
なんとか、集団の半分くらいをキープして走る。
コーナーごとに落車が発生しているんじゃないか?ってくらい嫌な音が前後で起こる。
1周目に小野口君が落車に巻き込まれる。
自分と岩島君も3周回目に5m前で起こった落車に巻き込まれる。
フルブレーキングするが、目の前に選手が横たわっている。
すでに、後輪が浮いた状態で前輪が滑っている、これでハンドルを切ると確実に転ぶ。
覚悟決めて、そのまま突っ込む。そして停車。
自転車も問題ないので、すぐにリスタート。
一人で追うが、全く追いつかない。
このコースで集団から切れると再帰は、ほぼ不可能だ。
後方の集団を待って、周回するが、5周目で下ろされる。
その後、5周回した選手には救済が入り、ゾンビで翌日も走れるとこなった。
もう5m前に入れば、、と思うが、弱いから前に居られないのだ。

■第2ステージ 熊野山岳コース
今日も天候は雨。
苦手な登りのコース。正直、完走出来るか怪しい。
このステージを何とか耐えて、明日に繋げたい。
1回目の千枚田の登り、速いーー
上りきる手前で、集団から切れる。
次の札立峠までに、追いつくかないと、復帰は絶たれる。
全力で追う。なんとか、登り手前で追いつくが、脚を使い果たしているので、札立峠の登りでまた切れる。
同じところで切れた選手と何とか登る。どこまで続くのか?ほんとに、この登りは長い。
そして、下りは危険だ。コケを避け、慎重に降りる。
アンカー、ニッポ、ナカガワの選手と最後まで走りきり完走。
なんとか、明日のステージに繋げられた。

■第3ステージ 太地半島周回コース
天候は曇り/晴れ。気温が上がり、かなり蒸し暑い。
路面はドライ。
平坦基調だが、嫌な長さの登りと、クリテリウム的コーナーが連続する。
自分としては、苦手ではないコースだ。
スタートからカザフのコントロールでレースが展開する。
このコントロールが速い。強弱なく、真綿で首を絞める感じだ。
昼を過ぎて気温もどんどん上がる、すごい汗の量だ。
水分を出来る限り取るが、それ以上に出ていっている感じがする。
いやな長さの登りは追い風で、空気の流れが無くなる。登るたびにオーバーヒート気味だ。
登りを終えたところで、昨日、負傷した二戸さんが逃げを打った。
肩が動かない体での、あのアタックはすごかった。
それを追う選手が居れば、それに乗って行こうと前に移動するが、下りが来てしまう。
その後は、チャンスがあればアタックしたいと思ったが、すでに、カザフのペースに付いていくのがやっとの状態だ。

ラスト3周で補給を失敗。ついでに、前の外人が中切れしてそれを埋める。
脚が回復する前に登りに入る。
かなり厳しい。少しずつ遅れる。そこに前を走る小畑さんがチェーンを落として、下がっていく。
ヤバイ!もしこれで、チームが自分だけになると、絶対に切れられない!とおもい踏み込んだら、足が攣った。。弱い。。
なんとか、ガマンして登る。すると、小畑さんがすごい勢いで復帰して、集団に戻った。良かった。
自分は登り切る手前で、集団に付き切れず、結局、切れてしまった。
距離的には、もう少しでゴールだ。
しかし、暑さでやられた体は思ったよりダメージがあり、体が言う事を聞かない。
同じくして切れた、マトリクスの選手に助けてもらいながら、最終完走者でゴール。
非常にきつかった。

■まとめ
個人成績 53位/121
チーム成績 完走人数が足らずに成績なし

落車や怪我で、チーム成績が出なったのは残念。
個人的には、山岳以外で成績を出せず、役割を果たせなかったのは悔しい。
1、3ステージではいい位置でゴールしたかった。
完全に準備不足だ。
課題が山積だか、出来ることを1ずつしていくしかない。

最後に、サポート、応援して頂いた方々に感謝したいと思います。
ありがとうございました。