2011年12月12日

スタッフバイクコレクション Part 10

随分ご無沙汰していました、スタッフバイクコレクション。
今回は神宮店アパレル担当の池田のバイクをご紹介!!
DSCN9919.JPG
フレーム:SCOTT FOIL TEAM ISSUE 
ホイール:F:MAVIC キシリウム SSC SL(←懐かし)、R:コスミック カーボン80
タイヤ:コンチネンタル (路面への食いつきが良いです。)

2012シーズンは " グリーンエッジ サイクリング チーム(オーストラリア) " が使用することでも注目度大です 。当然フレームには「UCIステッカー」が堂々と!!


DSCN9926.JPG


クランク長は175mmで53×39、後ろは12×25の10s どノーマルですが一番使い勝手が良いです。


ハンドルは昔ながらのシャローtypeで送り気味に取り付けてあります。カーボンなので軽くて使いやすい(程よい)硬さです
幅は芯ー芯 400mm もうワンサイズ広い方が使い勝手はよいですが、スピードを求めて狭くしてます(ひそかにパンターニへの憧れめいたものも影響してます)。


サドルはここしばらくは FIZIK のアリオネ カーボン×カーボンで落ち着いてます。
本当はノーマルのアリオネがベストですが、重量軽減の為にカーボンレール×カーボンベースのCXを選択しました。


さてさて乗ってみての感想としましては、"硬派"そのものです。
最初にまたがった頃と少し印象が変わっているのですが。しばらく乗ってみて「やっぱり スコットだね」という感じです。

"軽く・硬く"そして"エアロ"

三拍子そろった感はあります。


最近の有名ブランドのトップレンジはどれも"超"が付くほどの優等生ぶりですが。SCOTTに関しては扱う人を絞っているようにも思えます。"CR-1"という優秀なモデルがあるので、TOPにはTOPの味付けと余分なものはそぎ落としてヤッタゾ感があります。


さすが欧州で最高クラスのテストをトップでクリアするだけのポテンシャルがあります。
自分も相棒(マシン)に負かされないように頑張らないといけません。切磋琢磨?!でしょうか。 


いけだ

2010年4月11日

スタッフバイクコレクション Part 9

今月は小林琢磨のバイクを紹介します。

P3030061.JPGP3030107.JPGP3030110.JPGP3030120.JPGP3030129.JPG『お気に入りのバイクと、乗り手それぞれに合ったインターフェース』


■オーナーのこだわり

これに乗りたかったからロードバイクに乗り始めたといっても過言ではないくらい、フィーリング・ルックスともに気に入っています。
ジロやツール、そして街中でも... 誰かがこのメーカーのバイクに乗っている姿を見掛けるだけで、ドキドキ、ワクワク、無性に走りたくなってきてしまう。そんな気にさせてしまうバイクです。

ロードバイクを組み立てようとするとき、フレーム、メインコンポ、ホイールやタイヤなどはもちろんですが、最終的に、人とバイクを繋ぐ接点であり、相互間のパワー伝達、反応や乗り心地などで重要な役割を果たすハンドル、サドル、ペダル、バイクシューズなどのインターフェース類も、そのセッティングを含め、それぞれの乗り手に物理・感覚両面で、しっくり合うものを選択することが、気持ちいい~ライディングの為に不可欠であると痛感しています。

■スペック

フレーム   :サーベロ R3 SL
コンポーネント:シマノ7800DuraAce+フルクラム レーシングトルクRS
ホイール   :フルクラム レーシングスピード
タイヤ    :コンチネンタル GP4000 TU
ハンドル   :DEDA スーパーナチュラル
ステム    :DEDA ZERO100
サドル    :フィジーク アリアンテカーボン(カーボンレール)
ペダル    :ルック KEO MAX2 カーボン
シューズ   :ノースウェーブ エアライトSBS


次回もご期待下さい!

2010年3月 5日

スタッフバイクコレクション Part 8

今月は1Fメカニック小西克弥のバイクを紹介します。  小西スタッフバイク画像.JPG小西スタッフバイクのアップ画像.JPG

■オーナーのこだわり

走りの良さを取ってFフォークを純正からGDRへ。これによりより踏み出しからシャープなフィーリングに。
チェントウノの乗り心地と反応の良さが高次元で両立。
ハンドルはレバー取り付け位置で410mm幅の物を選んでいる点。
自分の気に入ったパーツで組めばより楽しめます。


■スペック
フレーム:ウイリエール チェントウノ クネゴ
ホイール:シャマルウルトラ2WAYFIT
タイヤ:ハッチンソン アトム
Fフォーク:GDR アクセラレートストレート
ペダル:タイム RXチタンカーボン
ハンドル:レイノルズ オウゾプロカーボン 420
ステム:デダ アインシュタイン  120
バーテープ:フィジーク
メインパーツ:7800D/A クランク172.5mm 52×39T 12-25T
ブレーキキャリパー:マビック
ブレーキシュー:ジャグワイヤー
BB:NTNベアリング
プーリー:タックスセラミックベアリング
サドル:フィジーク アリアンテ
ワイヤー:タイオガ I.LINK
クイックレバー:ディズナ スッティックチタン
重量 7.2kg

次回もご期待下さい!

2010年2月 5日

スタッフバイクコレクション Part 7

今回は2Fスタッフ池田勝之介のバイクを紹介します!
池田さんバイク.jpg
池田さんホイール.jpg
■オーナーのこだわり
とくにこだわりはありません。保守的でいて移り気な自分ですが、操作性の確かさと堅牢な造りに魅力を感じてます。(単にオーナーの体重に負けない強さを重んじてのことです。軽量パーツをことごとく壊してます。)

このフレームは乗り手次第でいくつもの引き出しをもっているように感じます。ホイール(特に前輪)は昔よく見た、スペシャライズド社のネーミング入り3バトンホイールをイメージして組み換えました。マビック・キシリウムシリーズはなんだかんだでお気に入りです。

オイルやグリス、ワイヤー処理・ポジショニングの変更で愛車は劇的に変化するもの。まずは下処理を楽しんでみるのも自転車の楽しみです。


■スペック
フレーム:スペシャライズド ターマックSL2 モジュ〜ルセット
ホイール:マビック キシリウムSL 2008
ハンドル:DEDA ZERO100 440(外〜外)
バーテープ:OGK スウェードType
サドル:セライタリア フライトKIT Carbon
タイヤ:パナソニック バリアントEVO 23c
ボトルケージ:エリート カスタム

次回もご期待下さい!

2010年1月 5日

スタッフバイクコレクション Part 6

P1050009.JPGP1050011.JPGP1050010.JPGP1050018.JPGP1050016.JPG今月は、なるしまフレンドの隠れたこだわり屋さん、1階メカニック清水雅也のバイクを紹介します。

『こだわりのコーディネートバイク』

■オーナーのこだわり
気に入っているポイントは、手組みホイールのマビックオープンプロ セラミックです。
キシリウムなどのような踏み出しの軽さはないですが、クセの無いホイールで、レースから普段使いまで、すべてこのホイールを使っています。
ブレーキ面がセラミックなので、雨の日に汚れが出にくいのも気に入っている点です。

他にも、ローターQリングやスピードプレイペダルなど、気になるけど手を出しにくいと思われるパーツも多数気に入っています。

スペックを見て気になる方は清水まで、お気軽に声を掛けてくださいね。


■スペック
フレーム:リドレー ダモクレス
フロントフォーク:リドレー エクスカリバー用ベントフォーク
コンポーネント:CAMPAGNOLO レコード 10S
         (クランク:FSA SL-Kカーボン+ローターQリング)
ハンドル:デダ 215 シャロー
サドル:サンマルコ アスビデ
ペダル:スピードプレイ ゼロ ステンレス
ホイール:マビック オープンプロセラミック レコードハブ組
タイヤ:パナレーサー エクストリーム EV3
ボトルゲージ:BTP カーボンボトルゲージ


次回もご期待ください!

2009年11月 3日

スタッフバイクコレクション Part 5

DSCN3960.JPGDSCN3961.JPGDSCN3962.JPGDSCN3963.JPGDSCN3964.JPG今月は、1階メカニック大西恵太のバイクを紹介します。

■オーナーのこだわり
チューブレスタイヤやデダのZERO100などの最新パーツとフィジークアリアンテや78系デュラエースなどの気に入っているパーツをちょっと見かけないフレームで組んでいる点です。
チューブレスタイヤはいくつか試したので、使用感などはぜひ相談してください。オススメです。


■スペック
フレーム:BH G4
コンポーネント:シマノ 7800 デュラエース
ハンドル:デダ ZERO100
ステム:デダ ZERO100
サドル:フィジーク アリアンテカーボン
ペダル:シマノ PD-7850
ホイール:CAMPAGNOLO ユーラス2-WAY FIT
タイヤ:HUTCHINSON フュージョン2 チューブレス

次回もご期待下さい!

2009年10月 9日

スタッフバイクコレクション Part 4

セキネバイク.jpgフロント.jpgリア.jpgご無沙汰しておりました。スタッフバイクコレクションがしばらく時間が空いてしまっておりましたが、今月は、原宿店3階メカニック関根啓吾のバイクを紹介します。


工夫の塊!オリジナルレーサー

■オーナーのこだわり
このバイクのこだわりは、峠の下りを楽しむ工夫として、前ブレーキに確かな制動力とタッチの軽いマビックを、後ブレーキには、ロックしづらく、重量も軽いシングルピポットにした点。
楽に登って、楽しく下れるようにしてみました。
他にもあっと驚く工夫を凝らしたポイントが満載のとてもマニアックなバイクです。知りたい方は関根まで。

■スペック
フレーム:ボラーレ SC61.10A
ステム:TIME モノリンク
ブレーキ:F Mavic R CaneCreek 200SL
レバー:Record10S
サドル:Selle Italia SLR
クランク:FSA
ペダル:Xpedo
ホイール:Ksyrium SL
タイヤ:HUTCHINSON

しかし、マニアの探究心には脱帽です。


次回もご期待下さい!

2009年9月14日

スタッフバイクコレクション

ぴなれろ.jpg今月のスタッフバイクコレクションは諸事情により、お休みいたします。
申し訳ございません。


代わりに、原宿店にて展示中の『PINARELLO DOGMA 60.1』の写真をお楽しみ下さい。


ありま

2009年8月 7日

スタッフバイクコレクション Part 3

DSC02417.JPGDSC02416.JPGDSC02406.JPG今月は、なるしまフレンド唯一の女性スタッフ有馬朋未のバイクを紹介します。

ロングライドからレースまで、なんでもこの1台で

オーナーのこだわり
身長156cmの私。ANCHORは私にも合うサイズ設定があり、さらにはレディースモデルというのもありますので、小柄な方にもオススメのメーカーです。何より、コストパフォーマンスの高さが素晴らしい!
このバイクはフルカーボンフレームで、軽い乗り心地です。カーボンならではの振動吸収性も良いです。

サドルはスペシャライズドのものを使用しています。自分の骨格に合わせた3段階のサイズから選びました。しっくりきています

そしてペダルは最近話題になっているSPEEDPLAYです。私が使用しているのはライトアクションというモデル。ZEROと違って遊び幅の調整ができないのですが、脱着をとてもラクに行うことができます。女性の方や、信号待ちの多い通勤にオススメです。
ロングライド等、疲労の溜まる足元も、このSPEEDPLAY独自の自由度の高さで少しばかりストレスを軽減できるかと思います。

スペック
フレーム:ANCHOR RFX8
コンポーネント:シマノ105(スプロケットのみアルテグラ12-27)
ハンドル:TNI コンパクト
ステム:3T ARX-PRO
サドル:SPECIALIZED アバターゲル143
ペダル:SPEEDPLAY ライトアクション
ホイール:フルクラム Racing1
タイヤ:ミシュラン PRO3Race

次回もご期待ください!

2009年7月 4日

スタッフバイクコレクション Part 2

IMG_7474.JPG
IMG_7583.JPGのサムネール画像
IMG_7492.JPGのサムネール画像
今月は、原宿店1階カウンタースタッフ浅見和洋のバイクを紹介します。

5.6kg台(ハイパフォーマンス時)突入可能なオタクバイク

■オーナーのこだわり
とにかく軽くて実用性がある事を条件にパーツ選びをしています。ハイパフォーマンス時は実測5.6kg台に突入するスペシャルバイクです!

軽さは数字ではっきり表れるのが大好きな理由の1つです。高剛性による加速性と軽量性による加速性でヒルクライムには最適なバイクに仕上がっています!

あくまでもライダーが軽くないと全く意味がありませんのでバイクのパフォーマンスを維持するためにも体重管理には気を付けていますね...

極端に軽くする事により機材としての可能性を発揮!イベント的なホビーレースでは大活躍?

最近は軽さにも飽きつつありスーパーロングライドに最適なバイクを研究中...

■スペック
フレーム:サーベロ/R3チーム(560サイズ・実測870g)
フロントフォーク:イーストンEC90SLX(実測280g)
メインコンポーネント:スラムレッド
クランク:ストロングライト プルジョン
ブレーキ:ゼログラビティ
ハンドル:ITM 101
アウタワイヤー:タイオガ ⅠLINK
シートピラー:セルコフ 95Y
ステム:イーストンEA90
サドル:AXライトネス
ペダル:LOOK KEOカーボンチタン
クイック:TUNEチタンクイック
ホイール:ZIPP303
タイヤ:コルサEVO CX

次回もご期待ください!

2009年6月 5日

スタッフバイクコレクション Part 1

原宿店のスタッフが乗っているバイクを毎月1台ずつ紹介していきます。コンポやオーナーのオススメポイント等、お客様の自転車選びの参考になればと思います。

第一弾は原宿店店長「すずきさん」こと鈴木淳のバイクを紹介します。

jun_595_1.JPG

■オーナーのこだわり
メインパーツはレコードですが、ブレーキのみマビックです。レバーの引きの軽さと、ダイレクトなタッチがとても扱いやすく長年使っています。

シャロータイプのハンドルも長年の友。その時々の流行の形状に浮気をするという挑戦と失敗を繰り返しつつ、結局はこのシャローに戻ってきています。

そしてこの怪しげなサドルも僕の長年の友シリーズに加わりそうです。

実は最近発売したばかりの「GARMIN Edge 705」をつけているオーナー。使いやすさも抜群とのこと!

■スペック
フレーム:LOOK 595 ウルトラ
コンポーネント:CCAMPAGNOLO レコード 11S(新旧ミックス)
ハンドル:ITM ミレニアム シャロー
ステム:CINELLLI グラフィス
サドル:S-MANIE マスク レース
ペダル:LOOK Keoカーボン
ホイール:CAMPAGNOLO シャマルウルトラ 2-WAY FIT
タイヤ:HUTCHINSON フュージョン2 チューブレス

次回もご期待ください!