2010年6月28日

これから始める方に ~ペダル編~

普通のペダルだと体重を乗せて踏むだけですが、
ビンディングペダルはペダルにシューズが固定されるので、ペダリング時、常に力が加わります。直線的な運動ではなく、回転運動になるので、運動効率が格段にアップ!

距離ものびるし、スピードも上がります。
慣れてしまえば疲労感もぜんぜん違います。


クリートというパーツをシューズに取り付け、ペダルがパチッとはまる仕組みになっています。
外す際はかかとを横へスライド。パチッと外れます。


歩くことが多ければ、SPDタイプを。
shimanospd.jpg
シマノ PD-M520。

はじめてでちょっと怖いかたには片面がフラットになってスニーカーでも踏めるタイプもありますよ。
shomano.jpg
シマノ PD-A530

効率よくペダリングしたければ、ロード用がオススメ!
keo.jpg
ルック Keoイージー


それぞれシューズも専用品になるので、用途に合わせてセットで選びましょう。

■よくある質問で、クリートはシューズとセットで入っているのか、ペダルとセットなのか。。
正解は、ペダルとセットです。
ペダルはメーカーによって形状が異なり、それに合うクリートもまたペダルに合うように作られています。(シューズとペダルが同じメーカーでないとだめ、というわけではありませんので、足に合うシューズを選んでください)
特にロード用に関してですが、クリートは歩いたり、足をついていると徐々に削れてゆき、いずれはペダルにはまりにくくなります。たまにチェックしてみてくださいね。


■SPDタイプとロードタイプ、何が違うの????
SPD...歩けるように靴の底にクリートが収まります。クリート自体は小さいので、ロード用に比べると安定感がやや劣りますが、靴底自体はしっかり固定されますので、ペダリング効率は格段にUP!ツーリング等で歩くシチュエーションが多い人はSPDタイプがオススメ。

ロードタイプ...クリートが大きく、靴底に剥き出しです。クリート自体で歩くことになるのでちょっと歩きずらいですが、設置面が大きいのでペダリングが非常に安定します。ロードレースや長距離ライドにはこちらがおすすめ。最近は歩いたときのクリートの消耗を防ぐクリートカバーなるものもあります。コンビニに入ったり、トイレに行くくらいはできますよ。


自分の乗るシチュエーションに合わせて選んで下さいね。

ありま

2010年5月 9日

これから始める方に ~シューズ編~

ロードバイクで爽快に走るなら、ビンディングシューズ!
これに慣れればフラットペダルでこげません。

常に踏み込むだけのフラットペダルに比べ、回転運動になるので、常にペダルに力がかかった状態になります。
運動効率が格段に違います。
これさえあれば、夢の60キロのスピードも到達!
もちろん、長距離ライドもラクラク!


今回はその専用シューズのおすすめエントリーモデルをご紹介。

まずはいわゆる「ロード用」。レースに出られる方や、長距離乗る方にオススメです。
SHIMANO SH-R076 販売価格10,900円
スペシャライズド sport-road 販売価格9,400円
speed play BAD01 127.jpgspeed play BAD01 126.jpgspeed play BAD01 133.jpg


三本ベルトでしっかりホールドされます。
ツルツルなソールなので歩きにくいです。クリートというパーツをとりつけることになるのですが、広い面でペダルを踏めるようになっています。


そして歩きやすいのがこういうスニーカーのようなソールを持つ「MTB用」。
ツーリングや、歩き回ったりすることも多い場合にはこちらの方がオススメ!
SHIMANO SH-M076 販売価格11,000円
スペシャライズド sport-MTB 販売価格9,400円

speed play BAD01 128.jpgspeed play BAD01 125.jpgspeed play BAD01 131.jpg

見た目が普通のスニーカーなモデルもあるので、通勤などでスーツに合わせたり、普段着に合わせやすいんです。
SHIMANO SH-MT32 販売価格8,200円
speed play BAD01 129.jpg

その他にもメーカー、モデルの取り扱いがありますので、詳細はスタッフまでご相談ください。

選ぶ基準として、シューズの中で足が動く(遊ぶ)ような感覚がないくらいにピッタリするものを合わせましょう。
でも、つま先が当たってしまったり、幅がキツイものはNG。適度なものを選びましょう。

専用ペダルとくっついた状態で走るのは最初は不安...かもしれませんが、ちょっと練習すればすぐに慣れてしまいます!
この爽快感をぜひとも体感していただきたいです。

次回はこのビンディングシューズに必要となるペダルをご紹介します。

ありま

2010年5月 3日

これから始める方に ~ヘルメット編~

神宮店がオープンしてもうすぐ一ヶ月が経とうとしています。
忙しさにかまけてブログをなかなか更新できず、久々となってしまいました。

今、店ではこれから自転車を始めたい、という方が多く訪れています。
そんな方にオススメな商品をご紹介!


今回はヘルメット。
車道を走るのですから、安全のためにも必要です!

speed play BAD01 121.jpgspeed play BAD01 122.jpg


オススメ①
「OGK LEFF(レフ)」
メイド・イン・ジャパンなだけあって、日本人の頭にフィットしやすいのがこのメーカー。
販売価格 5,800円


speed play BAD01 124.jpgspeed play BAD01 123.jpg

オススメ②
GIRO「TRANSFER(トランスファー)」
欧米人向けのやや細長いくりぬき。サイクリング向けに人気の高いモデル。
販売価格 5,900円

選ぶ基準
①フィット感
②機能
③デザイン

やはり頭に合わなければストレスになってしまいます。
メーカーによってかぶり心地が変わってくるので、まずはかぶってみて下さい。
ヘルメットはどれも後ろに調節機能がついています。調節してみて、当たって痛いところがなければOK!

その後に機能面。
ヘルメットには穴が開いています。これは通気性を良くするのにかなり作用されています。
上位モデルですと、この穴の面積が広くなっているのがほとんどです。


最後にデザイン。
好きな色や、フレームに合った色を選んでください。

店頭には他にも多くのメーカーのヘルメットを取り揃えています。
気になることがあったらスタッフまでお気軽にご相談ください。


ありま