2019年12月 5日

エアロなビアンキ

どうも、妹にディスられたおかげでダイエットを決意したNAOです。

さて本日は、以前紹介したビアンキの入荷ブログの続きというか、もう少し掘り下げて紹介していこうかなと思います。


【Bianchi Oltre XR3】
IMG_3044.jpg

ビアンキのラインナップでレーシングモデルを担うのが《Oltre》シリーズ

その中でも、ヨーロッパのプロチームにも提供していてフラッグシップに位置するのが「Oltre XR4」
今回紹介する「XR3」はその弟分みたいなもんです。

XR3は、そのセミエアロなフレーム形状でヨーロッパの山岳ステージもこなしてしまうトップモデルを、もっともっと乗り易く、かつ、比較的手の届きやすい価格に落とし込んだ感じですね。

IMG_3046.jpg 
正直、ホント正直言ってしまえば、レースシーンではそんなにビアンキって強いイメージがなく、僕個人的にはビアンキ×強豪選手って言うとパンターニくらい昔のイメージが強いです。(それすらも古すぎてあまり詳しく知りませんが...)

僕と同じイメージ持ってる人多いと思いますが、そんなビアンキも今年のブエルタをプリモシュ・ログリッチェ(ユンボ・ヴィスマ)が勝ってるんですよね。
来年の東京オリンピックも、もしかするともしかするかもしれないわけです。
楽しみですね。


IMG_3045.jpg 
少し分かりずらいのですが、ヘッドチューブの中央部分にくびれを作ってエアロ化してあります。

IMG_3049.jpg 
シートピラーには目盛付
自分でサドル高なんかをイジる人にはありがたいです機能。

これまた細かい機能で、ヤグラ部分を反転することで0/25mmのセットバック調整が可能です。

IMG_3053.jpg 
シートピラーもエアロだったり、シートチューブも空力を考えて作られてたりと、ゴリッゴリのエアロフレームではありませんが出来る限りのエアロ化はしてありますね。


IMG_3050.jpg 
ホイールはフルクラム・レーシング618

サドルもホイールも、よく見るとバルブキャップもチェレステカラーです。

レースで使う場合や、もっと軽い走りを求める方はホイールをアップグレードさせるとめちゃ印象変わるはずです。


IMG_3052.jpg 
搭載コンポーネントはシマノR7000グレード
ブレーキ、スプロケット、チェーンまで全てです。


IMG_3051.jpg 
あと、XR3の一番大きなトピックと言えば、振動除去テクノロジーの『カウンターヴェイル』ですかね。
独自のカーボン繊維構造と粘弾性を持つ素材をフレームに織り込むことで高い振動吸収性を確保してるわけです。

ゴム素材やエラストマーを挿入するような振動吸収システムは『カウンターヴェイル』に比べて、わずかな効果しか得られないそうです。※ビアンキ調べ


■サイズ:530(175cm±5cm)

これ以外にも、クロスバイク~ディスクロードまで幅広い種類のビアンキバイクが入荷してます。
興味ある方はお問い合わせください。

店頭在庫にあるほぼ全てのバイクが即納可能です。

以上!ロードバイク初めての方はもちろん、レースも視野に入れてる方や、オシャレなバイクが欲しい方にオススメな一台でした!
ではまた!!


NAO

同じカテゴリーの最新記事