2019年7月 9日

ニセコクラシックに出場してきましたよ。

神宮店の今井です。
久しぶりに表彰台に乗りました。


梅雨で毎日雨模様の東京を抜け出して、
梅雨のない北海道のニセコクラシックへ出場してきましたよ。
実家が北海道なので、帰省もかねてのレース参加となりました。

UCIグランフォンドワールドシリーズのこの大会。
年代別の上位25%に入れば、世界選手権への出場権が得られます。
ちょっと緩すぎな気もしますが、まぁ良いか。

5歳刻みの年代別表彰の為、70㎞の部で今井も何とか3位に滑り込み。
1562502160082.jpg
世界選手権出場権ゲットです(出ないけど)

使用機材はこちら。
フレーム LOOK785 HUEZ RS(2019モデル)
コンポ シマノ9070 Di2 165 52/36
ペダル LOOK KEOカーボン
ホイール カンパニョーロ BORA ULTRA TU 23
サイクルコンピュータ BRYTON RIDER 450
DSC_0330.JPG
軽量仕様だとは思うのですが、
車検ではスタッフの人が持ち上げてみてOK!な感じで終わり。
凄く軽いと量りで測られるらしいのですが、
そこまで軽くは無いようです。
ちょっと寂しい。
ニセコは平坦部分も多く、下りも長いのでリムハイトの高めのホイールが有利です。
BORA最高!


140㎞は会場スタートなのですが、70㎞は会場から30㎞ほど離れた蘭越町スタートです。
そのため、自転車は前日に預けて運んでもらい、選手は朝にシャトルバス移動です。
おきなわ100㎞みたいですね。
スタート地点にはポンプも置いてあるし、マヴィックのメカニックサービスもあるので安心です。
これはおきなわのスタート地点には無いんですよね。

さて。
スタートはローリングで、女子を先頭に幾つかのグループに分かれてスタートします。
草むらを走って女子の前に出ようとする恥ずかしい男性の人も数名いたりします。

上り坂に入るあたりで先導車が外れてリアルスタート。
序盤は平坦&ゆるいアップダウンなのでスピード激早です。
スピード練習を全くしていない私は、ここが一番キツかった。
ハァハァしすぎて気管支炎の残骸が再発。やかましい咳をしながら走ることになる。
集団に乗れず、ひたすら前を追いかけているうちにあっという間に海沿いの折り返し地点へ。

今度は向かい風なのでペースが落ちて、後ろからどんどん追いついて集団が巨大になっていきます。
ペースはかなり遅いのですが、抜け出す脚力もなく集団で温存しながら登り区間へ。
登りで集団は崩壊するので、あとはペースで走って時々先頭交代をしながらゴールを目指します。

男女混走なので走っている最中は自分の順位はわかりません。
女子のトップはかなり速いタイムなので、
序盤に良い集団に乗れると全然違ってくるんだろうなと思いました。

菊池香さんも年代別優勝です。
received_407642879959345.jpeg

BORA三姉妹?なるしま女子。
received_2340941442855381.jpeg


オーストリッチ OS-500で飛行機輪行しました。
リアディレラーは外した方が安心です。
Di2なので、Eケーブルを抜けばこの通り。
100円ショップで買った巾着で保護し、フレームに括り付けます。
DSC_0309.JPG


コースの確認にはBRYTON RIDER450のルートナビ機能を使用。
DSC_0315.JPG


今の時期の北海道は爽やかで最高です。
DSC_0327.JPG

レース情報→ニセコクラシック

今井.jpg


Twitter神宮店@nalsima_jinguTwitter.jpeg

Twitter立川店@nalsima_tckwTwitter.jpeg

Instagraなるしまフレンド@nalsimafrendinstagramu-sam.jpg

どちらも、よろしくお願いいたします!!

同じカテゴリーの最新記事