2019年6月30日

約1年経過したディスクブレーキパッドをみてびっくり?

どうも、なるしまフレンド神宮店の浅見です
wq;oiqoiqpoepqidpmjoeqq
ロードの世界はリムブレーキが当たり前でしたが、ニューバイクを見ると、いよいよディスクブレーキの時代が到来したという感じですよね?

今回は納車して約一年経過したディスクブレーキを搭載したロードバイクを点検いたしました。

もちろんディスクブレーキパッドの残量をチェックしますよ

むむ!?
saivwuieiveunoiunouivweav

えぇー!?

lervuinoiunovuoaviuvoavwr
えぇー!?

lervuinoiunovuoaviuvoavwr
(右は、ほぼ新品に近い残量)

こんなに減ってます!

乗る頻度、乗車する環境、ブレーキの操作方法などによりパッド残量は大きく左右されますが、今回点検した車両は約一年経過してここまでディスクブレーキパッドが減っていたという事実をお知らせしたくブログネタにしました。


ディスクブレーキパッドはリムブレーキシューと違い見ずらい箇所に付いている部品、パッド残量少ないのに交換せず走っていると重大事故につながる可能性があります。

私的にディスクブレーキは制動力の高さからタフという勝手なイメージがありますが、実はとっても繊細なんです!

繊細なんですよ!

メンテナンスをしないで乗り続けるのは超危険!

車は車検制度があるからいいけど、自転車はありません、5年間ノーメンテナンスの自転車が走っていると思うと怖いですね(キャー)

自転車乗りは安全に対する意識を高めて定期的に車両点検をいたしましょう!


Twitter神宮店@nalsima_jinguTwitter.jpeg

Twitter立川店@nalsima_tckwTwitter.jpeg

同時にインスタグラムも始めます!!
Instagraなるしまフレンド@nalsimafrendinstagramu-sam.jpg

どちらも、よろしくお願いいたします!!

asami_s.jpg
浅見

同じカテゴリーの最新記事