2019年3月27日

今週のロードバイク 第九六弾

どうも、毎回冒頭にやるクソみたいな挨拶の辞め時を完全に見失ったNAOです。


さて本日は、物欲ゼロの僕が思わず買ってしまったスマートトレーナーのご紹介です!(※そこそこ長いです。)


【THINK RIDER  X7-PRO】
20190326シンクライダー全体.jpg
まず初めに言っておきますが、価格&クオリティ共に最高です。


「シンクライダー」は中国のメーカーで、おそらく数あるスマートトレーナーの中でも最安の部類に入るんじゃないですかね?
フラッグシップは十数万が当たり前という世界で税込で9万きっているので素晴らしいですよ。

20190326シンクライダー電源.jpg 
設置は驚くほど簡単で、、

①箱から出す

②付属の電源コードをつなぐ

③スプロケットを装着

④付属のアダプター(クイック用、スルーアクスル用)をかましてバイクをセットして完了

めちゃ簡単です。
しかも初回限定10台(まだ空き枠あります)はシマノ105の11-28Tスプロケットを店舗で付けてからお客さんに渡すので、ホントに箱から出して自転車セットするだけです。


で、気になる「静粛性」の方はというと、、
無音!とまではいきませんが、ローラー台の中ではトップクラスに静かです。

以前は、前輪固定のGTローラー+防振パッドのブルカット+マット+ローラー用タイヤ、という静粛性を高めるためにやれることは全てやった感のある環境で練習していたのですが、それと同じくらいか、少しシンクライダーの方がうるさいかな?くらいに感じます。


※店頭で試乗ができ、めちゃくちゃ静かに聞こえますが、さすがにご家庭で使う場合は建物の構造上もう少しうるさくなると思うので、購入の際はそこいら辺も考慮した方がよさそうです。

20190326シンクライダーズイフト.jpg 
まだ僕はやっていませんが『ズイフト』はめちゃくちゃ楽しいらしいです。
もちろん店頭でも体験できるのでぜひお越しください!


シンクライダーの良い所はもう一つあり、
速度に応じてローラーの負荷が自動に変化するので、ズイフトをやらないでも電源を繋いでいれば普通に使えてしまいます。
ちなみに、僕は今この状態で不自由なく練習してます。


ミノウラの神楽LSD9200はそういう使い方ができず、ズイフトに繋ぐorアプリ(開発中らしいです、、)で負荷を調整させないと使えません。
まあ、ミノウラさんは国産メーカーなんでアプリの開発はもちろん、何かトラブルが起きた時の対応が早そうという強みがありますが。(逆にシンクライダーにはそこの不安は少しあります)

以上の事を踏まえると、、個人的にオススメするスマートトレーナーは、低価格の『THINK RIDER』国産メーカーかつ低価格の『神楽LSD9200』圧倒的最先端の『WAHOO KICKR&KICKR CLIMB』ですかね。

最後のワフーに関しては使ったことはありませんが、僕が買う時にシンクライダーかワフーかで悩みました。
めちゃくちゃ高いけど(セットで20万強)ぜひとも使ってみたいですね。

20190326試乗スペース.jpg 
シンクライダーとミノウラの使用感の違いは、シンクライダーの方がロ―ラ―台が左右に遊ぶつくりになっているので、より実走感に近く、ダンシングも自然に感じます。

兎にも角にも実際に体感してみるのが一番です!
店頭ではシンクライダー、ミノウラの各スマートトレーナーが試乗できるので、ぜひ体験してみてください!

直.JPGNAO

同じカテゴリーの最新記事