2018年10月23日

カンパニョーロ ゴールドシャマル ホイール修理編

どうも、なるしまフレンド神宮店の浅見 和洋です。

懐かしくカッコイイ、カンパニョーロ ゴールドシャマルの修理依頼がありました、せっかくなのでブログの記事にしてみようかと思います。
(お客様ブログ掲載了承済)

【カンパニョーロ ゴールドシャマル】
kybkykbubygrxgrexgreg


このゴールドシャマルは2007年くらいに流通したものですかね?
(不正確)

僕の中ではシャマルのイメージといえば、銀色の初代シャマル!
少ないスポークのエアロが特徴的で1998年にイタリアのスーパーヒルクライマー、マルコパンターニがダブルツールを制した時のイメージがとても強いです。

そしてこの圧倒的人気があった、ゴールドシャマル!この辺りからシャマル人気が今に至っているように感じます。

さてさて

今回このホイールの症状はクランクを回さないとフリーハブボディがシャフトと一緒に供回りしてチェーンがたるみ危険な状態になるという事

何故フリーハブボディが供回りするのか原因を探ってみようと思います。

なにがでるかな?
alkuliunbdsaliunliuasasb
なにがでるかな?
wioinoiuowbr
悪さをしてる子み~つけた
kuyiuysaivuyvsav
原因はこの子です!
FH-RE114 PAWLスプリング 変形しているのがわかりますよね?
これはボディの爪を正常に機能させる上で重要な部品です。
kykuybuyakvwawverb
早速交換!

する前に

かなり汚れていたので洗浄して専用グリスを補充!
dsbiyoiunoisabuoniasb

alkuloiurbtyliunliserbnwe
カポっと元に戻して終了!!
asoiuoiuobuionsdbs

せーの!
lasiuoiuvnlanvasvdd
ブーーン!
liuliulsiuflviulnisbisd
落ち着いた綺麗な音を奏でるようになり復活しました!


その他FH-RE114 PAWLスプリングが損傷すると、クランクを回してもドライブせずフリーハブボディが空転してしまうという症状もあったりします。

所有しているホイールが今回の症状に心当たりがあれば是非ご相談下さい、あなたのホイールまだまだ使えるかもです。

だんだん事故や落車等で希少個体になりつつあるゴールドシャマル

これからも大切に使用し続けてほしいものです。


Twitter神宮店@nalsima_jinguTwitter.jpeg

Twitter立川店@nalsima_tckwTwitter.jpeg

同時にインスタグラムも始めます!!
Instagraなるしまフレンド@nalsimafrendinstagramu-sam.jpg

どちらも、よろしくお願いいたします!!

asami_s.jpg
浅見


同じカテゴリーの最新記事