2018年5月22日

ネジ、ちゃんと締めていますか?~トルク管理のすゝめ~

昨今のフレームやパーツの軽量化に伴い、
デリケートなパーツの締め付けトルク管理の重要さが増しているのは皆様ご存知の通り。
出先でサドルの高さを調節し、再び走り出したらシートポストがストンと落ちてしまったり。
また、部品が滑るのが怖くて却って締めすぎてしまい、最悪部品を破損させてしまったり。
そんな苦い経験がお有りの方も少なくないのでは。
そこで本日は、携帯可能なトルクレンチのご紹介ですよ!
DSC_6684.JPG
その名も、Silca T-Rachet and Torque Kit!

使用前に、お洒落なポーチの中にコンパクトに収納された各部品を組み立てていきましょう。
ラチェットにエクステンダーを取り付け、その先にお好みの工具を装着!
あっという間にラチェットレンチの完成です。
DSC_6670.JPG
工具は、緩める/締めるどちらの方向にも操作可能です。
ラチェットレンチの良いところは、一般的な工具よりも作業時間の大幅な短縮が可能になり、ボルトの頭も痛めづらくなること。
特に狭く入り組んだ場所では威力を発揮します。

まずはボルトを仮締めしたら、ラチェットと工具の間にトルクチューブをセット!
DSC_6674.JPG
そのままボルトを操作すると締め付けトルクに応じて矢印が動きます。
DSC_6677.JPG
あとは締め付けたい数値に達するまで締めればOK。
見た目はローテクながらも意外とトルク値は高精度でした。
DSC_6681.JPG
他のSilca製品全般に言えることですが、本商品もオーバースペックと言えるほどの贅沢な作り込みがされ、実用性+所有する歓びを感じられる贅沢なツールセットに仕上がっております。
ご自分用は勿論、大事な方へのギフトにもお勧めですよ。

Silca T-Rachet and Torque Kit!
測定トルク値:1~8Nmです。
付属工具:2.5,3,4,5,6mm、T10,T20,T25、+ドライバー(二番)

また、トルク測定がご不要な方向けのシンプルなラチェットレンチもございます。
DSC_6667.JPG

Silca T-Rachet Kit
トルクチューブが付属しない点以外は全く同等の内容です。
コチラもお勧め。

三宅
三宅.JPG@nalsima_jinguTwitter.jpeg

Twitter立川店@nalsima_tckwTwitter.jpeg

同時にインスタグラムも始めます!!
Instagraなるしまフレンド@nalsimafrendinstagramu-sam.jpg

どちらも、よろしくお願いいたします!!left" style="float: left; margin: 0 20px 20px 0;" />


同じカテゴリーの最新記事