2018年2月13日

細かい話しで・・・

シューズが傷んできて急に困っているオバタです。

昨年出させてもらったムックにも一部チラッと出ているのですが。
シューズとクリート・ペダルの相性の話しです。

自分はLOOKペダルを愛用させてもらっていますが。
※それも固定クリート(黒)
28033945_1719085794821281_1135007392_o.jpg

シューズのアウターソールの反りやペダルの消耗加減で本来ペダルメーカーが理想だと思っている固定力やフローティング加減、安定感・剛性感に差が出てきてしまう物なんですよね。
固定クリートを使っているとなお更気になったりして。
ちょっと消耗したからってバンバン交換して行くわけにもいかないので悩みの種です。

そこでクリートの反りが足りない場合やガタが気になる時に自分が良くやっているひと手間をご紹介。

28034197_1719071854822675_1711512942_o.jpg
ガタが大きい(反りの足りない場合)はクリートのお腹に貼りものをして反りを作ってあげます。

28033850_1719071858156008_1248748947_o.jpg
こんな3Mのたぶん屋外用の足場滑り止めテープです

28033395_1719071828156011_1038542504_o.jpg
クリートの中央部分の形に合わせて切ってあげます。
内側に金属も入っていてクリートの形状に馴染みの良い代物です。

28034458_1719071824822678_1205358767_o.jpg

BONTのシューズなどソールの返りがとても少ないシューズで遊びが大きく感じる場合などは枚数を増やしてクリートのアールを調整してあげると良いです。

※注意※逆にサイズの小さいシューズで反りが大きすぎてクリートの着脱が難しい場合などはこの逆で、クリートの先端や後部にシートなどを挟んでクリートの反りを減らしてあげる事もあります。

こんなすき間な話し面白いですかね?
反響次第でこんな話が続くかもしれません。

ごきげんよう! オバタ
ムック表紙.jpg
オバタ(チャピー).JPG

同じカテゴリーの最新記事