2017年11月11日

秋の交通安全に!お勧めライトのご紹介

こんばんは、三宅です!
pexels-photo-48598.jpeg
起きないのに越したことはありませんが、
自転車と事故は切っても切り離せないものですね。

実は、自転車に関わる事故のうち
約八割もが昼間に発生しているのをご存知でしょうか。
また、そのうち出会い頭の衝突は半数以上を占めるのです。

主な原因は、お互いの早期発見の遅れ。

もっと早く相手の存在を認識してさえいれば、
避けられる事故は少なくないはずなのです。

そこでお勧めなのが、夜間のみならず昼間もライトを点けて
自らの存在をアピールできる「デイライト」!

今回は、特に交通量の多い都市部でのライドにお勧めな、
夜間日中を問わず使用できるライトをご紹介しますよ!

Cateye Duplex SL-LD400
DSC_6330.JPG
ヘルメットマウント専用ライト。
高い位置に取り付けることで、車体や乗り手が車の影に隠れる
シチュエーションでも被視認性をキープできます。
DSC_6341.JPG
小型軽量で、頭頂部に取り付けても重さが気になりません。
外出先での不意の電池切れに対処しやすい乾電池式(単4x2)。

※前照灯は最大30ルーメンなので、
夜間使用には道路交通法を満たす明るさのものを別途ご用意下さい。

Cateye Volt400 Duplex HL-EL462RC-H
DSC_6342.JPG
同社定番商品VOLT400シリーズの、ヘルメット取り付けバージョン。
名前通り最大光量は400ルーメンと非常に明るく、
都市部だけでなく郊外でも頼りになることでしょう。
DSC_6349.JPG
Duplexと比較すると大柄なボデーですが、
ライトヘッドを樹脂製とすることで重量増を最低限に抑えています。

バッテリーユニットはVOLT400/800シリーズと互換性があるのも
既にVOLT400/800シリーズをお使いの方には嬉しいポイント。

Cateye Wearable X SL-WA100
取り付けかんたんなテールライト。
DSC_6320.JPG
本体裏のクリップで、バックパックのストラップに差し込んだり、
DSC_6325.JPG
サイクルジャージのバックポケットに取り付けたり、
DSC_6323.JPG
付属のバンドを使って車体に取り付けることも可能です。
DSC_6322.JPG
USE充電式かつ最大光量は35ルーメンと安心の明るさ!
DSC_6328.JPG

如何でしたでしょうか?
上記製品の詳細は、メーカー特設サイトを是非ご確認下さい。


秋も深まり、春になるまで日照時間の短い日々が続きます。
是非安心&安全なサイクリングをお楽しみくださいね!

三宅

三宅.JPG

同じカテゴリーの最新記事