2017年11月24日

ALS(ASSOS LAYERING SYSTEM)おさらい

こんにちは!神宮店の小林琢磨です。

最近は朝晩もバッキバキに冷え込んできて、いよいよ冬将軍の本格的な攻撃がはじまりましたね。

昨シーズンは比較的暖かい冬だったので油断をしていたのですが、今年は冬ライド向けのしっかりとしたギアを改めて買いそろえねばと焦っております。

なるしまフレンドには今期もたくさんのアソスの秋冬アイテムが入荷しております。

ここで受験生ではないのですが、少~しお勉強!

アソスの提唱している ALS(ASSOS LAYERING SYSTEM)[一年を4つの気温レンジに分けた]と、

いまいちわかりづらい各アイテムに使われているモデル名や略号をザックリと(※例外もあります)おさらいしてみました。

 

ALS (ASSOS LAYERING SYSTEM)

tiburu_logo.jpg
tiburu 2/4(黄色) : 秋冬向けモデル(外気温の目安:12~22℃) ⇒ (薄手)保温素材(多くはフリース)をライナーに使い、適度な保温性と通気性を持つ。


habu_logo.jpg
haBu 3/4(オレンジ色):初冬向けモデル(外気温の目安:6~14℃)⇒ 防風+保温素材


bonka_logo.jpg
bonKa 4/4(水色):(真)冬向けモデル(外気温の目安:-4~8℃)⇒ haBu より更に防寒性レベルの高い 防風+保温素材


shasha_logo.jpg
SHASHA 1/4(白色):夏向けモデル(外気温の目安:24℃以上)

 
 
 
ALSによる外気温別提唱アイテム

als tiburu-guide.jpg
als habu-guide.jpg
als bonka-guide.jpg
als shasha-guide.jpg
 
 
モデル名や略号

mille:エントリー/スタンダードモデル レギュラー~コンフォートフィット
equipe:レーシングモデル レーシング(タイト)フィット
cento:ロングライドモデル コンフォートフィット
campionissimo:ハイエンド レーシングモデル レーシング(タイト)フィット(+コンプレッション)
 
NS:袖なし / SS:半袖 / LS:長袖 // skinFoil:インナーウェア
T.:ビブショーツ / H.:ビブ無しショーツ
HF:指切りグローブ / LF:長指グローブ
LL:ビブタイツ / hL:ビブ無しタイツ / hK:ビブ無しニッカー
no insert:パッド無し
iJ:ジャケット
rS:レインジャケット // sturmPrintz:レインジャケット / sturmNuss:レインパンツ
sV:ウィンドベスト / sJ:ウィンドブレーカー // blitzFeder:ウィンドブレーカー(ベスト)
intermediate:中間期用アイテム
Gilet:ベスト
fugu:以前あったクライマレンジ「フグ」極寒向け
Booties:シューズカバー
evo8 > evo7 > s7 > s5 : モデル世代(evoは進化版)

 
いかがでしょう?

各モデルのネーミングと、それがどんなアイテムかが少しはリンクしましたか?
 

ただ、上でふれましたALS はあくまで目安

実際は各ライダーの運動量・体感温度の(各身体の部位による)違いなどによって各気温レンジのアイテムを適材適所にクロスオーバーして組み合わせるのがベストです!

ご来店の際はお気軽に各スタッフに各アイテムのチョイスや組み合わせ方法、フィッティングに関する疑問などをバンバン聞いちゃってくださいね。
 

小林.jpg神宮店 小林(琢)


同じカテゴリーの最新記事