2017年10月23日

ピレリタイヤとチェーンリングのインプレ

今年のレース・イベントシーズンも後半戦、いろいろあってイマイチ調子を上げられず苦しんでいるオバタ~です。

ピレリタイヤ

天気の良くない日が続いていましたね。
ちょっと遅ればせながら2週間ほど乗ったのでインプレッションのご報告!

「Pirelli」ロゴが新鮮です!
ホイールに取り付けtると、最近のクリンチャでは当たり前になっていますがタイヤが高い「真円性」を発揮している事が見て取れます。
ピレリロゴ.jpg

スタンダードモデルの「Velo」
ピレリモデルマーク.jpg

25cで指定空気圧は6.0~7.7BARと最近のスタンダードな指定圧です。
ピレリエアー圧.jpg

■ホイールへの装着は手ごわくない標準的な硬さでした(注・個人比)
 まず一漕ぎした印象はあれこれは結構軽いぞ!いつぞやの「〇ュ〇ルべ・ア〇ト〇モ」みたいでした。
 全体を通して軽快な印象、タイヤが丸い事もあって乗り心地、挙動もとても安定している感じで好印象でした。
 グリップ感は若干低い印象でしたがタイヤ自体が上手く変形してグリップしていく事を考えているんだろうと思いました。
 25cだった事、装着したのがリム幅・ミドルワイズだった事もあって普段のノーマルタイヤ幅よりエアーボリュームが大きくなるので自分の体重65kgほどでも6BARで普通に使えると思いました。
 ウエットでの走行も多かったのですが、最初の印象の割にグリップは出ていました(注・個人比)


オーシンメトリック

ちょっと調子の上がらない気の迷いもあってシーズン途中ですが楕円ギヤを使ってみています。
ここ2年ほどでチェーンリングの生産がストロングライトになっているのでオーシンメトリック特有の極端な位相による変速性能や雑音が改善されています。
オーシン楕円.jpg
まだまだボビー・ジュリックさんくらいしか使っていない、板切れのチェーンリングだった頃、興味もあってテストしているのですがその頃は途中断念。
今回は何となく使えるのかなという印象です。
パイオニアのペダモニのデータからもちょっと面白いデータが見て取れたのでしばらく使ってみようと思っています。

オバタ(チャピー).JPG
ペダモニのデータなどを交えた報告はまたの機会に。
常に自転車と格闘中のオバタでした!

同じカテゴリーの最新記事