2017年8月21日

淑女の皆様へ!~正しいクランク長のすすめ~

突然ですが、普段何気なく乗っているロードバイク、クランクアームの長さについて気にしたことはおありでしょうか?
DSC_6179.JPG
適切なクランク長は、(股下比率を考慮に入れない少々乱暴な判断基準ですが)身長の1/10である言われています。
平均的な日本人女性の身長は、年代により多少上下しますが概ね157cmほど。
つまり平均的日本人女性にとって、適正クランク長は160mmかそれ未満の可能性も大いにあるのです。
そこにきて、「女性向け」完成車に導入されるクランク長はせいぜい短くて165mm程度。
本当はそれよりも短いものが欲しくても、大きなコンポーネントメーカーはそもそも製造していません。
何となく乗れているけれども、体格比ではかなり長めなクランクを知らずのうちに使い続けている方が多いのです。
DSC_6180.JPG
そこで、小柄なサイクリストにお勧めなのがRotor製3Dクランク シリーズ!
大手メーカーのラインナップにはない、最短155mmのクランクをリリースしています。

御覧くださいこのショート具合。うーん短い!(左/155mm,右/170mm)
DSC_6182.JPG
クランクアームが短くなることで、ペダルを漕いだ際の回転半径が小さくなります。
そうすると体や関節を無理に酷使せずに済み、長距離を乗った際の疲労や痛みが蓄積しづらくなるのです。
当店Body Geometry公認フィッター「こうじ」もオススメします!

Rotor製クランクのメリットは何も短いだけではありません。
最新設備・最新技術を用い、最高クラスのスペックを持ち合わせているのです。
社外パーツだからと言って決して侮っては行けませんよ!
※ツール等最前線のレースで活躍するDimension DataチームもRotor製コンポーネントで戦っています。
Rotor_DimensionData_Road_UNO_2INPower_15_emocionales_2560x700px.jpg
一見するとシンプルに見えるクランクアーム。
実は、アルミニウムブロックを不要な箇所だけ切削加工し、高剛性&軽量仕上げなクランクアームに仕上げているんです!
DSC_6177.JPG
左右アームを連結するスピンドルも大口径アルミニウム製で、スチールシャフトより軽量。
カーボンクランクに匹敵する軽量さです。左右クランク重量は461g(155mm)。
DSC_6173.JPG

同社の代表的製品である楕円チェーンリングとの相性も当然良好です。
疲労を抑えつつ出力を高めることが出来、効率の良いペダリングに貢献します。
DSC_6175.JPG
Qringsについて詳しくはコチラ

楕円がお好みでない方には真円チェーンリングのオプションもあります。
変速性能を追求する際はコチラ。
DSC_6176.JPG
当店では、Rotorクランクシリーズ中最軽量モデル3D+クランクの、
小柄な女性にもお勧めな155mmと160mmを在庫しています。
DSC_6167.JPG

クランクが新しくなるとペダリングが一新!
今まで慣れ親しんだ愛車も更に軽く、更に乗りやすくなって愛着が湧くこと間違いなしです。
ルックスもシャープでカッコよく高性能なRotor製クランク、是非お勧めですよ!

三宅
三宅.JPG

同じカテゴリーの最新記事