2017年7月17日

痒いところに手が届く!?Sram Red eTap入荷続報!

発売以来好評の、SRAM RED eTapのニューバージョンが入荷しました!
今回入荷したのは、
RED eTap Wifli!
DSC_5871.JPG

RED eTap Aero!
DSC_5874.JPG
Wifliは従来グループセットとほぼ同じ内容ですが、リアディレイラーがより大きなギアに対応したミドルケージになっています。
DSC_5862.JPG
ショートケージが最大28tまでのところ、ミドルケージは最大32tに対応しています。激坂チャレンジがお好きな方や、ロングライド派の方にはライド後半に脚が無くなっても安心ですね。
DSC_5860.JPG
シフト/ブレーキレバー、前後変速機および専用バッテリー、アップデート用のドングルがセットになっています。


Aeroは、TT/トライアスロンバイク等のブルホーンハンドル&エアロバーを組み合わせたハンドル回りのセットアップに対応したグループセットです。シフト/ブレーキレバーの代わりに、取り付け自由度の高い変速スイッチBlipsが合計四個入っています。
DSC_5874.JPG
バーテープに巻き込んで、こんな風に、
SRAM-RED-eTAP-wireless-shifting-BlipBox-TT-shifter-buttons05.jpg
BlipsGrip(別売)を使ってこんな風に!
blipgrip_top_extensions.jpg
シマノDi2の変速スイッチと異なり、ハンドルを握りながら指を伸ばしやすい任意の位置にスイッチを取り付け出来るのもeTapの特徴ですね(ブルホーン側に取り付けるブレーキレバーは本グループセットに付属しません)。
DSC_5868.JPG
4つのBlipsを取りまとめるBlip box。このユニットが電波を送信し、変速を実現させるのです。ステムの上や、エアロバーの間に取り付けます。(二種類のマウント付属)。
DSC_5866.JPG
Blip Boxと変速機はワイヤレス接続ですから、ハンドル周りの組み立てやメンテナンスのハードルが大幅に下がりますね!配線やケーブルの取り回しが複雑になりがちなTTバイクにとって、まさに理想のコンポーネントと言えるでしょう。

今なら両グループセットともに在庫あります!気になった方はお早めにどうぞご用命くださいね。

三宅

同じカテゴリーの最新記事