2017年1月16日

CRAFT Active Extreme 2.0 で汗冷え知らず!!

その着用感・高機能性で、ロードバイクに限らず様々なスポーツのベースレイヤーとして評価の高い CRAFT のアンダーウェア。

中でも夏以外の3シーズンに対応する定番中の定番「Active Extreme」シリーズに、バージョンアップした「Active Extreme2.0」が昨年登場しましたが、最近「どこがどのように変わったの?」というご質問を多くのお客様よりいただきますので、ここで簡単にご説明を。
active-extreme-20-1.jpg
特に冬場、高い運動強度、発汗量の多いロードバイクのライディングでは、
ジャケットなどのアウターの下に着用するベースレイヤーの汗処理能力(吸汗・速乾スピード)「汗冷え」対策のキーポイントになります。
active-extreme-20-2.jpg
「Active Extreme 2.0」では生地の原糸そのものが変更され、より薄く軽量化され着心地がしなやかになりました。

冬物アンダーとしては業界初の「クールマックスPRO」ファブリクスが採用され、従来品でも優れていた吸汗・速乾スピードが更にアップ!

より「汗冷え」しにくくなりました。

active-extreme-20-3.jpg
また、見た目ではっきりと分かるのが脇下と袖先周りのメッシュ構造。
通気性の確保と吸汗、効率の良い体温コントロールを可能にしています。

実際に着用した直後の感覚は、わかりやすく「体に感じる暖かさ」という点では従来モデルの方が高かった気がしますが、運動により体温が上昇してくると「肌のドライ感」「ムレにくさ」を実感できます!。

最近のような極寒時に着用するライナーのしっかりと付いた厚手の防風ジャケットのベースレイヤーとして使えば、その絶妙にチューニングされた体温コントロール機能を活かした快適なライディングが出来るのではないのでしょうか!

従来モデルの「Active Extreme」をお使いの方も、厚手ジャケット着用時の汗冷えにお悩みの方も、是非この「Active Extreme2.0」をお使いになってみてください!


神宮店 小林(琢)

同じカテゴリーの最新記事