2016年12月23日

オフシーズン?メンテナンスの好機到来です!

皆様こんにちは、三宅です。いよいよ本格的に肌寒くなってきましたね。気温が低くなると、どうしても乗る機会は少なくなってしまいがちです。そんな冬の時期こそ、この一年間頑張ってくれた愛車を労ってあげるチャンス!そこで本日は、お勧めのメンテナンス道具をご紹介させて頂きます。
DSC_5306.JPG

・まずは基本の工具を見直してみましょうか?
自転車のメンテナンスに何かと必要不可欠な六角レンチ。実は、シンプルだけにモノの良し悪しがハッキリ分かれる工具なのです。安価で低品質な六角レンチは精度が悪く、ネジ頭に差し込んだ際の遊び・ガタツキが大きいものが少なくありません。特に強い力でネジを締め込んだ際、そのような工具だとネジ頭を潰してしまうことも!Park Toolの六角レンチは非常に高精度に作られており、正確・確実かつ安心してネジ締めを行うことが出来ます。普段から良く使う工具だからこそ、信頼のおける物を!
Park Tool HXS-1.2
※1.5,2,2.5,3,4,5,6,8,10mm(10mmのみ非ボールポイント仕様)


・このネジ、どこまで締めればいいのかな...とお悩みですか?
軽量なフレームやパーツの流行に伴い、最近ますます重要になりつつあるトルク管理には、老舗英国ブランドNorbarのトルクレンチがおすすめです。測定可能なトルク値は1Nm~20Nmと、自転車整備において良く作業するほぼ全ての範囲を網羅しています。レンチそのもののサイズや重量も比較的小柄で扱いやすいです。流石老舗メーカーの製品だけあり、使用した節度感も実にカッチリしており良好です。
DSC_5310.JPG
Norbar TTi20 1/4※3,4,5,6,8mmのビットが付属します

・綺麗になる自転車と裏腹に、手が真っ黒になるのが気になる?
素手感覚で作業できる、FinishLineのMechanic Grip Glovesは如何でしょう。その名の通りグリップ力を高めるコーティングが指先まで施され、細かいパーツやネジをしっかり掴むことが出来ます。また、蒸れにくいよう通気性の良い生地を使い、長時間着用し続けても快適です。薄くて嵩張らないので、普段のメンテナンス時はもとより輪行時に持っていくのもオススメです。S/MサイズとL/XLサイズがあります。スタッフこうじも自腹購入し使用中です!
DSC_5318.JPG
Finishline Mechanic Grip Gloves ※サイズ:S/M,L/XL

素手で作業した際の手指の汚れが気にな時は、Muc OffのDirty Work Wipeをどうぞ。指の隙間に入り込んだ頑固な油汚れもこそぎ落とすビーズがワイプ表面に染み込ませてあり、簡単に手や工具の油汚れをキレイに出来ますよ。爽やかな柑橘系の香りがするので、女性の方にも好評です。
DSC_5313.JPG
Muc-Off Dirty Work wipes※1Box70枚入り

・床が油で汚れるのを防ぎたい?
奥様に大目玉を食らう前に、FinishLineのAbsorb-It Matを是非お使いください。高い吸水性能を持つ表面生地がチェーンオイルやディグリーザーを漏らさず吸収。マット裏面はポリウレタン加工されており、吸い取った汚れが底から滲み出ることもありません。整備スタンドの下に使っても良し、汗っかきな方はインドアトレーニング台の下に敷いても良しです。
DSC_5317.JPG
Finishline Absorb-It Mat Lサイズ(152x91cm)

車輪など回転部品のグリスアップやフレーム内蔵式のケーブル交換等、専門性が高く難易度のある作業は、当店のメカニックにオーバーホールをご用命ください。1~2週間程度お預かり期間が発生しますが、まるで新品のように滑らかな動作を取り戻すことが出来ますよ。ご予算は作業内容により変動しますので、ご興味のお有りの方は是非自転車をお持ち頂き最寄りのスタッフにご相談下さい。

三宅

同じカテゴリーの最新記事