2016年8月 8日

藤野店長のお勧めアイテム!第六弾

嫌~なパンクに備え、走行中は常に欠かすことの出来ない携帯用ポンプ。
ところがそのポンプ、最後に使ったのはいつでしょう?
勿論人により程度の差はあるでしょうが、、実際にポンプを使用する機会は意外と少ないのではないでしょうか。

確かに大型ポンプは安心感がありますが、空気の入れやすさ優先するとどうしてもサイズが大きくなってしまいます。
また、モダンなロードレーサーに装着した際のシルエットにも違和感があるのも事実です。
そこで、本日藤野店長がご紹介するのは、荷物を極力コンパクトにまとめたい割り切り派のサイクリストの為の空気入れです!
image1 (22).jpeg
・MAX DNA BLADE RBS/RBM
全長120mmのコンパクトサイズでありながら、内蔵式のフレキシブルホースを格納!
これにより、ポンピング途中でバルブ先端を曲げたり折ったりしてしまうリスクをかなり軽減することが可能です。
しかも対応最大空気圧は11barと高圧に対応しているのも嬉しいですね。
image6 (1).jpeg
全長が少々長く(185mm)、ポンピングの回数を減らす事ができるRBM(画像左)も同価格にてご用意しています。

・AIRBONE BRAVO ポンプ
全長99mm、重量49gの超ミニマムポンプ。
サイズが小さいため、実用的な空気圧まで圧を高めるのは少々大変ですが、とことんサイズ優先の方には大変お勧めなポンプです。
対応最大空気圧は100psi/7barです。
image2 (10).jpeg
AIRBONEユーザーに是非お勧めなのが、トライスポーツ製「お助けチューブ」
ポンプに付属の仏式→米式アダプターと併用することで、バルブ先端を傷めず楽々空気を入れられるようにするアイテムです。
image8.jpeg

本日ご紹介したポンプは、サドルバッグやツール缶の中にも無理なく収まるコンパクトさで、折角軽量に仕上げた車体の重量にも響きませんよ。
是非一度お試しくださいね!

※本日ご紹介した商品は、あくまで空気の入れやすさよりも軽量さ・サイズの小ささを優先したもののため、体重の軽いor腕力に自身のない特に女性の方ですと実用上の観点からお勧めできかねます。ご注意下さい。

三宅

同じカテゴリーの最新記事