2015年8月29日

スタッフインプレ~Wako's チェーンルブ編~

先日ご紹介させていただいた和光ケミカル製チェーンルブ「弱虫ペダル」スペシャルパッケージ、お陰様で大好評発売中です!Wako'sチェーンルブは、塗布の回数や塗布後の寝かせる時間で乗り味をライダーの好みにチューンナップ可能です。そのチェーンルブ・スペシャルパッケージをスタッフが実際に、(ご購入いただくともれなくついてくる)クリアファイル裏面に記載される各キャラクター毎のセッティング別に試してみました!

・小野田 坂道 編
cl1.JPG

体重が軽く、登りでも殆どダンシングをしないキャラクターの脚質を反映し、オイルのセッティングは兎に角ライト。そんな坂道君のセッティングを、エージェント・オオサワに試してもらいました。
「ウェット系のオイルにありがちな脚にまとわりつくようなねっとり感が無く、ペダリングのレスポンスが極めて速い。トルクを掛ける乗り方をするとダイレクト感が増して脚にくるから、クールにケイデンスを保って乗るのがこのセッティングの良さを生かすコツさ。」
塗付後殆ど時間をおかず余分な油はふき取ってしまうため、注油頻度にも注意が必要なようです。
「極薄のセッティングなので、少なくとも200kmごとに注油するようお勧めする。ヒルクライム等の短期集中型のレースに向くセッティングだ。」

・東堂 尽八 編
cl2.JPG

ルブを塗布後一定の時間をおいてから余分なルブを拭き取るこのセッティング。クールな尽八君はごく標準的なセッティングが好みの様子。藤野店長にためしてもらいました。
「登坂では要所要所シッティングとダンシングを使い分ける私にとって、このセッティングはかなりドンピシャ。回転を上げていっても油膜が厚すぎて重いと感じることはなく、かといってトルクをかけた乗り方をしても、チェーンの奥までしっかり油が乗った感触があり、危うさを一切感じさせません。」
比較的短時間で塗布を完了できるこのセッティングは、本商品を初めて使う方にもお勧めなようです。
「十分以上の粘りがあるのでロングライド終盤でも油膜のコンディションの低下が少なく、それでいて不思議と汚れが付着しにくいのでお手入れも楽です。万人受けのするセッティングと思います。本商品を初めてお使いになるかたは、まずは尽八君のセッティングから始められては?」

巻島 裕介 編
cl3.JPG

長髪が印象的な巻島君のセッティングはやや厚めな油膜が特徴です。トライアスリート・こうじに試してもらいましょう。
「かなり粘りの強いセッティングですが、個人的にはアリだと思います。これだけ油膜が強靭だと変速の際のショックも小さく感じられるし、トルクフルにグッと踏み込んだ際も、チェーン全体がしっかりと油に保護されるクッション的な効果があり、踏み心地が柔らかくなりますね。」
何かとストレスフリーなセッティングのようです。こうじはトライアスリートにこのセッティングを強くお勧めしたい様子。
「これだけタフだと、悪天候の中でのロングライドでも頼りになるし、通勤などで毎日乗る人にもいいですね。また、走行中の機械的ストレスを感じにくく、乗車中に頭からかぶった水にも流されにくいことから、トライアスロンのバイクパートでの使用にもかなりオススメですよ!」

真波 山岳 編

cl4.JPG
最後に、爽やかなルックスなのに油膜超厚め、な真波山岳君のセッティングをメカニックの小畑に試してもらいました。
「降っても晴れても通勤や練習で毎日乗るので、瞬間的な軽さよりも耐久性重視のこのセッティングは気に入りました。ちょっと重すぎる、と人によっては感じるほど油膜が濃厚なのですが、強烈にトルクを掛けるようなシチュエーションでもまず油切れを起こさない点が大きな安心感につながっています。アウターxローなどの、機械的にストレスフルなギア同士での走行時の負担も多少なりとも軽減されていると思いますね。」
人を選ぶセッティングですが、以下の様な人にオススメなようです。
「ルブを塗布後、一晩寝かせてから最終仕上げ・・・という手間暇の掛かるセッティングですが、脚力自慢の方にはそれに見合った効果はあると言えます。実業団やホビーのレーサーなど競技志向の方にはもちろん、ブルベや超長距離の走破を狙う方にも向くと思います。ここ一番のシチュエーションで是非どうぞ。」

いかがでしたでしょうか?塗布後の寝かせ具合で様々な状況に対応できる、ひとつ持っておくと何かと便利なチェーンルブ。通常版および弱虫ペダルのイラストが印象的なスペシャルパッケージ版ともに現在好評発売中です!

cl5.JPG

同じカテゴリーの最新記事