2014年1月22日

バックのご紹介です!

自転車用バックといえば定番のドイター社のそれを思い浮かべる方が多いと思いますが、そこだけが全てではありません!

今回取り上げるのはevoc社のCC6LとCC10Lです。

実際にCC6Lを購入しドイター社ウルトラライド6L比べて
使ってみたのですが....

evocの特徴は
自転車用バックパックならお約束の通気性を考えた構造で

CC6L背中.JPG

同じ6Lでも小物入れが充実している点

CC6Lop.JPG

CC10Lop.JPG

御覧の通りCC10Lに関しては小さく間仕切りがあり、
携帯電話等小物の収納にも重宝するでしょう。

CC6Lでも必要最小限設定されています。

FULLop.JPG

またジッパーも大きく下側まで開くので奥に入れてしまったサイフなんかを取り出すにも便利ですし、同じ6Lのバックですが荷物が少し多く入るようです。

CC6L.JPG

CC10L.JPG

ちょっと派手!?かもしれませんが、使ってみるとそんなに気にならない筈。
ありがちな黒や白じゃ面白くないですヨ。

またウルトラライド6Lは残念ながら終了
してしまいロードワンというモデルに切り替わります。
選択肢が増えるのはユーザーには嬉しいですね。

あらき

同じカテゴリーの最新記事