2013年1月25日

新旧比較!

9000系 DURA-ACEが発表された時衝撃を受けた4アームクランク・・・

P1030410.JPG

見た目の変化が一番大きい気がしますが実は中身も凄い!!

7900の時と比べると軽さ、剛性、より早く、正確になった変速・・・全ての点で前作を凌ぐ性能を手に入れました。

厚みも9000 DURA-ACEの方が幅、厚み共あるにも関わらず前作より軽量になってます。実測22g前作に比べると軽くなっております。(誤差あります)

P1030411.JPG

スタッフ小峰も使用しておりますが今までよりもギア一枚分重く踏めるようになりました。
クランクアームが時計の針、3時の位置になった時に一番パワーが伝わるように設計されていますが、正にその通りでシッティングでもダンシングでもぺダリングの力が余すことなく伝わってる気がします。
特にダンシング時ではかなり違いを体感できると思います!

変速も中空ギア板のお陰でかなりスムーズに、よりシャープに変速してくれます。
かなり踏み込んでいてもスムーズに変速してくれるのはさすがDURA-ACEです!!!
良く聞かれるDURA-ACEとULTEGRAの一番の差はこのチェーンリングだと思います。
歯の処理、ギア板の硬さ・・・などなど違いが値段にそのまま反映されてる気がしますね!

BBも新型になっており小型、軽量に成功しております。

P1030412.JPG

P1030414.JPG

色がシルバーからブラックになり渋い感じになりました。BBは意外と目立つ部分なのでシルバーが嫌だな・・・と思っていた方は新型のブラックは如何でしょうか?
小型化され回転抵抗も前作より少なくなっています。

この部品は9000系DURA-ACE専用ではなく、旧型コンポにも使用出来ますので、
部品交換など考えてる方にもおススメです。
クランク、BBを7900から9000に変えると全体で42g軽く出来ます!

見た目もガラっと変わるのでバイクの印象も変わる事間違いなし!です!

同じカテゴリーの最新記事