2011年12月 9日

スピードプレイに対応したあのシューズ

入荷してまいりました。
老舗メーカーSIDIの人気モデル "ERGOⅢ"の"スピードプレイソールver"!DSCN9900sidi.JPG


個人的には馴染みのあるシューズなのですが。なくなって久しいアウトソールがくっついていると懐かしさと新鮮さが同時に湧き上がってきます。あとは少しの探究心からか懐かしいあのペダルを使ってみたくなったりして ・ ・ ・ 。

何にしても「専用品」のネームにはツイツイひかれてしまいます。カラーはWHITEのみでお値段ノーマルエルゴⅢと同じです。

ちなみに、スピードプレイ対応ソールは三つ穴タイプより20g重量がありますが、
ベースプレート+ネジの実測が25g。
結局のところ、スピードプレイ対応ソールにすれば5gの軽量化が可能となります。


そして、"SPEEDPLAY PEDAL"にも「 PICK UP 」 ITEMが!
サンガードチームカラーの " スカイブルー " が限定品として加わっております。
ツールドフランス"イエロー"、ジロデイタリア"ピンク"、リクイガスチーム"グリーン"と、通常展開カラー・限定カラーを合わせて豊富なラインナップに愛車のコーディネートも楽しくなってしまいます。
今回のスカイブルーはスピンドル(ペダルシャフト)で2種類、ノーマルとショートの2ver'をご用意しております。
DSCN9898speedplay.JPG


実はスピードプレイ社ZEROシリーズには5種類の長さのシャフトが存在します。クリート自体に調整する幅を設けてはいますが。その独特のフローティング機構からかQファクター(踏み面の左右の突き出し量)の調整はシャフトの長さで決めてあげた方が良さそうです。


ということで、
通常購入(チタン以外)すると付いているノーマル長・ZEROチタン+限定製品に付くショート長(ステン&チタン)・シャフトのみのオプション販売でノーマルより長い3種類(ステンレスのみ)のスピンドルからなる計5種類です。


ステンレスシャフトのショートスピンドルtypeはスカイブルーが加わって2色展開(もう1色はブラック)になりました。
チタンシャフトの製品には標準装備でショートスピンドルが付くのですが、コストや実用面でなかなか手の出なかった方には朗報です。


気になっている方は是非お試しあれ。


いけだ

同じカテゴリーの最新記事