2010年10月31日

2011年モデル・ルック566全色入荷!!

DSCN6837-2.JPG

カラーバリエーションが3色から4色になり、より華やかに!そしてより洗練されたデザインになりました!!

【566ってどんなフレーム?】

はい!スタッフ浅見が解説しましょう。

一言で言えばフランスのルック社が開発した低速域をターゲットにした軽量フルカーボンフレームです。

低速域とは言ってもノロい速度と言う訳ではありません。

大体そ~ですねぇ・・・  

適正速度は17km/h~39km/hで最高のパフォーマンスをだすのではないでしょうか。

サイクリングに行ってこの速度域以外だしてますか?
ほとんどありませんよねぇ~? 

なのでほとんどのサイクリングを目的としたライダーに合うフレームと言えます。

高い強度であれば、ヒルクライムレースで十分高いパフォーマンスがだせます。

なぜなら重量はフレーム単体で【1100g】フォークは【350g】と軽量ですし、意外にコンフォートバイクにしては、踏み込んだ力のレスポンスが良く、重力におしころされる事なく瞬時に推進力に変換されます。

シッティング時は上部の複雑に扁平しているチューブが絶妙に振動を減衰してくれるので、ライダーに不快感を伝えなくレース終盤はフレッシュに近い状態で体のパフォーマンスを出す事が可能でしょう。

ジオメトリーに関しては、他のモデルと比べるとヘッドチューブが、やや長めなので、アップポジションをターゲットにしていますが、比較的手の短い日本人はロードレーサーとして適正の前傾姿勢をとる事も可能なので、よりスタイルを選ばない多目的車種だと言えます。(ステム下にコラムスぺーサーを多めに入れているライダーは要チェックです。コラムを露出している分ヘッドチューブで覆いかぶせれば確実にフロント回りの剛性はアップします。)

などなど魅力のたっくさん詰まったフレームです。

是非御来店して頂き現物を見て確認してみて下さい。

DSCN6842-2.JPGスタッフ一同お待ちしておりま~す。

浅見

同じカテゴリーの最新記事