鳴嶋 英雄 メッセージ

なるしまフレンド 代表取締役 会長 鳴嶋 英雄 1935年7月4日八王子市生まれ。(江戸の田舎っぺ)満70歳。 現在の愛車は台湾の朋友、張 勝凱からプレゼントされたCSKアルミ、カーボンハイブリットの特注(ド短足)サイズ。
イメージ
イメージ
青春時代162cm、48kg短足、小身で肺活量1800cc、握力29kg、低血圧と運動に全く適さない身体であったが、生来の負けん気と独自の走法を会得、サイクリングに熱中してたら虚弱体力が、いつの間にか持久力ある体力に変わり、1961年第2回東京都自転車道路競走選手権大会優勝。
1962年第31回全日本アマチュア自転車道路競走選手権大会第3位。
と努力の成果を得て満足、以後後進の育成につとめ現在も毎週日曜、祝日欠かさず仲間を集め、Eeeランと名づけたゆったりサイクリングを楽しんでいる。

サイクリングこそライフスポーツとして、最適なスポーツであると身をもって実践証明すること、自転車愛好者たちに勇気と希望を与える走り、これを目標に残り人生を楽しみたいと考えている。
サイクリングは老齢になっても、若者とともに楽しめるスポーツであり、独りで走っても、皆と走っても楽しく、家から表へ出ればもうそこはフィールド、どこへ向かうも、速く走るも、のんびり走るも、すべて自分の勝手気ままで気分そう快。

誰でもできます、到達できます、自転車走行の至極の世界、継続こそがすべてです。21世紀の課題はエコロジー。地球環境にやさしい自転車と共に、人生を存分に楽しんでほしい。

なるしまBLOGへ

なるしまフレンド
取締役 会長 鳴嶋 英雄