初めてのロードバイク

●もっと快適に楽しむためには?
ロードバイクに慣れてきて、もう少し遠くへ、もう少し速くと思い始めたら、ぜひ追加で揃えてもらいたいアイテムを紹介します

photo・サイクリングシューズとペダル
サッカーや野球の専用のシューズがあるように、自転車にも専用のサイクルシューズがあります。自転車用シューズの靴底にはクリートという固定用金具が付いていて、専用のビンディングペダルと一緒に使うことで、スキーの板とブーツのようにペダルとシューズを固定することができます。

ペダルとシューズを固定するメリットは、運動効率が向上することです。一般的なフラットペダルでは、自転車をこぐ際にペダルに体重を乗せるだけです。一方ペダルとシューズが固定されていると、ペダルを引くことで円運動(常に力が加わる状態)になるため、運動効率が格段に向上するのです。より軽快にロードバイクを楽しむ為にぜひおすすめします。

サイクリングシューズは用途に応じて大きく2種類に分けることができます。1つめはペダリング効率を第一に考えられているロードシューズです。普通の靴よりもタイトフィットで靴底が硬く、クリートも大きいため、パワーロスが限りなく防げるようになっています。ロードバイクでレースに出るような場合、通常こちらを使います。欠点としては、硬い靴底と大きなクリートが付くので歩きにくいことでしょうか。
2つめはSPDタイプと呼ばれるものです。靴底にはゴムが使われ、クリートも小さく靴底のくぼみに収まります。そのため歩きやすく、ツーリングや街乗り用として良く使われます。逆にクリートが小さい分ペダルとの設置面が少なくなるので、ペダリング効率は多少犠牲になります。SPDタイプには、街乗りや通勤に適したスニーカータイプと、長距離走行やフィット感も考慮されたMTBタイプがあり、用途に合わせて選ぶことができます。

・ジャージ
photoサイクリングというスポーツは、発汗量が通常のスポーツに比べて多いだけでなく、峠を登ってすぐに下ることも多いことから、運動中の温度差が激くなるのが特徴です。そのため、快適かつ下りで体を冷やさないよう、専用のサイクルジャージの素材には、より早く汗を吸収、放出するための工夫が施されたものが使われています。
素材の伸縮性が高く立体裁断も施されているため、ピッタリしたシルエットで風によるばたつきが軽減されているほか、ライディングポジションが取りやすいようになっています。また背面に付いたポケットやフロントのジッパーなど、自転車に乗るために必要なさまざまな機能を備えています。

・パンツ
自転車用のパンツは、ジャージと同じく高い吸汗速乾機能や、スムーズなペダリングが行えるように、伸縮性が高くピッタリとフィットするように作られています。また、長時間サドルに座ってペダルを回し続けるため、股からオシリにかけてを保護するためのパットが内側に付いています。初めての人にはちょっと抵抗があるかもしれませんが、快適なサイクリングを楽しむためには必要不可欠なアイテムといえるでしょう。

・サングラス
自転車は屋外スポーツですから、直射日光やゴミ、埃、突然の雨などから目を守るためのサングラスは必需品です。眩しい日中には暗めのミラーやスモーク、夕方や曇りのときは色のコントラストがハッキリするオレンジ・ピンク系、夜は色の付いていないクリアなど、用途に合わせて色々なレンズが揃っています。