初めてのロードバイク

●ロードバイクの楽しみ方は?
ロードバイクは色々な楽しみ方ができる乗り物です。ロードレースや耐久レース、ヒルクライムイベント、ロングライド、はたまた通勤ライドや健康維持、空いた時間にふらりと出掛ける。楽しみ方は人それぞれ! あまり難く考える必要はありません。「今日は天気がいいな。よし、海に行こう!!」でも良いですし、逆に山に向かって走って、峠を登りきった達成感を味わうのもよし。
いつも車や電車の車窓から見えている風景であっても、自転車に乗って走ると違って見えてくるから楽しいですよ!!

photo●予算はどのぐらい?
ロードバイクといえるものは安いものは7万円台からありますが、最初の1台の場合、10?20万円程度のものが入門用としては適しています。というのも、この価格帯であれば各メーカーのラインナップも豊富ですし、ユーザーの用途に合わせてフレーム素材や部品を選んだりすることが可能になるからです。もちろんもっと高いロードバイクもありますが、最初からハイエンドバイクを購入する必要はまったくありません。逆にデリケートになるぶん、入門者には取り扱いにくくなる場合もあります。

●ブランドは?
これは、好みで!!
イタリアン、フレンチ、アメリカン、そしてジャパニーズなどなど、さまざまな国のブランドからたくさんのロードバイクが発売されています。まずは自分の気になるブランドの車種を決めて、店員に「これはどうなの??」とご相談ください。素材の特徴やパーツのスペックなどなどご説明させていただきます。ですが、店員の意見はそこそこ(笑)に、せっかくの休日に走るんだったら、ぜひ「これだ!!」と惚れこむ1台を見つけてください!! 気に入ったバイクで走るのは気持ちイイですよ?

●素材は?
ロードバイクといっても、フレームには色々な素材が使われていて、それぞれ乗り心地に特徴があります。ここでは代表的な素材の特徴について簡単に説明していきます。

photo ・カーボン
剛性やしなり、形状などを繊維の重ね方や製法によって自由にコントロールできるのがカーボンのメリット。踏み込んだときの力は逃がさず、路面からの振動を吸収してくれるといった感じでしょうか。
つい何年か前まではカーボンといえばハイエンドバイクの象徴だったのですが、今やミドルグレードのバイクもカーボンになりつつあり、まさにカーボンの時代だといえます。

・アルミ
アルミを使ったフレームはカチッとした乗り味と、低価格でも良く走るコストパフォーマンスに優れたところが魅力です。振動吸収性などはカーボンと比べると劣りますが、乗り比べて初めてわかる程度なので、初めての1台には適していると思います。また、振動吸収性を重視してフレームのリア部分にカーボンを使った、カーボンバックモデルもあります。

・スチール
主な成分が鉄の「クロモリ」と呼ばれる合金が材料のフレームです。重量そのものはカーボンやアルミに比べて重いのですが、走りのしなやかさはカーボンに引けを取りません。ルックスも細身の昔ながらの形が美しいという声もあります。人より速く走るよりものんびり走るのが楽しいという方に特に人気があります。カーボンやアルミに比べて丈夫なのも見逃せません。今、かなり復活してきています。

・チタン
スチールのようにしなやかでありながら、スチールよりも軽量です。'90年代のプロのレースでは、別のメーカーのフレームをわざわざスポンサーのカラーに塗り替えてまで使用する選手もいました。素材の価格や加工の難しさから非常に高額なのも特徴です。

●パーツ選びは?
最初の1台であれば、リアが10段変速のものであれば十分でしょう。予算が許すのであれば、できるだけグレードの高いものを選びましょう。グレードが高いものほどブレーキの効きが良かったり、変速やブレーキ動作が軽いので扱いやすく、動きもスムーズです。また、フレームの乗り味よりもパーツの良し悪しの方が初心者の方にはわかりやすいので、満足感が違います。クランク長やギヤ構成などは体格や体力、走りに行くフィールドによって異なりますので、店員にご相談下さい。

●ポジションの調整は?
楽しく自転車に乗るために、ある意味パーツ選び以上に重要なのがポジションの調整です。サドルの高さや角度、ハンドルまでの距離や幅、高さ、角度などなど、どれも少し変えただけで乗りやすさや乗り心地が変わります。ライダーの体格や体力、乗り方や乗る距離、使うパーツなどポジションを決める要因はたくさんあり、長年乗っている方でも決めるのは簡単ではありません。最初の一歩のお手伝いをさせていただきますので、まずは店員までご相談下さい。

●自転車のほかに何を揃えたらいいの?
ロードバイクを始めるには、メンテナンス用具やウェア類など、自転車以外にも揃えておきたいものがあります。まずは最低限必要なものを紹介します。

photo・ヘルメットとグローブ
自転車での走行はときに危険が伴います。転倒などで特に危険にさらされる部分が頭です。その頭を守るヘルメットは、ロードバイクに乗る上で最も重要なアイテムです。
サイクルグローブは、ハンドルを握る際の掌の保護や、滑り防止、落車による怪我の予防に必要です。自転車に乗るときは、足と同じくらい手も酷使します。

・フロアポンプ
まずは一家に1台フロアーポンプ(空気入れ)。一般的にロードバイクで使われるタイヤチューブの空気を入れる部分は、ママチャリで使われているものとは形が違うので、注意してください。

photo・パンク修理セット
完璧に整備された自転車でも起こりうるトラブルのNo.1はなんといってもパンクです。修理にはスペアチューブ、タイヤレバー、携帯用のポンプが必要になりますので、サイクリングの際には絶対に用意しましょう。こうしたパンク修理道具や簡単な調整用の工具は、サドルバックやボトルケージに挿して使うツール缶に入れて走れば邪魔になりません。携帯用ポンプはフレームにホルダーをつけて装着します。

・ボトル
また、誰でも運動して汗をかけば水分補給が必要です。ボトルケージ(ドリンクホルダーのことです)とボトルが必要になります。


next page